モーニングレクチャー
薬物療法
2019年10月29日(火) 担当:松尾 純治(後期研修医)
Reference:
Title:
Use of fenofibrate on cardiovascular outcomes in statin users with metabolic syndrome: propensity matched cohort study.
Author:
Kim NH
DATA:
BMJ. 2019 Sep 27;366:l5125. doi: 10.1136/bmj.l5125.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31562117
Discussion:
スタチン使用中のメタボリック症候群にフェノフィブラートを併用した際の心血管系リスクの低下効果が示された。
Category:
薬物療法
2019年10月25日(金) 担当:井出 理沙(助教)
Reference:
Title:
Addition of low-dose liraglutide to insulin therapy is useful for glycaemic control during the peri-operative period: effect of glucagon-like peptide-1 receptor agonist therapy on glycaemic control in patients undergoing cardiac surgery (GLOLIA study).
Author:
Makino H
DATA:
Diabet Med. 2019 Jul 23. doi: 10.1111/dme.14084. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31335979
Discussion:
心臓手術の周術期において、低用量のリラグルチドとインスリンの併用はインスリン単独に比べM値を下げ、血糖コントロールを改善する。

2019年09月20日(金) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Use of sodium glucose cotransporter 2 inhibitors and risk of major cardiovascular events and heart failure: Scandinavian register based cohort study.
Author:
Pasternak B
DATA:
BMJ. 2019 Aug 29;366:l4772. doi: 10.1136/bmj.l4772.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31467044
Discussion:
スカンジナビア3カ国の2型糖尿病患者を対象とした,傾向スコアマッチングのコホート研究である.SGLT2阻害薬はDPP4阻害薬と比較し,心不全と総死亡のリスクを有意に減少させたが、心血管イベントは両薬剤間に差がなかった.
2019年09月12日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Efficacy and Safety of Esaxerenone (CS-3150) for the Treatment of Type 2 Diabetes with Microalbuminuria: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Phase II Trial.
Author:
Ito S
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2019 Aug 7;14(8):1161-1172. doi: 10.2215/CJN.14751218. Epub 2019 Jun 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31248950
Discussion:
最大容量のARBまたはACE阻害薬投与中の微量アルブミン尿を有する2型糖尿病患者に対する,エサキセレノンの用量依存性のアルブミン尿減少効果が実証された.その効果・安全性の面から,2.5mg/日が適量であるかもしれない.
2019年09月11日(水) 担当:吉田 直史(助教)
Reference:
Title:
Association of Acute Increases in Plasma Creatinine after Renin-Angiotensin Blockade with Subsequent Outcomes.
Author:
Fu EL
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2019 Sep 6;14(9):1336-1345. doi: 10.2215/CJN.03060319. Epub 2019 Aug 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31395593
Discussion:
  • RAS 阻害薬開始後の 10 % 以上のクレアチニンの急激な増加は、死亡・心筋梗塞・心不全および末期腎不全の発症リスクの増加と強く関連していた。
  • RAS 阻害薬開始前後のクレアチニンの推移を監視することで、その後の有害転帰のリスクが高い患者を特定することができるかもしれない。
Category:
薬物療法
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ