モーニングレクチャー
薬物療法
2019年07月04日(木) 担当:柳澤慶香(准教授)
Reference:
Title:
An ingestible self-orienting system for oral delivery of macromolecules.
Author:
Abramson A
DATA:
Science. 2019 Feb 8;363(6427):611-615. doi: 10.1126/science.aau2277.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30733413
Discussion:
経口でのインスリン投与が望まれていたが、これまでの経口インスリンはバイオアベイラビリティが低く、変動が大きい。MITが消化管粘膜を介して、薬物が注入でき、皮下注射に近いバイオアベイラビリティを持つデバイス、ingestible self-orienting millimeter-scale applicator (SOMA)を開発した。
Category:
薬物療法
2019年07月01日(月) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
The effects of renin-angiotensin system inhibitors on mortality, cardiovascular events, and renal events in hypertensive patients with diabetes: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.
Author:
Kunimura A
DATA:
Hypertens Res. 2019 May;42(5):669-680. doi: 10.1038/s41440-019-0234-6. Epub 2019 Apr 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30948835
Discussion:

糖尿病患者に対するRA系阻害薬とその他の降圧薬を比較した16件の報告からなるメタ解析の結果,RA系阻害薬と他の降圧薬間の全死亡,心血管死亡,心血管病発症,さらには腎機能低下に関して,有意な差が認められなかった.

 この結果を踏まえて今回改訂された「高血圧治療ガイドライン2019」では,微量アルブミンまたは蛋白尿がない糖尿病患者ではARBACE阻害薬,Ca拮抗薬および(少量のサイアザイド)利尿薬のいずれか,これらがある場合にはこれまで通り,RA系阻害薬を優先して使用することと変更された.

2019年06月26日(水) 担当:吉田 直史(助教)
Reference:
Title:
Atrasentan and renal events in patients with type 2 diabetes and chronic kidney disease (SONAR): a double-blind, randomised, placebo-controlled trial.
Author:
Heerspink HJL
DATA:
Lancet. 2019 May 11;393(10184):1937-1947. doi: 10.1016/S0140-6736(19)30772-X. Epub 2019 Apr 14.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30995972
Discussion:
短期のアトラセンタン治療によるアルブミン尿の減少とナトリウム貯留の最小限の徴候を認める 2 型糖尿病慢性腎臓病患者に対する長期間のアトラセンタン治療は、血清クレアチニンの倍化および末期腎不全のリスクを低下させる。
Category:
薬物療法
2019年06月13日(木) 担当:橋本 晴子(初期研修医)
Reference:
Title:
Importance of Treatment Status in Links Between Type 2 Diabetes and Alzheimer's Disease.
Author:
McIntosh EC
DATA:
Diabetes Care. 2019 May;42(5):972-979. doi: 10.2337/dc18-1399. Epub 2019 Mar 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30833374
Discussion:
高齢の糖尿病未治療群は、正常血糖、前糖尿病、糖尿病薬物療法群に比べ、脳脊髄液中のp-tau高値を認めた。また、糖尿病未治療群は正常血糖、前糖尿病、糖尿薬物療法群に比べ、アルツハイマー病の診断に至る速度が速かった。一方、糖尿病薬物療法群では糖尿病の罹病期間はp-tau検出量と正の相関があり、慢性的高血糖はtau蛋白の機能不全をおこすことが示唆された。以上より、2型糖尿病の薬物療法はアルツハイマー病の発症リスクを軽減することが示唆された。
2019年06月05日(水) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Possible Long-Term Efficacy of Sitagliptin, a Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitor, for Slowly Progressive Type 1 Diabetes (SPIDDM) in the Stage of Non-Insulin-Dependency: An Open-Label Randomized Controlled Pilot Trial (SPAN-S).
Author:
Awata T
DATA:
Diabetes Ther. 2017 Oct;8(5):1123-1134. doi: 10.1007/s13300-017-0299-7. Epub 2017 Sep 19.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28929327
Discussion:
SPIDDM へのシタグリプチンの効果を 4 年という長期間にわたり、調査しており、βcell 機能保護の観点から血糖コントロール改善およびインスリン依存状態となる時期を遅らせるのに有効であった。