モーニングレクチャー
薬物療法
2019年08月30日(金) 担当:松尾 純治(後期研修医)
Reference:
Title:
Sodium glucose cotransporter 2 inhibitors and risk of genital mycotic and urinary tract infection: A population-based study of older women and men with diabetes.
Author:
Lega IC
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2019 Jul 2. doi: 10.1111/dom.13820. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31264755
Discussion:
  • SGLT 2 阻害薬は重症、軽症とわず尿路感染との関連はなかった。
  • 日常診療で SGLT 2 の使用にあたっては、尿路感染のリスク以外の要因を考慮する必要がある。
Category:
薬物療法
2019年08月10日(土) 担当:高松 優斗(後期研修医)
Reference:
Title:
Sodium glucose cotransporter 2 inhibitors and risk of genital mycotic and urinary tract infection: A population-based study of older women and men with diabetes.
Author:
Lega IC
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2019 Jul 2. doi: 10.1111/dom.13820. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31264755
Discussion:
DPP4 阻害剤の使用と比較して SGLT 2 阻害剤の使用による高齢糖尿病患者の性器真菌感染症のリスクは男女問わず増加を認めた。一方尿路感染症のリスク増加は認めなかった。
2019年07月25日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Using Real-World Data to Predict Findings of an Ongoing Phase IV Cardiovascular Outcome Trial: Cardiovascular Safety of Linagliptin Versus Glimepiride.
Author:
Patorno E
DATA:
Diabetes Care. 2019 Jun 25. pii: dc190069. doi: 10.2337/dc19-0069. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31239281
Discussion:

心血管病発症をアウトカムとしたreal-world dataを用いた非ランダム化比較試験(コホート研究)において,グリメピリドに対するリナグリプチンの優越性は認めなかった.現在,論文化に至っていないが,同アウトカムに対するリナグリプチンとグリメピリドを比較した大規模ランダム化比較試験CAROLINA Trial(79th Scientific Sessions American Diabetes Associationで結果発表およびプレスリリース http://www.diabetes.org/newsroom/press-releases/2019/linagliptin-and-glimepiride.html)においても結果は同様であった.これらの結果は,「以前より懸念されていたスルホニル尿素薬の心血管病発症に対する影響」について再考する必要があることを示唆している.

2019年07月12日(金) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Effects of Treatment With the Ketone Body 3-Hydroxybutyrate in Chronic Heart Failure Patients.
Author:
Nielsen R
DATA:
Circulation. 2019 Apr 30;139(18):2129-2141. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.118.036459.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30884964
Discussion:
3-OHB は、心保護及び血行動態改善に寄与することが示唆された。その効果は用量依存症である。当研究では3-OHB 投与による有害性は認めなかった。
2019年07月04日(木) 担当:柳澤慶香(准教授)
Reference:
Title:
An ingestible self-orienting system for oral delivery of macromolecules.
Author:
Abramson A
DATA:
Science. 2019 Feb 8;363(6427):611-615. doi: 10.1126/science.aau2277.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30733413
Discussion:
経口でのインスリン投与が望まれていたが、これまでの経口インスリンはバイオアベイラビリティが低く、変動が大きい。MITが消化管粘膜を介して、薬物が注入でき、皮下注射に近いバイオアベイラビリティを持つデバイス、ingestible self-orienting millimeter-scale applicator (SOMA)を開発した。
Category:
薬物療法
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ