モーニングレクチャー
薬物療法
2019年11月14日(木) 担当:髙木 聡(助教)
Reference:
Title:
Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors in Patients With Type 1 Diabetes and Rates of Diabetic Ketoacidosis.
Author:
Hampp C
DATA:
Diabetes Care. 2019 Oct 10. pii: dc191481. doi: 10.2337/dc19-1481. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31601640
Discussion:
  • SGLT 2 阻害薬を投与した患者に占める 1 型糖尿病患者の割合は研究対象全体としては低かったが、若年者で高かった。
  • 1 型糖尿病に SGLT 2 阻害薬を適応外使用した患者の中で、特に 45 歳未満の女性の DKA リスクが顕著だった。
2019年11月07日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Effect of Linagliptin vs Glimepiride on Major Adverse Cardiovascular Outcomes in Patients With Type 2 Diabetes: The CAROLINA Randomized Clinical Trial.
Author:
Rosenstock J
DATA:
JAMA. 2019 Sep 19. doi: 10.1001/jama.2019.13772. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31536101
Discussion:
CVOTである本試験において、グリメピリドに対するリナグリプチンの非劣性が証明された。優越性に関しては得られなかった。
2019年11月06日(水) 担当:廿樂 麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Treatment With Metformin vs Sulfonylurea With Major Adverse Cardiovascular Events Among Patients With Diabetes and Reduced Kidney Function.
Author:
Roumie CL
DATA:
JAMA. 2019 Sep 19:1-11. doi: 10.1001/jama.2019.13206. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31536102
Discussion:
腎機能が低下した 2 型糖尿病患者において、メトホルミン単剤での治療は SU 単剤での治療に比較し、MACE のリスク低下と関連した。

2019年10月31日(木) 担当:浦上 恭英(臨床研修医)
Reference:
Title:
Vitamin D Supplementation and Prevention of Type 2 Diabetes.
Author:
DATA:
N Engl J Med. 2019 Aug 8;381(6):520-530. doi: 10.1056/NEJMoa1900906. Epub 2019 Jun 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31173679
Discussion:
Vitamin D 欠乏していない2型糖尿病のハイリスク群において、Vitamin D³ の1日4000 IU の摂取はプラセボ群と比較して、糖尿病のリスクを著明に下げることはなかった。
2019年10月30日(水) 担当:望月 翔太(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Durability of protective effect of dulaglutide on pancreatic β-cells in diabetic mice: GLP-1 receptor expression is not reduced despite long-term dulaglutide exposure
Author:
T.Kimura
DATA:
Diabetes & Metabolism Volume 44, Issue 3, June 2018, Pages 250-260 doi.org/10.1016/j.diabet.2017.10.007
Abstract:
https://doi.org/10.1016/j.diabet.2017.10.007
Discussion:
GLP-1受容体アゴニストの週1回製剤であるデュラグルチドの長期投与による膵β細胞への効果をマウスで検証した。血糖降下作用に加え、β細胞機能に有益な効果(β細胞量・サイズ維持、β細胞機能維持遺伝子保持、GLP1R受容体数の維持、抗炎症、抗アポトーシス、抗繊維化など)を示した.
Category:
薬物療法その他
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ