モーニングレクチャー
薬物療法
2020年03月19日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
The renal hemodynamic effects of the SGLT2 inhibitor dapagliflozin are caused by post-glomerular vasodilatation rather than pre-glomerular vasoconstriction in metformin-treated patients with type 2 diabetes in the randomized, double-blind RED trial.
Author:
van Bommel EJM
DATA:
Kidney Int. 2020 Jan;97(1):202-212. doi: 10.1016/j.kint.2019.09.013. Epub 2019 Oct 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31791665
Discussion:
2 型糖尿病患者では,若年 1 型糖尿病患者と異なり,SGLT2 阻害薬による糸球体内圧減少効果は,輸入細動脈収縮より,輸出細動脈拡張の影響が大きい可能性が示唆された.

2020年03月10日(火) 担当:松尾 純治(後期研修医)
Reference:
Title:
The Long-term Effects of Metformin on Patients With Type 2 Diabetic Kidney Disease.
Author:
Kwon S
DATA:
Diabetes Care. 2020 Mar 4. pii: dc190936. doi: 10.2337/dc19-0936. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32132005
Discussion:
  • 2型糖尿病のCKD患者において、メトホルミン投与群では、全死亡、末期腎不全への進展リスクが優位に低下していた。
  • 本コホート研究の結果は、CKD患者へのメトホルミン投与を支持するが、無作為化試験による検証が望まれる。
2020年03月06日(金) 担当:岩﨑 直子(教授・成人医学センター)
Reference:
Title:
Comparison of effectiveness and drug cost between dipeptidyl peptidase-4 inhibitor and biguanide as the first-line anti-hyperglycaemic medication among Japanese working generation with type 2 diabetes.
Author:
Ihana-Sugiyama N
DATA:
J Eval Clin Pract. 2020 Feb;26(1):299-307. doi: 10.1111/jep.13171. Epub 2019 Jun 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31161662
Discussion:
20歳から70歳未満の日本人2型糖尿病で新規にDPP4iもしくはBG投与を開始された者を対象とし、HbA1cと医療コストを投与前と2年後で比較した。DPP4i群は1034名、BGは365名で、両群でHbA1cの改善に差はなかったが、年間医療費はBG群で有意に低コストであった。
Category:
薬物療法
2020年02月19日(水) 担当:鈴木 智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Assessing the Risk for Gout With Sodium-Glucose Cotransporter-2 Inhibitors in Patients With Type 2 Diabetes: A Population-Based Cohort Study.
Author:
Fralick M
DATA:
Ann Intern Med. 2020 Jan 14. doi: 10.7326/M19-2610. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31931526
Discussion:
成人 2 型糖尿病患者において、SGLT 2 阻害薬の使用は、GLP-1 受容体作動薬の使用と比較して痛風の発症率が低下した。以上より、SGLT 2 阻害薬が痛風のリスクを低下させる可能性が示唆された。
2019年11月26日(火) 担当:里見 奈緒(初期研修医)
Reference:
Title:
Glycaemic durability of an early combination therapy with vildagliptin and metformin versus sequential metformin monotherapy in newly diagnosed type 2 diabetes (VERIFY): a 5-year, multicentre, randomised, double-blind trial.
Author:
Matthews DR
DATA:
Lancet. 2019 Oct 26;394(10208):1519-1529. doi: 10.1016/S0140-6736(19)32131-2. Epub 2019 Sep 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31542292
Discussion:
ビルダグリプチンとメトホルミンの併用療法により早期介入は、新たに 2 型糖尿病と診断された患者に対して、現在の標準治療の初期メトホルミン単剤療法と比較して、より大きく持続的な長期的利益をもたらす。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ