モーニングレクチャー
2型糖尿病
2017年03月23日(木) 担当:尾﨑敦子(前期研修医)
Reference:
Title:
Chronic hepatitis B virus infection status is more prevalent in patients with type 2 diabetes.
Author:
Lu J
DATA:
J Diabetes Investig. 2016 Dec 8. doi: 10.1111/jdi.12609. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27930871
Discussion:
慢性B型肝炎の有病率は2型糖尿病患者で最も高く、1型糖尿病患者とコントロール群で有意な差はなかった。
慢性B型肝炎が2型糖尿病の発症リスクを増加させるのか、あるいは2型糖尿病が慢性B型肝炎のリスクを増加させるのかさらなる研究が必要である。
また1型糖尿病患者で羅患率が低かったことの機序解明が必要である。
Category:
2型糖尿病その他
2017年03月22日(水) 担当:佐伯忠賜朗(助教)
Reference:
Title:
Correlation between diabetic retinopathy severity and elevated skin autofluorescence as a marker of advanced glycation end-product accumulation in type 2 diabetic patients.
Author:
Hirano T
DATA:
J Diabetes Complications. 2014 Sep-Oct;28(5):729-34. doi: 10.1016/j.jdiacomp.2014.03.003. Epub 2014 Mar 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24795072
Discussion:
2型DMにおいて皮膚AF値は、採血や生検などの侵襲が不要でDKの有無や重要度の予測因子としてHbA1cや申告罹病期よりも優れている。
2017年03月04日(土) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Association Between Inpatient Sleep Loss and Hyperglycemia of Hospitalization.
Author:
DePietro RH
DATA:
Diabetes Care. 2017 Feb;40(2):188-193. doi: 10.2337/dc16-1683. Epub 2016 Nov 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27903614
Discussion:
入院中の糖尿病患者および非糖尿患者において、睡眠時間の短縮も睡眠時間効率の悪化も独立して高血糖及び異常空腹時血糖と関連した。
2017年03月03日(金) 担当:田中伸枝(助教)
Reference:
Title:
Systems Biology-Derived Biomarkers to Predict Progression of Renal Function Decline in Type 2 Diabetes.
Author:
Mayer G
DATA:
Diabetes Care. 2017 Mar;40(3):391-397. doi: 10.2337/dc16-2202. Epub 2017 Jan 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28077457
Discussion:
Biology approach systemを用いて抽出したバイオマーカ―は、糖尿病患者において腎機能低下を予測しうる因子と成り得ることが示唆された。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ