モーニングレクチャー

2017年07月

2017年07月08日(土) 担当:加藤ゆか(後期研修医)
Reference:
Title:
Health Care Service and Outcomes Among an Estimated 6.7 Million Ambulatory Care Diabetic Foot Cases in the U.S.
Author:
Skrepnek GH
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):936-942. doi: 10.2337/dc16-2189. Epub 2017 May 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28495903
Discussion:
今回、2007年から2013年までの670万の糖尿病足病変(糖尿病足潰瘍、糖尿病足感染)の症例において、救急外来あるいは入院となるリスクおよび、外来通院回数の増加ロス区が高いことが示唆された。
また、糖尿病足潰瘍では、他科へのコンサルトや1回の診察時間の延長も多いことにおける odds が高地であり、関連が示唆された。
2017年07月07日(金) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Prevention of Hypoglycemia With Predictive Low Glucose Insulin Suspension in Children With Type 1 Diabetes: A Randomized Controlled Trial.
Author:
Battelino T
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jun;40(6):764-770. doi: 10.2337/dc16-2584. Epub 2017 Mar 28.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28351897
Discussion:
Mini Med 640G における低血糖予測持続注入停止設定は、著明な高血糖をきたすことなく低血糖回数減少に効果的である。
2017年07月06日(木) 担当:佐伯忠賜朗(助教)
Reference:
Title:
THE RELATIONSHIP BETWEEN FOVEAL AVASCULAR ZONE AREA, VESSEL DENSITY, AND CYSTOID CHANGES IN DIABETIC RETINOPATHY, AN OPTICAL COHERENCE TOMOGRAPHY ANGIOGRAPHY STUDY.
Author:
Tarassoly K
DATA:
Retina. 2017 Jun 29. doi: 10.1097/IAE.0000000000001755. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28665869
Discussion:
OCT アンギオグラフィーを用いた糖尿病網膜症患者の網膜中心窩無血管領域面積と表層の網膜血管密度測定は再現性良好で、嚢胞様黄斑浮腫の有無によってあまり影響されない。
Category:
眼合併症
2017年07月05日(水) 担当:神原美沙(後期研修医)
Reference:
Title:
Plasma Glycated CD59, a Novel Biomarker for Detection of Pregnancy-Induced Glucose Intolerance.
Author:
Ghosh P
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):981-984. doi: 10.2337/dc16-2598. Epub 2017 Apr 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28450368
Discussion:
妊娠26週までの間で一度母体血漿 GCD59 を測定すると、GDM のスクリーニングになるかもしれない。
Category:
妊娠
2017年07月04日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of diet-induced weight loss on lipoprotein(a) levels in obese individuals with and without type 2 diabetes.
Author:
Berk KA
DATA:
Diabetologia. 2017 Jun;60(6):989-997. doi: 10.1007/s00125-017-4246-y. Epub 2017 Apr 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28386638
Discussion:
食事による体重減少は2型糖尿病の有無に関わらずリポタンパク質(a)は有意に上昇したが、肥満手術を受けた患者では有意に増加しなかった。
これは、食事による体重減少が心機能を低下させる可能性がある。
今後はリポタンパク質(a)低下剤を内服し、肥満患者の CVD が改善するか追跡調査が必要である。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ