モーニングレクチャー
2014年12月19日(金) 担当:豊永愛子(後期研修医)
Reference:
Title:
Association between severe hypoglycemia, adverse macrovascular events, and inflammation in the edinburgh type 2 diabetes study.
Author:
Bedenis R
DATA:
Diabetes Care. 2014 Dec;37(12):3301-8. doi: 10.2337/dc14-0908. Epub 2014 Sep 19.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25239782
Discussion:
重症低血糖の既往のある2型糖尿病患者では、大血管イベントの発症率がより高かった。この関係に炎症が関与するかは明らかでなかった。
Category:
2014年12月18日(木) 担当:神林(前期研修医)
Reference:
Title:
Vitamin B12 in obese adolescents with clinical features of insulin resistance.
Author:
Ho M
DATA:
Nutrients. 2014 Dec 4;6(12):5611-8. doi: 10.3390/nu6125611.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25486369
Discussion:
糖尿病へのリスクを持つ肥満青年においてより多くの低~境界B12を認めるコトは肥満、インスリン抵抗性、ビタミンB12の間に関凍性があるというコトを示している。
Category:
2014年12月17日(水) 担当:高﨑圭子(後期研修医)
Reference:
Title:
Insulin sensitivity is an important determinant of renal health in adolescents with type 2 diabetes.
Author:
Bjornstad P
DATA:
Diabetes Care. 2014 Nov;37(11):3033-9. doi: 10.2337/dc14-1331. Epub 2014 Jul 28.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25071077
Discussion:
若年2型DMにおいてインスリン感受性はHbA1cと血圧と脂質のコントロールよりも糖尿病性腎症に対する最も強い決定因子であった。
Category:
2014年12月16日(火) 担当:砂金知里(後期研修医)
Reference:
Title:
Adherence to healthy lifestyle and risk of gestational diabetes mellitus: prospective cohort study.
Author:
Zhang C
DATA:
BMJ. 2014 Sep 30;349:g5450. doi: 10.1136/bmj.g5450.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25269649
Discussion:
妊娠前の低いリスクの生活習慣(健康的体重、健康的食事、標準的な身体活動、非喫煙者) 妊娠糖尿病の低いリスクと関連し、妊娠糖尿病の予防のための、効果的な戦略となりうることが示唆。
Category:
2014年12月15日(月) 担当:内潟安子(主任教授)
Reference:
Title:
GABA Promotes Human β-Cell Proliferation and Modulates Glucose Homeostasis.
Author:
Purwana I
DATA:
Diabetes. 2014 Dec;63(12):4197-205. doi: 10.2337/db14-0153. Epub 2014 Jul 9.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25008178
Discussion:

GABAが人β細胞でどのような働きをしているのかがこの研究で明らかになった。GABAA受容体を介して細胞内Ca2+濃度を増加させ、GABAB受容体を介してER から細胞質のCa2+を増加させ、このことがインスリン分泌を促し、一方でPI3K/Aktの活性化、CREBの活性化を引き起こし、IRS2の活性化と繋がっていく。GABAROS⇒サイトカインによるapoptosisも抑制するという。1型糖尿病の治療へ、また膵移植後治療への応用が期待される。

Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ