モーニングレクチャー
2015年02月07日(土) 担当:保科早里(助教)
Reference:
Title:
Circulating concentrations of soluble receptor for AGE are associated with age and AGER gene polymorphisms in children with newly diagnosed type 1 diabetes.
Author:
Salonen KM
DATA:
Diabetes Care. 2014 Jul;37(7):1975-81. doi: 10.2337/dc13-3049. Epub 2014 Apr 17.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24742661
Discussion:
若年発症1型糖尿病患者において、sRAGE濃度とAGER多型、HLA、膵島関連自己抗体、発症時の状態との関連を調査した。sRAGEは発症年齢や発症時の状態(DKA)にも関与し、発症時の疾患重症度、活動度に関与している可能性がある。また、sRAGEはHLAやAGERとも関与し、1型糖尿病の発症に影響を与える可能性がある。
Category:
2015年02月06日(金) 担当:東谷紀和子(助教)
Reference:
Title:
Evaluation of Renal Blood Flow and Oxygenation in CKD Using Magnetic Resonance Imaging.
Author:
Khatir DS
DATA:
Am J Kidney Dis. 2015 Jan 21. pii: S0272-6386(14)01532-7. doi: 10.1053/j.ajkd.2014.11.022. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25618188
Discussion:
BOLD MRIにて腎の酸素化を評価するとCKD群、コントロール群で有意差は認められなかった。CKD群はGFRを低下させ、Na再吸収を低下させることで、組織の低酸素を回避している可能性がある。
Category:
2015年02月05日(木) 担当:福嶋はるみ(講師)
Reference:
Title:
Long-term Effects of Therapy with Ranibizumab on Diabetic Retinopathy Severity and Baseline Risk Factors for Worsening Retinopathy.
Author:
Ip MS
DATA:
NCBINCBI Logo Skip to main content Skip to navigation Resources How To About NCBI Accesskeys Sign in to NCBI PubMed US National Library of Medicine National Institutes of Health Search database Search term Clear input RSS f
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25439595
Discussion:
糖尿病黄斑浮腫に対して使用されるRanibizumabは、長期間(13-36ヶ月)使用すると、糖尿病網膜症を改善させたり、進展を阻止したりする効果がある。ただし使用開始が遅れると、その効果は限定的となる。 Ranibizumabを使用しているにも関わらず糖尿病網膜症が進展する症例で、リスクファクターを解析したところ、黄斑部虚血とも関連が示唆された。
Category:
2015年02月04日(水) 担当:柳澤慶香(講師)
Reference:
Title:
Safety and efficacy of 24-h closed-loop insulin delivery in well-controlled pregnant women with type 1 diabetes: a randomized crossover case series.
Author:
Murphy HR
DATA:
Diabetes Care. 2011 Dec;34(12):2527-9. doi: 10.2337/dc11-1430. Epub 2011 Oct 19.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22011408
Discussion:
closed loop deliveryは従来のCSIIと同様の効果があり、低血糖の時間を少なくしたという点ではより安全である。
Category:
2015年02月04日(水) 担当:柳澤慶香(講師)
Reference:
Title:
Continuous subcutaneous insulin infusion vs intensive conventional insulin therapy in pregnant diabetic women: a systematic review and metaanalysis of randomized, controlled trials.
Author:
Mukhopadhyay A
DATA:
Am J Obstet Gynecol. 2007 Nov;197(5):447-56. Epub 2007 Aug 6.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17678864
Discussion:
このreviewではMDIに比べ、CSIIでの利点・欠点を示すことは出来なかった。
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ