モーニングレクチャー
2015年07月10日(金) 担当:長谷川夕希子(後期研修医)
Reference:
Title:
Glucose uptake in human brown adipose tissue is impaired upon fasting-induced insulin resistance.
Author:
Hanssen MJ
DATA:
Diabetologia. 2015 Mar;58(3):586-95. doi: 10.1007/s00125-014-3465-8. Epub 2014 Dec 13.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25500952
Discussion:
本研究により、空腹状態というIRモデルにおいて、寒冷刺激によるBATでの糖の取り込みと非ふるえ熱生産は低下し、深部体温を低下させることが明らかとなりました。つまり。IR状態では、寒冷刺激だけではBATにおける糖取り込みを増加させて血糖を改善することはできないと予想されます。筆者らは別の方法でBATの糖取り込みを増加させることはできないか、今後の課題と述べており、それがわかえば2型糖尿病や肥満症に対する新たな治療ターゲットの一つになるかもしれません。
Category:
2015年07月09日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
A Randomized, Controlled Trial of 3.0 mg of Liraglutide in Weight Management.
Author:
Pi-Sunyer X,
DATA:
N Engl J Med. 2015 Jul 2;373(1):11-22. doi: 10.1056/NEJMoa1411892.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26132939
Discussion:
食事・運動療法を指導したうえで、リテグルチド3mg皮下注は減量を促し、代謝も改善させる。
Category:
2015年07月09日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Cardiovascular Mortality Associated With 5 Leading Risk Factors: National and State Preventable Fractions Estimated From Survey Data.
Author:
Patel SA
DATA:
Ann Intern Med. 2015 Jun 30. doi: 10.7326/M14-1753.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26121190
Discussion:

脂質異常症、糖尿病、高血圧症、肥満、喫煙は主要な心血管障害の危険因子であり、改善可能である。そして、これらは米国において2009-2010年の4579歳の心血管死の原因の50%を占める。米国では、もしすべての州が一番良い管理をしている州と同じくらいの危険因子のレベルに管理できれば、心血管死の10%未満は全国的に防止することができるだろう。

Category:
2015年07月08日(水) 担当:田内恵理子(後期研修医)
Reference:
Title:
The obesity paradox in type 2 diabetes mellitus: relationship of body mass index to prognosis: a cohort study.
Author:
Costanzo P,
DATA:
Ann Intern Med. 2015 May 5;162(9):610-8. doi: 10.7326/M14-1551.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25938991
Discussion:
overweightとobeseのType2DM患者は致死的でない心血管疾患と関連していた。
overweightは低い死亡率と関連していたが、obeseはそうではなかった。
この研究では最も生存期間が長いBMIはnormal weightからoverweightにシフトしていた。
Category:
2015年07月07日(火) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Insulin pump therapy, multiple daily injections, and cardiovascular mortality in 18 168 people with type 1 diabetes: observational study.
Author:
Steineck I
DATA:
BMJ. 2015 Jun 22;350:h3234. doi: 10.1136/bmj.h3234.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26100640
Discussion:
ポンプユーザーにおいて致死的な冠A疾患、心血管疾患が少なかった。ですが、この結果がポンプ治療の生理的な作用なのか、治療の内容やその理解度などによるものか、不明な点もあります。

Category: