モーニングレクチャー

2019年02月

2019年02月28日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
①Marine n-3 Fatty Acids and Prevention of Cardiovascular Disease and Cancer. ②Cardiovascular Risk Reduction with Icosapent Ethyl for Hypertriglyceridemia.
Author:
①Manson JE ②Bhatt DL
DATA:
①N Engl J Med. 2019 Jan 3;380(1):23-32. doi: 10.1056/NEJMoa1811403. Epub 2018 Nov10. ②N Engl J Med. 2019 Jan 3;380(1):11-22. doi: 10.1056/NEJMoa1812792. Epub 2018 Nov 10. 
Abstract:
①https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415637  ②https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415628
Discussion:
① n.3 脂肪酸はプラセボと比較して、主要な心血管イベントまたは癌の発生率の低下はもたらさなかった。

② スタチンの使用で中性脂肪高値の患者において、12(4g) のイコサペントエチルを服用した患者はプラセボに比して、心血管死を含む虚血性イベントのリスクが有意に低かった。


2つのまとめ、n-3脂肪酸の心血管イベントへのネガティブとポジティブな結果が出ているが、一次予防と二次予防の違い、EPA投与量の問題が関連しているのではないかと考える。
Category:
大血管障害
2019年02月27日(水) 担当:田内 恵理子(後期研修医)
Reference:
Title:
The Effect of Increasing Dialysate Magnesium on Serum Calcification Propensity in Subjects with End Stage Kidney Disease: A Randomized, Controlled Clinical Trial.
Author:
Bressendorff I
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2018 Sep 7;13(9):1373-1380. doi: 10.2215/CJN.13921217. Epub 2018 Aug 21.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30131425
Discussion:
維持血液透析患者において,透析液中のMg濃度を 1.0 mEq/Lから2.0 mEq/Lに上昇させると, 石灰化傾向が減少する.
Category:
無作為比較試験
2019年02月26日(火) 担当:田中友佳子(循環器内科・後期研修医)
Reference:
Title:
Characteristics and Outcomes of Patients With Aortic Stenosis and Chronic Kidney Disease.
Author:
Patel KK
DATA:
J Am Heart Assoc. 2019 Feb 5;8(3):e009980. doi: 10.1161/JAHA.118.009980.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30686093
Discussion:
  • CKD患者においてASが合併した場合CKDもしくはASが単独の場合と比べ、生存率は下がる。
  • CKDもしくはASが単独の場合と比べmildmoderate ASCKD患者において非心臓死亡率が高く、severe ASにおいて心臓死と全死因死亡率のリスクは同等に高かった。
  • 腎機能の低下は全死因死亡率の増加に関連するが、本研究では、AVRを行うことで生存率が改善することがわかった。
2019年02月25日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2019年02月23日(土) 担当:山下真平(大学院・後期研修医)
Reference:
Title:
Serum kidney injury molecule 1 and β2-microglobulin perform as well as larger biomarker panels for prediction of rapid decline in renal function in type 2 diabetes.
Author:
Colombo M
DATA:
Diabetologia. 2019 Jan;62(1):156-168. doi: 10.1007/s00125-018-4741-9. Epub 2018 Oct 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30288572
Discussion:
血清 KIM-1 と β2 - Microglobulin を臨床背景因子に加えることで、2 型糖尿病の腎機能低下の予測能は最も向上し、他のバイオマーカ―を加えてもさらなる予測能向上は認めなかった。