モーニングレクチャー

2018年02月

2018年02月09日(金) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Persistent Long-Term Structural, Functional, and Metabolic Changes After Stress-Induced (Takotsubo) Cardiomyopathy.
Author:
Scally C
DATA:
Circulation. 2018 Mar 6;137(10):1039-1048. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.031841. Epub 2017 Nov 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29128863
Discussion:
今回の研究では、たこつぼ型心筋症発症後 1 年以上経過しても、依然心筋の器質的及び機能的異常を認め、予後不良の可能性も示唆された。心不全移行のリスクは潜在的に高いと考えられ、注意深く臨床経過をフォローしていくことが大切である。
Category:
大血管障害
2018年02月08日(木) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Serum creatinine elevation after renin-angiotensin system blockade and long term cardiorenal risks: cohort study.
Author:
Schmidt M
DATA:
BMJ. 2017 Mar 9;356:j791. doi: 10.1136/bmj.j791.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28279964
Discussion:
イギリスで行われた 12 万人以上の高血圧患者を対象としたコホート研究の結果、RA 系阻害薬開始後の血清クレアチニン上昇が 30 %以内に留まっても、クレアチニンが上昇しない場合に比べ、末期腎不全、心筋梗塞、心不全、さらには死亡に対するリスク増加となりうることが明らかにされた。
2018年02月07日(水) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年02月06日(火) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Public health and healthcare-associated risk of electric, warm-water bidet toilets.
Author:
Kanayama Katsuse A
DATA:
J Hosp Infect. 2017 Nov;97(3):296-300. doi: 10.1016/j.jhin.2017.07.021. Epub 2017 Jul 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28756169
Discussion:
ウォシュレット付きのトイレのノズルは、多種多様な細菌に汚染されており、交差感染の媒体となる可能性がある。
Category:
その他
2018年02月05日(月) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Uric Acid and the Risks of Kidney Failure and Death in Individuals With CKD.
Author:
Srivastava A
DATA:
Am J Kidney Dis. 2017 Nov 10. pii: S0272-6386(17)30948-4. doi: 10.1053/j.ajkd.2017.08.017. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29132945
Discussion:
・CKD 患者であっても、比較的腎機能の保持された患者においては、高尿酸血症は腎に対して有害かもしれない。
・一方、総死亡に対する尿酸の影響は、腎機能による影響を受けない。ただし、高尿酸血症のみならず低尿酸血症も総死亡に対する危険因子かもしれない。 
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ