モーニングレクチャー

2018年01月

2018年01月31日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Long-term Trends in Antidiabetes Drug Usage in the U.S.: Real-world Evidence in Patients Newly Diagnosed With Type 2 Diabetes.
Author:
Montvida O
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan;41(1):69-78. doi: 10.2337/dc17-1414. Epub 2017 Nov 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29109299
Discussion:
・新しい糖尿病治療薬の登場に関わらず、SU 薬は第 2 選択薬として最も多く使用されており、SU 薬とインスリンの併用による治療強化の頻度が高い。

・インクレチン関連薬は、SU 薬と比較し、治療強化の必要時期をやや遅らせることがわかった。 
2018年01月30日(火) 担当:神原美沙(後期研修医)
Reference:
Title:
Adiposity, Dysmetabolic Traits, and Earlier Onset of Female Puberty in Adolescent Offspring of Women With Gestational Diabetes Mellitus: A Clinical Study Within the Danish National Birth Cohort.
Author:
Grunnet LG
DATA:
Diabetes Care. 2017 Dec;40(12):1746-1755. doi: 10.2337/dc17-0514. Epub 2017 Oct 16.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29038315
Discussion:
妊娠中の高血糖は、児の体脂肪率を上げるなどの体構成への影響だけでなく、インスリン抵抗性にも関与している可能性を示唆した。
Category:
妊娠
2018年01月29日(月) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Primary care-led weight management for remission of type 2 diabetes (DiRECT): an open-label, cluster-randomised trial.
Author:
Lean ME
DATA:
Lancet. 2017 Dec 4. pii: S0140-6736(17)33102-1. doi: 10.1016/S0140-6736(17)33102-1. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29221645
Discussion:
2 型糖尿病の寛解のためのプライマリケア主導体重管理を an open-label,cluster-randomised trial で行った。強化療法群は平均 10kg 体重減量し、12 か月で参加者のほぼ半数が糖尿病治療薬なしに非糖尿病状態への寛解を達成した。2 型糖尿病の寛解はプライマリケアの実践的な目標である。 
Category:
2型糖尿病肥満その他
2018年01月26日(金) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Effect of follow-up by a hospital diabetes care team on diabetes control at one year after discharge from the hospital.
Author:
Garg R
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2017 Nov;133:78-84. doi: 10.1016/j.diabres.2017.08.014. Epub 2017 Aug 24.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28898714
Discussion:
・入院中の糖尿病患者に最適な治療を行い退院時に管理について指導をした結果、退院後 1 年間の血糖コントロールは改善した。
・退院後の電話指導を加えることで、さらなる血糖コントロール効果は得られなかった。
2018年01月25日(木) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Lifestyle Intervention and Medical Management With vs Without Roux-en-Y Gastric Bypass and Control of Hemoglobin A1c, LDL Cholesterol, and Systolic Blood Pressure at 5 Years in the Diabetes Surgery Study.
Author:
Ikramuddin S
DATA:
JAMA. 2018 Jan 16;319(3):266-278. doi: 10.1001/jama.2017.20813.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29340678
Discussion:
・肥満合併 2 型糖尿病患者を対象に行った本研究において、生活習慣の介入+医療管理と比較して、胃バイパス術を追加した群では、追跡 5 年で複合エンドポイントの達成率は有意に高いことを維持していた。
・しかしその効果の大きさは 5 年間で減少してきていたため、その耐久性を評価するためには、さらなるフォローアップが必要である。
Category:
2型糖尿病肥満その他