モーニングレクチャー

2017年10月

2017年10月31日(火) 担当:内田明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of Sotagliflozin Added to Insulin in Patients with Type 1 Diabetes.
Author:
Garg SK
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 13. doi: 10.1056/NEJMoa1708337. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28899222
Discussion:
1 型糖尿病患者に対してsotagliflozin 投与群ではプラセボ群と比較して、重症の低血糖や糖尿病性ケトアシドーシスを認めず HbA1c 7 % 未満に達した患者の割合は大きかった。しかし、sotagliflozin 投与群では糖尿病性ケトアシドーシスの割合が高かった。
Category:
1型糖尿病
2017年10月30日(月) 担当:佐々木優(前期研修医)
Reference:
Title:
Type 1 diabetic patients with peripheral neuropathy have pan-enteric prolongation of gastrointestinal transit times and an altered caecal pH profile.
Author:
Farmer AD
DATA:
Diabetologia. 2017 Apr;60(4):709-718. doi: 10.1007/s00125-016-4199-6. Epub 2017 Jan 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28105520
Discussion:
DSPN 群で、胃通過時間・小腸通過時間・結腸通過時間・全腸通過時間の延長が認められた。さらに、回盲部における pH 酸性化が見られ、結腸通過時間延長と関連していた。
2017年10月28日(土) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Toe-brachial index as a predictor of cardiovascular disease and all-cause mortality in people with type 2 diabetes and microalbuminuria.
Author:
Zobel EH
DATA:
Diabetologia. 2017 Oct;60(10):1883-1891. doi: 10.1007/s00125-017-4344-x. Epub 2017 Jul 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28681124
Discussion:
TBI / ABI の低値は、微量アルブミン尿を有する 2 型糖尿病患者における CVD 発症および全死亡の独立した予測因子となることが示唆された。
2017年10月27日(金) 担当:松本諭(後期研修医)
Reference:
Title:
Development and Validation of a Tool to Identify Patients With Type 2 Diabetes at High Risk of Hypoglycemia-Related Emergency Department or Hospital Use.
Author:
Karter AJ
DATA:
JAMA Intern Med. 2017 Oct 1;177(10):1461-1470. doi: 10.1001/jamainternmed.2017.3844.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28828479
Discussion:
3 回以上の低血糖の受診、または 1 ~ 2 回以上の低血糖の受診かつインスリン使用ありは次の低血糖での受診リスクが高い。
2017年10月26日(木) 担当:前期研修医
Reference:
Title:
Effect of a Behavioral Intervention Strategy for Adoption and Maintenance of a Physically Active Lifestyle: The Italian Diabetes and Exercise Study 2 (IDES_2): A Randomized Controlled Trial.
Author:
Balducci S
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov;40(11):1444-1452. doi: 10.2337/dc17-0594. Epub 2017 Aug 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28821576
Discussion:
実践的な運動カウンセリングを年 1 回、3 年間行うと 2 型糖尿病患者の運動量が増え、座位時間が減るとの研究結果が得られた。