モーニングレクチャー

2017年08月

2017年08月31日(木) 担当:松浦篤人(前期研修医)
Reference:
Title:
Prevalence of and Risk Factors for Diabetic Peripheral Neuropathy in Youth With Type 1 and Type 2 Diabetes: SEARCH for Diabetes in Youth Study.
Author:
Jaiswal M
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1226-1232. doi: 10.2337/dc17-0179. Epub 2017 Jul 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28674076
Discussion:
・糖尿病の若者の間で DPN の割合は高く、早期スクリーニングとより良いリスク要因管理の必要性が ある
・血糖コントロール不良および脂質異常の若者への介入は、神経障害合併症を予防・遅延させる可能性がある
2017年08月30日(水) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Five-Year-Results of Laparoscopic Sleeve Gastrectomy with Duodenojejunal Bypass for Weight Loss and Type 2 Diabetes Mellitus.
Author:
Seki Y
DATA:
Obes Surg. 2017 Mar;27(3):795-801. doi: 10.1007/s11695-016-2372-0.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27644433
Discussion:
日本人 2型糖尿病肥満患者を対象とした、腹腔鏡下スリーブ胃切除十二指腸バイパス術は中期的( 5 年)に優れた体重減少と血糖改善効果を示し、その効果は腹腔鏡下 Roux-en-Y 胃バイパス術と同等考えられた。
Category:
肥満
2017年08月28日(月) 担当:岩﨑直子(准教授)
Reference:
Title:
Precision diabetes: learning from monogenic diabetes.
Author:
Hattersley AT
DATA:
Diabetologia. 2017 May;60(5):769-777. doi: 10.1007/s00125-017-4226-2. Epub 2017 Mar 17.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28314945
Discussion:

MODYと新生児糖尿病に対するオーダーメード治療は飛躍的に成功している。単一遺伝子の変異による糖尿病では、分子遺伝学的アプローチによって治療薬の適応が明らかにされ、将来の合併症を抑制する事が可能であり、早期予防あるいはサポートの為の治療が可能となる。生後6か月以内に診断される新生児糖尿病の診断は簡単だが、MODYの場合はスマホアプリdiagnostic provability calculator によって支援される。

Category:
その他
2017年08月26日(土) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk of Severe Hypoglycemia in Type 1 Diabetes Over 30 Years of Follow-up in the DCCT/EDIC Study.
Author:
Gubitosi-Klug RA
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1010-1016. doi: 10.2337/dc16-2723. Epub 2017 May 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28550194
Discussion:
DCCT期間中、強化療法群では3倍の重症低血糖( Sever hypoglycemia;SH )を増加させた。その後の EDIC により 20 ~ 30 年間経過を follow up したところ、SH は低下もしくは横ばいであった。SH の主要なリスクとしては、HbA1c 値の低下及び、SH の既往のある患者群であった。
2017年08月25日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Changes in Diet Quality with Total and Cause-Specific Mortality.
Author:
Sotos-Prieto M
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 13;377(2):143-153. doi: 10.1056/NEJMoa1613502.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28700845
Discussion:
食生活の改善で、死亡リスクは低下することが出来る。