モーニングレクチャー

2017年05月

2017年05月31日(水) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2017年05月30日(火) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Interrupting prolonged sitting in type 2 diabetes: nocturnal persistence of improved glycaemic control.
Author:
Dempsey PC
DATA:
Diabetologia. 2017 Mar;60(3):499-507. doi: 10.1007/s00125-016-4169-z. Epub 2016 Dec 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27942799
Discussion:
比較的コントロール良好な過体重~肥満の2型糖尿病患者において、長時間(7 時間)の座位の間、30分毎に3分間の軽労作(歩行あるいはレジスタンス運動)をはさむことは、夜間だけでなく翌朝まで血糖改善効果を持つことが示唆された。

2017年05月29日(月) 担当:會澤美和(前期研修医)
Reference:
Title:
Diabetes incidence and glucose intolerance prevalence increase with higher outdoor temperature.
Author:
Blauw LL
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2017 Feb 20;5(1):e000317. doi: 10.1136/bmjdrc-2016-000317. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28405341
Discussion:
平均気温が1℃上昇すると糖尿病の発症率は1,000人当たり0.314人増加する。
外気温の上昇にともなって糖尿病発症率が増える。
2017年05月27日(土) 担当:東春名(後期研修医)
Reference:
Title:
Bariatric Surgery versus Intensive Medical Therapy for Diabetes - 5-Year Outcomes.
Author:
Schauer PR
DATA:
N Engl J Med. 2017 Feb 16;376(7):641-651. doi: 10.1056/NEJMoa1600869.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28199805
Discussion:
5年間の成績から、2型DMでBMIが27~43の患者では内科治療単独よりも、肥満手術を併用することで、高血糖の改善や内服薬・インスリン使用量を減量させることができる。
Category:
肥満
2017年05月26日(金) 担当:片峰亜季(後期研修医)
Reference:
Title:
Role of Adipose Tissue Insulin Resistance in the Natural History of Type 2 Diabetes: Results From the San Antonio Metabolism Study.
Author:
Gastaldelli A
DATA:
Diabetes. 2017 Apr;66(4):815-822. doi: 10.2337/db16-1167. Epub 2017 Jan 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28052966
Discussion:
NGT から IGT 、T2DM へ進行する中で、β細胞の機能障害の進行やインスリン抵抗性が増大しているだけでなく、Adipo-iR (インスリン抗脂肪分解作用への抵抗性)が増大しており、FFA 濃度が上昇していた。
上記はNGT においても肥満であれば、その傾向を認めた。
Category:
2型糖尿病肥満