モーニングレクチャー

2016年12月

2016年12月31日(土) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2016年12月30日(金) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2016年12月29日(木) 担当:佐藤啓資(前期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Autonomic Neuropathy and Cardiovascular Outcomes in the Diabetes Control and Complications Trial/Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications (DCCT/EDIC) Study.
Author:
Pop-Busui R
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jan;40(1):94-100. doi: 10.2337/dc16-1397. Epub 2016 Nov 1.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27803120
Discussion:
HbA1cがType1DMのCANの主要決定因子となるためCANが独立したCVD発生の危険因子とは言えないが、CVD事象発生率の増加と関連している。
Category:
2016年12月28日(水) 担当:渡部美和子(後期研修医)
Reference:
Title:
Previous Intravitreal Therapy Is Associated with Increased Risk of Posterior Capsule Rupture during Cataract Surgery.
Author:
Lee AY
DATA:
Ophthalmology. 2016 Jun;123(6):1252-6. doi: 10.1016/j.ophtha.2016.02.014. Epub 2016 Mar 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26996340
Discussion:
白内障手術中の後のう破損発生リスクには高齢者、進行した白内障、若手白内障術者、過去の硝子体内注射回数があげられる。
Category:
2016年12月27日(火) 担当:高鹿美姫(前期研修医)
Reference:
Title:
Nonalcoholic Fatty Liver Disease Is Prevalent in Women With Prior Gestational Diabetes Mellitus and Independently Associated With Insulin Resistance and Waist Circumference.
Author:
Foghsgaard S
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jan;40(1):109-116. doi: 10.2337/dc16-1017. Epub 2016 Nov 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27810989
Discussion:
NAFLDはGDM既往のある群に多かった。
さらに、胸囲が大きく、インスリン抵抗性が強いほどNAFLDになりやすかった。
Category: