モーニングレクチャー

2016年06月

2016年06月30日(木) 担当:久保田万葉(前期研修医)
Reference:
Title:
Extra-Virgin Olive Oil Reduces Glycemic Response to a High-Glycemic Index Meal in Patients With Type 1 Diabetes: A Randomized Controlled Trial.
Author:
Bozzetto L
DATA:
Diabetes Care. 2016 Apr;39(4):518-24. doi: 10.2337/dc15-2189. Epub 2016 Feb 9.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26861923
Discussion:
T1DMのインスリン管理はGI値の脂質と質を考慮する必要があり、LGI食では脂質の質に関係なく食後早期の血糖上昇を抑え、HGI食ではEVOOを同時に取ることで急激な血糖上昇を抑えることができる。
Category:
2016年06月29日(水) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
High-energy breakfast with low-energy dinner decreases overall daily hyperglycaemia in type 2 diabetic patients: a randomised clinical trial.
Author:
Jakubowicz D
DATA:
Diabetologia. 2015 May;58(5):912-9. doi: 10.1007/s00125-015-3524-9. Epub 2015 Mar 1.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25724569
Discussion:
T2DMでは食後血糖の急上昇を避けるには筋肉へのグルコース取込が最適になる朝に高エネルギー食をとる。
Category:
2016年06月28日(火) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of Sleep Deprivation on Hypoglycemia-Induced Cognitive Impairment and Recovery in Adults With Type 1 Diabetes.
Author:
Inkster BE
DATA:
Diabetes Care. 2016 May;39(5):750-6. doi: 10.2337/dc15-2335. Epub 2016 Mar 22.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27006514
Discussion:
寝不足である群と寝不足ではない群では低血糖の間は認知機能に特に有意差は認めなかったが、低血糖から回復したときにおいて、有意差を認めた。寝不足であると低血糖からの回復後認知機能の低下が遷延することが示唆された。
Category:
2016年06月27日(月) 担当:澤田佳織(前期研修医)
Reference:
Title:
Maternal Serum Prolactin and Prediction of Postpartum β-Cell Function and Risk of Prediabetes/Diabetes.
Author:
Retnakaran R
DATA:
Diabetes Care. 2016 Jul;39(7):1250-8. doi: 10.2337/dc16-0043. Epub 2016 Apr 26.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27208323
Discussion:
産後正常耐糖能群では、糖尿病前症・糖尿病群に比べて妊娠中のプロラクチン値が高かった(HPLとCMPFは両群間では有意差なし)。妊娠中の血清プロラクチン値はβ細胞機能の指標の独立した決定因子であった。
Category:
2016年06月25日(土) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Association of statin use and the risk of end-stage renal disease: A nationwide Asian population-based case-control study.
Author:
Lin SY
DATA:
Eur J Intern Med. 2016 Jun;31:68-72. doi: 10.1016/j.ejim.2016.02.012. Epub 2016 Feb 24.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26920930
Discussion:
スタチンはESRD発症のriskを増大させる可能性がある。
Category: