モーニングレクチャー

2016年03月

2016年03月30日(水) 担当:小林真由美(前期研修医)
Reference:
Title:
Seizure outcomes of posterior reversible encephalopathy syndrome and correlations with electroencephalographic changes.
Author:
Sha Z
DATA:
Epilepsy Behav. 2015 Jul;48:70-4. doi: 10.1016/j.yebeh.2015.05.027. Epub 2015 Jun 10.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26071927
Discussion:
PRES(可逆性白質脳症)はけいれん、頭痛などを呈し高血圧や免疫抑制剤の使用が原因となる。MRIでは頭頂、後頭葉の白質変化を特徴とする。本研究においてPRESで急性期に脳波異常を認めることは多いが、その後慢性てんかんとなることは少ないことが示された。また、脳波異常や画像所見は必ずしも慢性てんかんの予後予測とはならないことがわかった。
Category:
2016年03月29日(火) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Incretin based drugs and the risk of pancreatic cancer: international multicentre cohort study.
Author:
Azoulay L
DATA:
BMJ. 2016 Feb 17;352:i581. doi: 10.1136/bmj.i581.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26888382
Discussion:
インクレチン関連薬はSU薬と比較し、膵癌のリスクの上昇に関与しないことが示唆される。また、インクレチン関連薬の種類や投与期間を考慮しても同様のことがいえる。
Category:
2016年03月28日(月) 担当:小松(前期研修医)
Reference:
Title:
Relation of Smoking With Total Mortality and Cardiovascular Events Among Patients With Diabetes Mellitus: A Meta-Analysis and Systematic Review.
Author:
Pan A
DATA:
Circulation. 2015 Nov 10;132(19):1795-804. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.115.017926. Epub 2015 Aug 26.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26311724
Discussion:
禁煙指導をすることは総死亡と心血管死亡のリスクを少しでも低下させることができる。喫煙率も今だに高い状態が続いている為、喫煙に関連した死亡率や疾患の羅患率を低減させる為にも禁煙介入の有効性を検討するさらなる研究が必要。
Category:
2016年03月26日(土) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Do dogs sense hypoglycaemia?
Author:
Weber KS
DATA:
Diabet Med. 2015 Oct 3. doi: 10.1111/dme.12975.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26433211
Discussion:
糖尿病アラート犬による重症低血糖の回避が可能となるかもしれない。しかし、現段階では、犬が低血糖を感知するメカニズムが不明であること、訓練法が確立されていないこと、高いコストなど、まだ多くの課題が残されている。

Category:
2016年03月25日(金) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Stopping vs. Continuing Aspirin before Coronary Artery Surgery.
Author:
Myles PS
DATA:
N Engl J Med. 2016 Feb 25;374(8):728-37. doi: 10.1056/NEJMoa1507688.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26933848
Discussion:
アスピリンをCABGを予定している患者が休薬しても、継続投与しても、術後の出血などの合併症および血栓症合併症のリスクは変わらない。
Category: