モーニングレクチャー

2015年11月

2015年11月30日(月) 担当:廣瀬晶(講師)
Reference:
Title:
Eye-like ocelloids are built from different endosymbiotically acquired components.
Author:
Gavelis GS
DATA:
Nature. 2015 Jul 9;523(7559):204-7. doi: 10.1038/nature14593. Epub 2015 Jul 1.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26131935
Discussion:
オセロイドは単独で進化したのではなく、細胞内共生により取り込まれた細胞内器官が組み合わさって形成されたのではないか。
Category:
2015年11月28日(土) 担当:神原美沙(後期研修医)
Reference:
Title:
Evaluating gestational weight gain recommendations in pregestational diabetes.
Author:
Siegel AM
DATA:
Am J Obstet Gynecol. 2015 Oct;213(4):563.e1-5. doi: 10.1016/j.ajog.2015.07.030. Epub 2015 Jul 26.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26220111
Discussion:
DM合併症妊婦
妊娠中のBW増加
多いとLGA、巨大児
SGAは減らない
IOM recommendation に沿ってBWを増やしましょう。
Category:
2015年11月27日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医)
Reference:
Title:
Birth weight and later life adherence to unhealthy lifestyles in predicting type 2 diabetes: prospective cohort study.
Author:
Li Y
DATA:
BMJ. 2015 Jul 21;351:h3672. doi: 10.1136/bmj.h3672.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26199273
Discussion:
出生時の低体重と不健康な生活習慣は相互に影響して、2型糖尿病リスクを高める。2型糖尿病の多くは健康な生活習慣により、予防可能であり、さらに出生時の低体重を引き起こす。要因に対する対策をとれば、羅患者は更に減らせる可能性が示された。また、低出生体重よりも不健康な生活の方が、発症に寄与する割合は高かった。
Category:
2015年11月26日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
ATPase4A Autoreactivity and Its Association With Autoimmune Phenotypes in the Type 1 Diabetes Genetics Consortium Study.
Author:
Wenzlau JM
DATA:
Diabetes Care. 2015 Oct;38 Suppl 2:S29-36. doi: 10.2337/dcs15-2006.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26405069
Discussion:

要旨1型糖尿病患者における胃壁細胞のプロトンポンプsubunit Aに対する自己抗体陽性率は、年齢と共に上昇し、40歳以上で32.6%であり人種差も認められた

HLAクラスIITPO抗体、GAD抗体、21OH抗体と有意な遺伝相関があり継承率も高値であった。自己免疫疾患が重なる病態において重要な自己抗体の一つと考えられる

Category:
2015年11月25日(水) 担当:国廣(前期研修医)
Reference:
Title:
Negative-pressure wound therapy induces endothelial progenitor cell mobilization in diabetic patients with foot infection or skin defects.
Author:
Seo SG
DATA:
Exp Mol Med. 2013 Nov 15;45:e62. doi: 10.1038/emm.2013.129.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24232261
Discussion:
陰圧療法は足感染または皮膚欠損で糖尿病患者で、内皮前駆細胞動員を誘導する。
Category: