モーニングレクチャー

2015年02月

2015年02月27日(金) 担当:滝澤美保(助教)
Reference:
Title:
he variant organic cation transporter 2 (OCT2)-T201M contribute to changes in insulin resistance in patients with type 2 diabetes treated with metformin.
Author:
Kashi Z
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2015 Jan 21. pii: S0168-8227(15)00037-6. doi: 10.1016/j.diabres.2015.01.024. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25662675
Discussion:
OCT2-T201M多型はメトホルミン治療中のT2DM患者のインスリン抵抗性やβ cell function の変化に寄与する。
Category:
2015年02月26日(木) 担当:馬場園哲也(准教授)
Reference:
Title:
Mortality risk among sulfonylureas: a systematic review and network meta-analysis.
Author:
Simpson SH
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2015 Jan;3(1):43-51. doi: 10.1016/S2213-8587(14)70213-X. Epub 2014 Oct 22.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25466239
Discussion:

ネットワーク・メタ解析によってSU薬間の死亡リスクを比較した結果,グリベンクラミドに対するグリクラジドおよびグリメピリドの相対死亡危険度がそれぞれ0.65よび0.83と有意に低かった.

Category:
2015年02月25日(水) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Pre-pregnancy fried food consumption and the risk of gestational diabetes mellitus: a prospective cohort study.
Author:
Bao W
DATA:
Diabetologia. 2014 Dec;57(12):2485-91. doi: 10.1007/s00125-014-3382-x. Epub 2014 Oct 11.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25303998
Discussion:
揚げ物を食べる頻度が高い女性は将来の妊娠時にGDMを発症するリスクが高かった。特に外食での揚げ物摂取で顕著であった。
Category:
2015年02月19日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Cancer risk among people with type 1 and type 2 diabetes: disentangling true associations, detection bias, and reverse causation.
Author:
Harding JL
DATA:
Diabetes Care. 2015 Feb;38(2):264-70. doi: 10.2337/dc14-1996. Epub 2014 Dec 8.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25488912
Discussion:
1型、2型糖尿病ともに一般人口と比較して発癌リスクは高値であった。
2型糖尿病においては、糖尿病診断の初期での病態に注意して、治療を行う必要がある。
Category:
2015年02月18日(水) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Statin use before diabetes diagnosis and risk of microvascular disease: a nationwide nested matched study.
Author:
Nielsen SF
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2014 Nov;2(11):894-900. doi: 10.1016/S2213-8587(14)70173-1. Epub 2014 Sep 9.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25217178
Discussion:
糖尿病患者において、糖尿病発症以前からのスタチン投与は少なくとも細小血管障害+foot gangrene発症のリスクとはならない。むしろ、retinopathy、neuropathy、footgangreneの発症に対しては保護的に作用する可能性がある。
Category: