モーニングレクチャー
妊娠
2017年08月09日(水) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Poor Reliability and Poor Adherence to Self-Monitoring of Blood Glucose Are Common in Women With Gestational Diabetes Mellitus and May Be Associated With Poor Pregnancy Outcomes.
Author:
Cosson E
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul 19. pii: dc170369. doi: 10.2337/dc17-0369. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28724718
Discussion:
自己血糖測定のアドヒアランス、記録の信頼性と妊娠の予後不良との関連が示唆された。
血糖測定器のメモリーを利用して、血糖記録の信頼性を常に確認すべきである。
Category:
妊娠
2017年07月05日(水) 担当:神原美沙(後期研修医)
Reference:
Title:
Plasma Glycated CD59, a Novel Biomarker for Detection of Pregnancy-Induced Glucose Intolerance.
Author:
Ghosh P
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):981-984. doi: 10.2337/dc16-2598. Epub 2017 Apr 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28450368
Discussion:
妊娠26週までの間で一度母体血漿 GCD59 を測定すると、GDM のスクリーニングになるかもしれない。
Category:
妊娠
2017年06月28日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
The Prevention of Gestational Diabetes Mellitus With Antenatal Oral Inositol Supplementation: A Randomized Controlled Trial.
Author:
Farren M
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jun;40(6):759-763. doi: 10.2337/dc16-2449. Epub 2017 Mar 21.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28325784
Discussion:
ミオ - イノシトール/ D - キロイノシトール混合物の経口摂取は糖尿病の家族歴のある妊婦の妊娠糖尿病の発症を減らさなかった。
今後、妊婦へのイノシトール投与の臨床的な効能について検討が必要である。
2017年06月15日(木) 担当:柳澤慶香(講師)
Reference:
Title:
Association of Gestational Weight Gain With Maternal and Infant Outcomes: A Systematic Review and Meta-analysis.
Author:
Goldstein RF
DATA:
JAMA. 2017 Jun 6;317(21):2207-2225. doi: 10.1001/jama.2017.3635.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28586887
Discussion:
100 万人以上の対象の検討で、Institute of Medicine の推奨体重増加より多い人が 47% 、少ない人が 23% であった。体重増加が多くても少なくても、周産期合併症のリスクとなる。
Category:
妊娠
2017年04月25日(火) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
The duration of intrapartum maternal hyperglycaemia predicts neonatal hypoglycaemia in women with pre-existing diabetes.
Author:
Joshi T
DATA:
Diabet Med. 2017 May;34(5):725-731. doi: 10.1111/dme.13337. Epub 2017 Mar 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28199038
Discussion:
・分娩時、血糖 4~7 mmol/l (72~126 mg/dl ) でより長く経過すると新生児低血糖のリスクはより下がり、血糖 7~10 mmol/l (126~180 mg/dl )でより長く経過すると新生児低血糖のリスクはより上昇した。
・妊娠中期の血糖コントロールは新生児低血糖と関連する。
以上より糖能病合併症妊娠において、分娩前・分娩時共に良い血糖コントロールを保つことで新生児低血糖を減らすことができる。
Category:
妊娠