モーニングレクチャー
腎症・高血圧
2018年09月19日(水) 担当:岡征児(後期研修医)
Reference:
Title:
Intensive systolic blood pressure control and incident chronic kidney disease in people with and without diabetes mellitus: secondary analyses of two randomised controlled trials.
Author:
Beddhu S
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2018 Jul;6(7):555-563. doi: 10.1016/S2213-8587(18)30099-8. Epub 2018 Apr 21.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29685860
Discussion:
血圧の強化療法は 2 型糖尿病の有無に関わらず、CKD の発症率を上げる可能性があり、さらに、2 型糖尿病があるとよりリスクが高くなる。
Category:
腎症・高血圧
2018年09月05日(水) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Revisiting the association of blood pressure with mortality in oldest old people in China: community based, longitudinal prospective study.
Author:
Lv YB
DATA:
BMJ. 2018 Jun 5;361:k2158. doi: 10.1136/bmj.k2158.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29871897
Discussion:
中国の80歳以上の超高齢者において3年間の全死因死亡率と収縮期血圧はUカーブの関係である。収縮期血圧高値は心血管疾患死亡率のリスクとなり、収縮期血圧低値は非心血管疾患死亡率のリスクとなる。
Category:
腎症・高血圧
2018年08月24日(金) 担当:入村泉(助教)
Reference:
Title:
Association of Metformin Use With Risk of Lactic Acidosis Across the Range of Kidney Function: A Community-Based Cohort Study.
Author:
Lazarus B
DATA:
JAMA Intern Med. 2018 Jul 1;178(7):903-910. doi: 10.1001/jamainternmed.2018.0292.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29868840
Discussion:
eGFR 30 - 60 の軽度から中等度 CKD 患者において、メトホルミンは注意深く使用することは可能かもしれない。
Category:
腎症・高血圧
2018年08月14日(火) 担当:西脇 唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Risk Factors Accelerate Kidney Function Decline in Post-Myocardial Infarction Patients: The Alpha Omega Cohort Study.
Author:
Esmeijer K
DATA:
Kidney Int Rep. 2018 Mar 16;3(4):879-888. doi: 10.1016/j.ekir.2018.03.005. eCollection 2018 Jul.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29989031
Discussion:
  • 心筋梗塞後の患者において、心血管リスクのうち糖尿病、最近の喫煙、高血圧、肥満は腎機能悪化のリスクであったが、一方で高コレステロール血症は腎予後に影響しなかった。
  • 心血管リスク因子を多く持つほど、腎機能は低下しやすい傾向にあった。
Category:
腎症・高血圧
2018年08月06日(月) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Pregnancy Outcomes in French Hemodialysis Patients.
Author:
Normand G
DATA:
Am J Nephrol. 2018;47(4):219-227. doi: 10.1159/000488286. Epub 2018 Mar 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29587251
Discussion:
透析施行している妊娠症例の児の予防に関して、今回の study では、従来報告されていた予後予測因子( 妊娠中の BUN 、Hb 、残腎機能、子癇、羊水過多 etc ) との関連は認めなかった。
同時に、出生児体重や児の生存率は以前の報告と比較し良好な結果を得た。

このように、医療の目覚ましい発展とともに透析施行下の母体より出生した児生存率は上昇傾向であるものの、依然妊娠・出産はハイリスクであり、腎臓内科・産科・新生児科 3 科での、慎重な周産期管理が不可欠である。