モーニングレクチャー
腎症・高血圧
2018年11月06日(火) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Associations of urinary epidermal growth factor and monocyte chemotactic protein-1 with kidney involvement in patients with diabetic kidney disease.
Author:
Wu L
DATA:
Nephrol Dial Transplant. 2018 Oct 23. doi: 10.1093/ndt/gfy314. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30357416
Discussion:
尿中EGF/MCP-1 比は、中国人における糖尿病性腎臓病の発症、eGFR 低下、末期腎不全への進展を予測する有用なバイオマーカ―となることが示唆された。
2018年11月02日(金) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Management of Hyperglycemia in Type 2 Diabetes, 2018. A Consensus Report by the American Diabetes Association (ADA) and the European Association for the Study of Diabetes (EASD).
Author:
Davies MJ
DATA:
Diabetes Care. 2018 Oct 4. pii: dci180033. doi: 10.2337/dci18-0033. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30291106
Discussion:

SGLT2阻害薬やGLP‒1受容体作動薬などの臓器保護効果を検証した,最近の大規模臨床試験の結果に基づくADAEASD による新しい「高血糖管理に関するコンセンサスレポート」である.

2018年11月01日(木) 担当:花井豪(講師)
Reference:
Title:
Cardiovascular and Renal Outcomes With Canagliflozin According to Baseline Kidney Function.
Author:
Neuen BL
DATA:
Circulation. 2018 Oct 9;138(15):1537-1550. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.118.035901.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29941478
Discussion:

CVD 既往を有する、または CVD 発症リスクの高い 2 型糖尿病患者において、カナグリフロジンの腎・CV イベント抑制に対する benefit は腎機能低下症例においても(少なくとも eGFR 30 までは)変わらない。

2018年10月29日(月) 担当:鈴木美香子(前期研修医)
Reference:
Title:
Diabetic Nephropathy after Kidney Transplantation in Patients with Pre-transplantation Type II Diabetes: A Retrospective Case Series Study from a High-Volume Center in the United States.
Author:
Cimeno A
DATA:
Clin Transplant. 2018 Oct 16:e13425. doi: 10.1111/ctr.13425. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30326148
Discussion:
2 型糖尿病患者に DN が発症した時、腎移植後おおよそ 4 年であった。患者の 75 % が腎移植後 10 年間、糖尿病腎症の再発なく経過していることが推定された。
また、生体腎より献腎のほうが移植後の糖尿病腎症の再発期間が短く、これはドナーの要因(年齢や病歴、クレアチニン、冷阻血時間の移植片への影響)が糖尿病腎症発症を早めているのかもしれないと示唆された。
今後、プロトコル生検を定期的に施行する前向き研究を行うことは、糖尿病腎症再発または進行予防となり臨床判断のために重要なデータとなるだろう。
2018年10月17日(水) 担当:田内恵理子(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
CKD Self-management: Phenotypes and Associations With Clinical Outcomes.
Author:
Schrauben SJ
DATA:
Am J Kidney Dis. 2018 Sep;72(3):360-370. doi: 10.1053/j.ajkd.2018.01.047. Epub 2018 Mar 24.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29580660
Discussion:
CKD 患者の自己管理行動を Phenotype に分類することにより、臨床アウトカムのリスクを層別化できる可能性が示唆された。