モーニングレクチャー
腎症・高血圧
2017年09月02日(土) 担当:松本諭(後期研修医)
Reference:
Title:
Microvascular effects of glucagon-like peptide-1 receptor agonists in type 2 diabetes: a meta-analysis of randomized controlled trials.
Author:
Dicembrini I
DATA:
Acta Diabetol. 2017 Jul 27. doi: 10.1007/s00592-017-1031-9. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28748377
Discussion:
nephropathy に対してはリスクの減少の結果となった反面、retinopathy に対してはnegative な結果となった。この結果に関しては今後さらなる検証が必要である。
2017年08月08日(火) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Potential survival benefit of polymyxin B hemoperfusion in patients with septic shock: a propensity-matched cohort study.
Author:
Nakamura Y
DATA:
Crit Care. 2017 Jun 7;21(1):134. doi: 10.1186/s13054-017-1712-3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28592318
Discussion:
多種多様の細菌感染の敗血症患者において PMX-Hp 施行することで全死亡率・ICU 滞在日数を著明に減少させたことが明らかになった。
2017年08月07日(月) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Effects of empagliflozin on the urinary albumin-to-creatinine ratio in patients with type 2 diabetes and established cardiovascular disease: an exploratory analysis from the EMPA-REG OUTCOME randomised, placebo-controlled trial.
Author:
Cherney DZI
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Aug;5(8):610-621. doi: 10.1016/S2213-8587(17)30182-1. Epub 2017 Jun 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28666775
Discussion:

  EMPA-REG OUTCOME試験(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26378978)に参加した2型糖尿病患者7,020名のうち,試験開始時にアルブミン尿が測定された6,953名をアルブミン尿病期別に3群に分類し,各群におけるエンパグリフロジン開始後のアルブミン尿の推移が観察された.

12週間後におけるアルブミン尿は,正常アルブミン尿4,171名で-7%,微量アルブミン尿2,013名で-25%,顕性アルブミン尿769名で-32%であり,いずれもプラセボに比較し有意な減少であった.

164週後においても,各群におけるアルブミン尿の有意な減少が持続した.

 

2017年08月01日(火) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Evaluation of spironolactone plus hydrochlorothiazide in reducing proteinuria in type 2 diabetic nephropathy.
Author:
Momeni A
DATA:
J Renin Angiotensin Aldosterone Syst. 2015 Mar;16(1):113-8. doi: 10.1177/1470320313481485. Epub 2013 Mar 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23486907
Discussion:
RAS 阻害薬使用患者にスピロノラクトン及びサイアザイド併用で高 K 血症を抑制しつつ尿蛋白減少が期待できる。
2017年07月27日(木) 担当:宇治原典子(准教授)
Reference:
Title:
Association of Glycemic Status During Progression of Chronic Kidney Disease With Early Dialysis Mortality in Patients With Diabetes.
Author:
Rhee CM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1050-1057. doi: 10.2337/dc17-0110. Epub 2017 Jun 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28592525
Discussion:

CKDと糖尿病を合併する患者では、透析導入前1年間のHbA1c高値および随時血糖高値が透析導入後1年間の総死亡、心血管死のリスクを増大させた。

HbA1c8%以上、随時血糖200以上でハザード比が有意に高値であった。