モーニングレクチャー
腎症・高血圧
2017年11月11日(土) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Renal Protective Effect of DPP-4 Inhibitors in Type 2 Diabetes Mellitus Patients: A Cohort Study.
Author:
Kim YG
DATA:
J Diabetes Res. 2016;2016:1423191. doi: 10.1155/2016/1423191. Epub 2016 Dec 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28119930
Discussion:
・2 型糖尿病患者における DPP- 4 阻害薬の使用がアルブミン尿減少や eGFR 低下速度軽減に働き糖尿病性腎症を改善し得る可能性が示唆された。
2017年10月24日(火) 担当:森友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Cumulative Kidney Complication Risk by 50 Years of Type 1 Diabetes: The Effects of Sex, Age, and Calendar Year at Onset.
Author:
Costacou T
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep 20. pii: dc171118. doi: 10.2337/dc17-1118. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28931542
Discussion:
・ミクロ / マクロアルブミン尿をきたす患者の割合は著変なかったが、ESRD 、死亡に至る 1 型糖尿病患者の割合は、著明に減少している。
・性差に関しては、近年認めなくなっている。
・発症年齢による関連は罹病期間が長くなると失われる。
・これは、腎症に対して、予防ではなく、より良い管理が行えていることを示している。
2017年10月04日(水) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Follow Up of Value of the Intrarenal Resistivity Indices and Different Renal Biomarkers for Early Identification of Diabetic Nephropathy in Type 1 Diabetic Patients.
Author:
Dayem SAE
DATA:
Open Access Maced J Med Sci. 2017 Mar 20;5(2):188-192. doi: 10.3889/oamjms.2017.034. eCollection 2017 Apr 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28507626
Discussion:
腎血管抵抗指数( RI )、NGAL、L-FABP、KIM-1 の高値は青年期1型糖尿病の腎症の早期診断のためのバイオマーカ―となる可能性があり、アルブミン尿と独立して腎症の進展と関連する可能性が示唆された。
2017年09月30日(土) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
High sensitive TROponin levels In Patients with Chest pain and kidney disease: A multicenter registry - The TROPIC study.
Author:
Ballocca F
DATA:
Cardiol J. 2017;24(2):139-150. doi: 10.5603/CJ.a2017.0025. Epub 2017 Mar 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28281735
Discussion:
・慢性腎臓病患者において高感度トロポニン T の上昇は、心血管病変のハイリスクである。
・高感度トロポニン I / T 両者とも、心血管病変発症及び、長期的なイベント発症に関連があったが、高感度トロポニン I は T を上回った。
・高感度トロポニン T は腎機能の影響を受けにくい。

Category:
腎症・高血圧
2017年09月15日(金) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Diabetes and Hypertension: A Position Statement by the American Diabetes Association.
Author:
de Boer IH
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1273-1284. doi: 10.2337/dci17-0026.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28830958
Discussion:

これまでの内外の高血圧治療ガイドラインでは、糖尿病患者では

・治療開始血圧:130/80mm Hg以上

・降圧目標:130/80mm Hg未満

・第一選択薬:ACE阻害薬あるいはARB

・第二選択薬:Ca拮抗薬あるいは利尿薬とされてきた。


ADAからの本意見表明では、

・心血管リスク

・治療開始時の血圧値

・アルブミン尿の有無

によって、個別に降圧目標を設定することや降圧薬を選択することが提唱された。


Category:
腎症・高血圧