モーニングレクチャー
腎症・高血圧
2019年04月09日(火) 担当:山本 唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Intravenous Iron in Patients Undergoing Maintenance Hemodialysis.
Author:
Macdougall IC
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jan 31;380(5):447-458. doi: 10.1056/NEJMoa1810742. Epub 2018 Oct 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30365356
Discussion:
血液透析患者では、積極的に投与する高用量鉄静注レジメンの、反応に応じて投与する低用量レジメンに呈する優越性が示され、赤血球造血刺激因子製剤の投与量も少なかった。
Category:
腎症・高血圧
2019年04月06日(土) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Care Practices for Patients With Advanced Kidney Disease Who Forgo Maintenance Dialysis.
Author:
Wong SPY
DATA:
JAMA Intern Med. 2019 Jan 22. doi: 10.1001/jamainternmed.2018.6197. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30667475
Discussion:

透析は代替手段のない治療として医療者に認識されており、進行したCKD患者に対し、透析以外の選択肢はほとんど提示されないということがわかった。患者の人生のゴールや価値観が、意思決定の過程において重視されていなかった。透析を希望しない患者を積極的に支援するため、患者中心のケアモデルを構築する必要がある。

 

Category:
腎症・高血圧
2019年04月02日(火) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Seasonal Variations in the Achievement of Guideline Targets for HbA1c, Blood Pressure, and Cholesterol Among Patients With Type 2 Diabetes: A Nationwide Population-Based Study (ABC Study JDDM49).
Author:
Sakamoto M
DATA:
Diabetes Care. 2019 Feb 10. pii: dc181953. doi: 1.2337/dc18-1953. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30739885
Discussion:
2 型糖尿病患者において、HbA1c 、血圧、脂質のコントロールの達成率は季節によって変動があり冬に最も低く、治療マネジメントで考慮すべきである。
2019年04月01日(月) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Changes in the quality of diabetes care in Japan between 2007 and 2015: A repeated cross-sectional study using claims data.
Author:
Tanaka H
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2019 Mar;149:188-199. doi: 10.1016/j.diabres.2019.02.001. Epub 2019 Feb 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30742858
Discussion:

レセプトデータを用いた連続横断調査によってわが国における糖尿病診療の質を検証した結果,血液検査に比べて網膜症や腎症などの合併症スクリーニングが十分行われておらず,最近においても改善されていないことが示された.

2019年03月23日(土) 担当:山本 唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Nonproteinuric Versus Proteinuric Phenotypes in Diabetic Kidney Disease: A Propensity Score-Matched Analysis of a Nationwide, Biopsy-Based Cohort Study.
Author:
Yamanouchi M
DATA:
Diabetes Care. 2019 Mar 4. pii: dc181320. doi: 10.2337/dc18-1320. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30833372
Discussion:
蛋白尿陰性の糖尿病腎不全患者は、尿蛋白陽性の糖尿病腎不全患者と比較し、血圧コントロール良好であり、組織学的変化はより少なく、また腎機能低下のリスク、および致死率は低値であった。
Category:
腎症・高血圧