モーニングレクチャー
腎症・高血圧
2018年07月17日(火) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Gestational Diabetes Mellitus and Renal Function: A Prospective Study With 9- to 16-Year Follow-up After Pregnancy.
Author:
Rawal S
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jul;41(7):1378-1384. doi: 10.2337/dc17-2629. Epub 2018 May 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29728364
Discussion:
  •  妊娠糖尿病妊婦は産後 9 ~ 16 年で eGFR が上昇した。 これは糸球体過剰濾過および早期腎障害を示唆している可能性が考えられた。
  • 一方で、妊娠糖尿病妊婦で産後、糖尿病に至った女性のみにおいて、尿中アルブミンの上昇を認めた。
Category:
腎症・高血圧妊娠
2018年07月07日(土) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Discovery and validation of serum creatinine variability as novel biomarker for predicting onset of albuminuria in Type 2 diabetes mellitus.
Author:
Low S
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2018 Apr;138:8-15. doi: 10.1016/j.diabres.2017.11.003. Epub 2018 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29355653
Discussion:
2 型糖尿病における血清 Cr 値の変動は、アルブミン尿の発症に関して独立した予測因子であることが示唆された。
2018年06月15日(金) 担当:入村泉(助教)
Reference:
Title:
Incidence of End-Stage Renal Disease in Patients With Type 1 Diabetes.
Author:
Helve J
DATA:
Diabetes Care. 2018 Mar;41(3):434-439. doi: 10.2337/dc17-2364. Epub 2017 Dec 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29263163
Discussion:
末期腎不全発症率は、この 50 年で低下傾向であり、現在の糖尿病治療や腎症の治療が ESRD 発症や死亡に有効である可能性が示唆された。
2018年05月30日(水) 担当:関 康文(助教)
Reference:
Title:
Reduced Levels of Anti-Ageing Hormone Klotho Predict Renal Function Decline in Type 2 Diabetes.
Author:
Fountoulakis N
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2018 May 1;103(5):2026-2032. doi: 10.1210/jc.2018-00004.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29509906
Discussion:
腎機能が保たれた 2 型糖尿病患者の前向き研究において、血中可溶性 Klotho の低値はアルブミン尿と関連し、将来の腎機能を予測することが示された。
2018年05月15日(火) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Switching from low-dose thiazide diuretics to sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor improves various metabolic parameters without affecting blood pressure in patients with type 2 diabetes and hypertension.
Author:
Kimura T
DATA:
J Diabetes Investig. 2017 Nov 7. doi: 10.1111/jdi.12774.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29110406
Discussion:

31名の2型糖尿病患者に対し,少量のサイアザイド利尿薬をSGLT2阻害薬のイプラグリフロジンへ変更したところ,3ヶ月後に血圧は不変であり,空腹時血糖,HbA1c,尿酸値は有意に低下,BMIと内臓脂肪面積は有意に減少した.