モーニングレクチャー
腎症・高血圧
2017年07月21日(金) 担当:田中伸枝(助教)
Reference:
Title:
Single-Nephron Glomerular Filtration Rate in Healthy Adults.
Author:
Denic A
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jun 15;376(24):2349-2357. doi: 10.1056/NEJMoa1614329.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28614683
Discussion:
女性: 58 %、平均年齢 44-12 歳、身長 171 cm 平均 GFR 115 + / - 24 ml / min
86 + / - 37 万個 / 腎、1 個の糸球体の濾過量 80 + / - 40 nl / min
1 個の糸球体の GFR は、
年齢、性別、身長(190cm未満 )とは関連なし。
糸球体が大きい、糸球体硬化、動脈硬化と関連あり。190cm 以上では、身長、末期腎不全の家族歴と関連あり。
Category:
腎症・高血圧
2017年07月03日(月) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
The Predictive Role of Red Cell Distribution Width in Mortality among Chronic Kidney Disease Patients.
Author:
Hsieh YP
DATA:
PLoS One. 2016 Dec 1;11(12):e0162025. doi: 10.1371/journal.pone.0162025. eCollection 2016.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27906969
Discussion:
CKD stage 3-5 の患者において、red cell distribution width(RDW) は、死亡に対する孤立した予測因子となる可能性がある。

2017年06月27日(火) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Plasma Biomarkers and Kidney Function Decline in Early and Established Diabetic Kidney Disease.
Author:
Coca SG
DATA:
J Am Soc Nephrol. 2017 May 5. pii: ASN.2016101101. doi: 10.1681/ASN.2016101101. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28476763
Discussion:
2型糖尿病患者における血漿 TNFR-1、TNFR-2、KIM-1 濃度は、早期または進行した腎症患者の eGFR 低下リスクに対する孤立した予測因子であり、これらを加えることで腎機能低下に対する予測能を有意に向上させた。
2017年06月09日(金) 担当:田中伸枝(助教)
Reference:
Title:
Achieved blood pressure and cardiovascular outcomes in high-risk patients: results from ONTARGET and TRANSCEND trials.
Author:
Böhm M
DATA:
Lancet. 2017 Jun 3;389(10085):2226-2237. doi: 10.1016/S0140-6736(17)30754-7. Epub 2017 Apr 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28390695
Discussion:
SBP 120 以下、DBP 70 以下は CVD リスクが上がる。
Category:
腎症・高血圧
2017年06月02日(金) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Long-Term Effects of Low-Dose Spironolactone on Chronic Dialysis Patients: A Randomized Placebo-Controlled Study.
Author:
Lin C
DATA:
J Clin Hypertens (Greenwich). 2016 Feb;18(2):121-8. doi: 10.1111/jch.12628. Epub 2015 Jul 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26224543
Discussion:
心脳血管保護作用により、透析を行っている末期腎不全患者にスピロノラクトンを投与することで心脳血管やその他の原因による死亡を減少させる可能性がある。