モーニングレクチャー
食事療法
2017年10月20日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Associations of fats and carbohydrate intake with cardiovascular disease and mortality in 18 countries from five continents (PURE): a prospective cohort stud
Author:
Dehghan M
DATA:
Lancet. 2017 Aug 28. pii: S0140-6736(17)32252-3. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32252-3. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28864332
Discussion:
・脂肪の摂取量が増えると死亡率・心血管イベントが減る。
・炭水化物の摂取量が増えると死亡率・心血管イベントが増える。
Category:
食事療法
2017年10月19日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Carbohydrate-last meal pattern lowers postprandial glucose and insulin excursions in type 2 diabetes.
Author:
Shukla AP
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2017 Sep 14;5(1):e000440. doi: 10.1136/bmjdrc-2017-000440. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28989726
Discussion:
炭水化物を最後に摂取するパターンの食事は、多くの食後高血糖改善薬に匹敵するほど、食後高血糖の是正に大きな影響を与える可能性が示唆された。
Category:
食事療法
2017年09月12日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Pharmacological Approaches in the Treatment and Maintenance of Weight Loss.
Author:
Van Gaal L
DATA:
Diabetes Care. 2016 Aug;39 Suppl 2:S260-7. doi: 10.2337/dcS15-3016.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27440841
Discussion:
体重減少のメリットは反論できず、体重減少を促すためのライフスタイルの介入は依然として肥満治療の基礎になっているが、患者の大部分は10 ㎏ の減量目標および維持を達成できていない。明らかに、体重減少のパラダイムの変化が必要であり、薬物療法を価値のあるものと考えられる。いくつか薬物が現在承認されており、有効性と安全性、特に心血管安全性に関する長期的なデータにより安全は保証されている。医療従事者は、肥満関連疾患の管理における薬物療法の体重効果を考慮し、患者生活スタイルに応じた薬を考慮する必要がある。
2017年09月08日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Association of Changes in Diet Quality with Total and Cause-Specific Mortality.
Author:
Sotos-Prieto M
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 13;377(2):143-153. doi: 10.1056/NEJMoa1613502.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28700845
Discussion:
12 年間の中での食生活の改善は、その後の12 年間の致死率を減少する。
Category:
食事療法
2017年08月25日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Changes in Diet Quality with Total and Cause-Specific Mortality.
Author:
Sotos-Prieto M
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 13;377(2):143-153. doi: 10.1056/NEJMoa1613502.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28700845
Discussion:
食生活の改善で、死亡リスクは低下することが出来る。