モーニングレクチャー
食事療法
2017年12月08日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医)
Reference:
Title:
Comparison of the effects of diets high in animal or plant protein on metabolic and cardiovascular markers in type 2 diabetes: A randomized clinical trial
Author:
Sucher S
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2017 Jul;19(7):944-952. doi: 10.1111/dom.12901. Epub 2017 Mar 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28181738
Discussion:
高たんぱく食により BMI、コレステロール値、尿酸値は減少するが、タンパク質の種類による臨床パラメータへの影響の差は見られたのは尿酸値のみであった。

高たんぱく食によるインスリン抵抗性の改善は認められなかった。
2017年11月29日(水) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
A randomized pilot study comparing zero-calorie alternate-day fasting to daily caloric restriction in adults with obesity.
Author:
Catenacci VA
DATA:
Obesity (Silver Spring). 2016 Sep;24(9):1874-83. doi: 10.1002/oby.21581.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27569118
Discussion:
8 週間のゼロカロリー ADF は安全で許容可能であることを示唆した。
ADF 介入後はカロリー制限食介入後と同様の結果を得た。
ADF は肥満治療のための治療として今後期待される。

Category:
肥満食事療法
2017年11月16日(木) 担当:武島聡史(前期研修医)
Reference:
Title:
Sleep duration and progression to diabetes in people with prediabetes defined by HbA1c concentration.
Author:
Kim CW
DATA:
Diabet Med. 2017 Nov;34(11):1591-1598. doi: 10.1111/dme.13432. Epub 2017 Aug 14.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28734090
Discussion:
若年、中年の前糖尿病患者における、この大規模研究で、我々は睡眠時間と糖尿病への進行リスクの関係性を発見した。
この発見は、十分な睡眠時間が前糖尿病が糖尿病に進行するのを遅らせたり、防ぐのに重要であるということを示唆している。
Category:
食事療法
2017年10月20日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Associations of fats and carbohydrate intake with cardiovascular disease and mortality in 18 countries from five continents (PURE): a prospective cohort stud
Author:
Dehghan M
DATA:
Lancet. 2017 Aug 28. pii: S0140-6736(17)32252-3. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32252-3. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28864332
Discussion:
・脂肪の摂取量が増えると死亡率・心血管イベントが減る。
・炭水化物の摂取量が増えると死亡率・心血管イベントが増える。
Category:
食事療法
2017年10月19日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Carbohydrate-last meal pattern lowers postprandial glucose and insulin excursions in type 2 diabetes.
Author:
Shukla AP
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2017 Sep 14;5(1):e000440. doi: 10.1136/bmjdrc-2017-000440. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28989726
Discussion:
炭水化物を最後に摂取するパターンの食事は、多くの食後高血糖改善薬に匹敵するほど、食後高血糖の是正に大きな影響を与える可能性が示唆された。
Category:
食事療法