モーニングレクチャー
食事療法
2018年06月29日(金) 担当:大島莉瑛(前期研修医)
Reference:
Title:
Diet soft drink is associated with increased odds of proliferative diabetic retinopathy.
Author:
Fenwick EK
DATA:
Clin Exp Ophthalmol. 2018 Jan 23. doi: 10.1111/ceo.13154. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29360260
Discussion:
  • 消費量が週に 4 缶以上のダイエットソフトドリンクは、糖尿病患者において、増殖性網膜症のリスクが 2 倍以上になる。
  • しかし、そのメカニズムを解明するにはさらに研究が必要である。
Category:
食事療法眼合併症
2018年06月20日(水) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Nuts as a replacement for carbohydrates in the diabetic diet: a reanalysis of a randomised controlled trial.
Author:
Jenkins DJA
DATA:
Diabetologia. 2018 May 23. doi: 10.1007/s00125-018-4628-9. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29789878
Discussion:

2 型糖尿病患者において, 炭水化物をナッツに置き換えることは, 血糖値および CVD リスクとなる脂質因子の改善に有効である.

2018年06月09日(土) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Effect of Low-Fat vs Low-Carbohydrate Diet on 12-Month Weight Loss in Overweight Adults and the Association With Genotype Pattern or Insulin Secretion: The DIETFITS Randomized Clinical Trial.
Author:
Gardner CD
DATA:
JAMA. 2018 Feb 20;319(7):667-679. doi: 10.1001/jama.2018.0245.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29466592
Discussion:
  • 低炭水化物食と低脂質食では体重減少の効果に有意な差はみられなかった。
  • 遺伝子型やインスリン分泌能による差もみられなかった。
Category:
肥満食事療法
2018年03月23日(金) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Disordered Eating Behaviors Are Not Increased by an Intervention to Improve Diet Quality but Are Associated With Poorer Glycemic Control Among Youth With Type 1 Diabetes.
Author:
Eisenberg Colman MH
DATA:
Diabetes Care. 2018 Apr;41(4):869-875. doi: 10.2337/dc17-0090. Epub 2018 Jan 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29371234
Discussion:
食事の質を改善するための介入は、若年 1 型糖尿病患者において摂食障害による行動につながるような効果がないことが分かった。摂食障害による行動のアンケート( DEPS-R )は血糖コントロールの各指標と接触的に関連しており、HbA1c、平均センサグルコース値、および平均センサーグルコース値 180 mg/dl 以上の割合の増加および 1,5 - AG の低下と相関した。しかしながら、DEPS-R は、低血糖または血糖変動の指標(リアルタイム CGM の SD、MAGE )に関与していなかった。よって低血糖または血糖変動ではなく、高血糖が摂食障害のリスクのより良い指標となりうることを示唆している。
2018年02月14日(水) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Long-term Sustainability of Diabetes Prevention Approaches: A Systematic Review and Meta-analysis of Randomized Clinical Trials.
Author:
Haw JS
DATA:
JAMA Intern Med. 2017 Dec 1;177(12):1808-1817. doi: 10.1001/jamainternmed.2017.6040.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29114778
Discussion:

・糖尿病リスクのある成人では、生活習慣への介入・薬剤介入共に糖尿病の発生率を低下させた。

・薬剤介入のみでは効果の持続期間は短期であった。

・生活習慣への介入は数年間持続したが効果は時間とともに低下し、効果を維持するためには介入の継続が必要であることが示唆された。

Category:
食事療法