モーニングレクチャー
食事療法
2017年07月04日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of diet-induced weight loss on lipoprotein(a) levels in obese individuals with and without type 2 diabetes.
Author:
Berk KA
DATA:
Diabetologia. 2017 Jun;60(6):989-997. doi: 10.1007/s00125-017-4246-y. Epub 2017 Apr 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28386638
Discussion:
食事による体重減少は2型糖尿病の有無に関わらずリポタンパク質(a)は有意に上昇したが、肥満手術を受けた患者では有意に増加しなかった。
これは、食事による体重減少が心機能を低下させる可能性がある。
今後はリポタンパク質(a)低下剤を内服し、肥満患者の CVD が改善するか追跡調査が必要である。
2017年06月22日(木) 担当:田巻恵(前期研修医)
Reference:
Title:
Normal meal tolerance test is preferable to the glucagon stimulation test in patients with type 2 diabetes that are not in a hyperglycemic state: Comparison with the change of C-peptide immunoreactivity.
Author:
Fujioka Y
DATA:
J Diabetes Investig. 2017 May 11. doi: 10.1111/jdi.12692. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28494143
Discussion:
NMTT は2型糖尿病患者が高血糖状態(空腹時血糖 147mg/dL 以上、HbA1c 9.0% 以上)でない場合では、インスリン分泌テストとして簡便で有用である。
2017年06月21日(水) 担当:日高舞(前期研修医)
Reference:
Title:
Increased Incretin But Not Insulin Response after Oral versus Intravenous Branched Chain Amino Acids.
Author:
Gojda J
DATA:
Ann Nutr Metab. 2017 Jun 9;70(4):293-302. doi: 10.1159/000475604. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28595189
Discussion:
BCAA を同量投与した時、経口、i.v ともに同程度のインスリン分泌反応を認めた。
しかし、GLP-1 と GIP の分泌効果は経口投与が有意に上昇していた。
原因として、投与量を同じにしたが、血中濃度が一致した時点がなかったことが考えられた。そこで Fig3 では120分間 の iAUC を計算し、一般的な血清 BCAA 濃度で調整した。 血清 BCAA 濃度が同じ時では経口投与の方が、よりインスリン分泌反応を促進する。
したがって、BCAA のインスリン分泌効果は部分的にインクレチン依存症であると結論づけた。
Category:
食事療法
2017年06月03日(土) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Effect of Current Dietary Recommendations on Weight Loss and Cardiovascular Risk Factors.
Author:
Jenkins DJA
DATA:
J Am Coll Cardiol. 2017 Mar 7;69(9):1103-1112. doi: 10.1016/j.jacc.2016.10.089.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28254171
Discussion:
食事ガイドの配布だけでも体重と福井は有意に低下する。
それに食品提供や助言を加えると果物・野菜・全粒穀物の摂取量は増えるが、体重と腹囲への追加の効果は低かった。
Category:
食事療法