モーニングレクチャー
食事療法
2017年09月12日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Pharmacological Approaches in the Treatment and Maintenance of Weight Loss.
Author:
Van Gaal L
DATA:
Diabetes Care. 2016 Aug;39 Suppl 2:S260-7. doi: 10.2337/dcS15-3016.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27440841
Discussion:
体重減少のメリットは反論できず、体重減少を促すためのライフスタイルの介入は依然として肥満治療の基礎になっているが、患者の大部分は10 ㎏ の減量目標および維持を達成できていない。明らかに、体重減少のパラダイムの変化が必要であり、薬物療法を価値のあるものと考えられる。いくつか薬物が現在承認されており、有効性と安全性、特に心血管安全性に関する長期的なデータにより安全は保証されている。医療従事者は、肥満関連疾患の管理における薬物療法の体重効果を考慮し、患者生活スタイルに応じた薬を考慮する必要がある。
2017年09月08日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Association of Changes in Diet Quality with Total and Cause-Specific Mortality.
Author:
Sotos-Prieto M
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 13;377(2):143-153. doi: 10.1056/NEJMoa1613502.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28700845
Discussion:
12 年間の中での食生活の改善は、その後の12 年間の致死率を減少する。
Category:
食事療法
2017年08月25日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Changes in Diet Quality with Total and Cause-Specific Mortality.
Author:
Sotos-Prieto M
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 13;377(2):143-153. doi: 10.1056/NEJMoa1613502.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28700845
Discussion:
食生活の改善で、死亡リスクは低下することが出来る。
2017年08月23日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Cooking Methods for Red Meats and Risk of Type 2 Diabetes: A Prospective Study of U.S. Women.
Author:
Liu G
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1041-1049. doi: 10.2337/dc17-0204. Epub 2017 Jun 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28611054
Discussion:
アメリカ人女性の赤身肉を定期的に摂取する女性において、赤身肉の摂取とは独立して、高温加熱、オープンフレームの調理法( broiling and barbequing )は2型糖尿病のリスクとなりうる。
2017年07月04日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of diet-induced weight loss on lipoprotein(a) levels in obese individuals with and without type 2 diabetes.
Author:
Berk KA
DATA:
Diabetologia. 2017 Jun;60(6):989-997. doi: 10.1007/s00125-017-4246-y. Epub 2017 Apr 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28386638
Discussion:
食事による体重減少は2型糖尿病の有無に関わらずリポタンパク質(a)は有意に上昇したが、肥満手術を受けた患者では有意に増加しなかった。
これは、食事による体重減少が心機能を低下させる可能性がある。
今後はリポタンパク質(a)低下剤を内服し、肥満患者の CVD が改善するか追跡調査が必要である。