モーニングレクチャー
2型糖尿病
2019年08月07日(水) 担当:髙木 聡(助教)
Reference:
Title:
Frequency of self-monitoring of blood glucose in relation to weight loss and A1C during intensive multidisciplinary weight management in patients with type 2 diabetes and obesity.
Author:
Tomah S
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2019 Jul 29;7(1):e000659. doi: 10.1136/bmjdrc-2019-000659. eCollection 2019.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31413841
Discussion:
12 週間の集中的な集学的体重管理プログラムにおいて、より頻回に SMBG を施工した肥満 2 型糖尿病患者は、より良好な体重減少やより大きな HbA1c 低下を達成した。 
Category:
2型糖尿病肥満
2019年07月25日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Using Real-World Data to Predict Findings of an Ongoing Phase IV Cardiovascular Outcome Trial: Cardiovascular Safety of Linagliptin Versus Glimepiride.
Author:
Patorno E
DATA:
Diabetes Care. 2019 Jun 25. pii: dc190069. doi: 10.2337/dc19-0069. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31239281
Discussion:

心血管病発症をアウトカムとしたreal-world dataを用いた非ランダム化比較試験(コホート研究)において,グリメピリドに対するリナグリプチンの優越性は認めなかった.現在,論文化に至っていないが,同アウトカムに対するリナグリプチンとグリメピリドを比較した大規模ランダム化比較試験CAROLINA Trial(79th Scientific Sessions American Diabetes Associationで結果発表およびプレスリリース http://www.diabetes.org/newsroom/press-releases/2019/linagliptin-and-glimepiride.html)においても結果は同様であった.これらの結果は,「以前より懸念されていたスルホニル尿素薬の心血管病発症に対する影響」について再考する必要があることを示唆している.

2019年07月13日(土) 担当:鈴木 智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Role of Vitamin E for Nonalcoholic Steatohepatitis in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized Controlled Trial
Author:
Fernando Bril
DATA:
Diabetes Care 2019 May; dc190167.doi.org/10.2337/dc19-0167
Abstract:
https://care.diabetesjournals.org/content/early/2019/05/10/dc19-0167
Discussion:
2 型糖尿病患者における NSAH に対するビタミン E 単独での使用は、NASH の有意な改善とは関連がなかった。
2019年07月11日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Intensive Glucose Control in Patients with Type 2 Diabees - 15-Year Follow-up.
Author:
Reaven PD
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jun 6;380(23):2215-2224. doi: 10.1056/NEJMoa1806802.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31167051
Discussion:
VADT で中央値5.6年間 厳格治療群に割り当てられた2型糖尿病の参加者は、その後の経過観察でHbA1c に差があった期間にのみ標準治療群より心血管イベントのリスクが低かったが、15年のフォローアップでは厳格な血糖コントロールによるレガシー効果または死亡率改善のエビデンスは認められなかった。
2019年07月09日(火) 担当:菅野宙子(中央検査部・助教)
Reference:
Title:
Real-World Data in Support of Short Sleep Duration with Poor Glycemic Control, in People with Type 2 Diabetes Mellitus.
Author:
Martorina W
DATA:
J Diabetes Res. 2019 May 21;2019:6297162. doi: 10.1155/2019/6297162. eCollection 2019.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31249843
Discussion:
2型糖尿病外来患者140名の睡眠時間と血糖コントロールの関連について、既知の交絡因子について検討した横断研究。
HbA1c レベルが高いほど< 6時間の短時間睡眠型と、睡眠の質、高頻度の夜間尿、朝方の睡眠が>8時間以上の長時間睡眠型と、相関が強かった。

Category:
2型糖尿病その他
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ