モーニングレクチャー
2型糖尿病
2019年10月05日(土) 担当:森 友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Dialysis modality-related disparities in sudden cardiac death: hemodialysis versus peritoneal dialysis.
Author:
Jung HY
DATA:
Kidney Res Clin Pract. 2019 Sep 25. doi: 10.23876/j.krcp.19.034. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31554026
Discussion:
PD の患者と比較して HD の患者で SCD 発生率は高く、総死亡の 22.2 % であった。死亡時年齢、心臓の併存疾患(高血圧、冠動脈疾患、うっ血性心不全)は HD の患者のみ SCD と関連を認めた。
糖尿病の患者は透析方法に関係なく、SCD を起こす確率は高かった。
2019年09月20日(金) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Use of sodium glucose cotransporter 2 inhibitors and risk of major cardiovascular events and heart failure: Scandinavian register based cohort study.
Author:
Pasternak B
DATA:
BMJ. 2019 Aug 29;366:l4772. doi: 10.1136/bmj.l4772.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31467044
Discussion:
スカンジナビア3カ国の2型糖尿病患者を対象とした,傾向スコアマッチングのコホート研究である.SGLT2阻害薬はDPP4阻害薬と比較し,心不全と総死亡のリスクを有意に減少させたが、心血管イベントは両薬剤間に差がなかった.
2019年09月13日(金) 担当:久保田 諒(後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetes Increases Risk of Gastric Cancer After Helicobacter pylori Eradication: A Territory-Wide Study With Propensity Score Analysis.
Author:
Cheung KS
DATA:
Diabetes Care. 2019 Sep;42(9):1769-1775. doi: 10.2337/dc19-0437. Epub 2019 Jul 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31296646
Discussion:
2 型糖尿病は H.pylori 除菌後の患者において、血糖コントロール不良、メトホルミンを使用していない患者で胃癌発症のリスク因子となる可能性がある。
2019年09月12日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Efficacy and Safety of Esaxerenone (CS-3150) for the Treatment of Type 2 Diabetes with Microalbuminuria: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Phase II Trial.
Author:
Ito S
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2019 Aug 7;14(8):1161-1172. doi: 10.2215/CJN.14751218. Epub 2019 Jun 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31248950
Discussion:
最大容量のARBまたはACE阻害薬投与中の微量アルブミン尿を有する2型糖尿病患者に対する,エサキセレノンの用量依存性のアルブミン尿減少効果が実証された.その効果・安全性の面から,2.5mg/日が適量であるかもしれない.
2019年09月10日(火) 担当:小林 浩子(講師)
Reference:
Title:
Sodium-Glucose Cotransporter-2 Inhibitors and the Risk for Severe Urinary Tract Infections: A Population-Based Cohort Study.
Author:
Dave CV
DATA:
Ann Intern Med. 2019 Jul 30. doi: 10.7326/M18-3136. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31357213
Discussion:
実臨床において、SGLT2 阻害薬はDPP-4 阻害薬および GLP-1 アナログ製剤と比し、重症尿路感染症、および外来加療が可能な尿路感染症のリスクを増加させない。その点については安心して使用できる薬剤である。

カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ