モーニングレクチャー
2型糖尿病
2018年12月26日(水) 担当:柏木英人(後期研修医・脳神経内科)
Reference:
Title:
Severe hypoglycaemia, mild cognitive impairment, dementia and brain volumes in older adults with type 2 diabetes: the Atherosclerosis Risk in Communities (ARIC) cohort study.
Author:
Lee AK
DATA:
Diabetologia. 2018 Sep;61(9):1956-1965. doi: 10.1007/s00125-018-4668-1. Epub 2018 Jun 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29961106
Discussion:
  • 重症低血糖と認知症および脳容積の低下が関連することがわかった。
  • 高リスクの高齢糖尿病患者に対して適切な糖尿病治療を行う必要があることが示唆された。
Category:
2型糖尿病
2018年12月20日(木) 担当:花井豪(講師)
Reference:
Title:
Long-Term Effects of Intensive Glycemic and Blood Pressure Control and Fenofibrate Use on Kidney Outcomes.
Author:
Mottl AK
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2018 Nov 7;13(11):1693-1702. doi: 10.2215/CJN.06200518. Epub 2018 Oct 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30361335
Discussion:
腎症がない・あるいは比較的軽度の腎症に留まっている2型糖尿病患者を対象とた,ACCORD and ACCORDION trialにおいて,HbA1c 6.0%未満という極めて厳格な血糖コントロールは顕性アルブミン尿への進展抑制に対しbenefitを有する.一方,収縮期血圧を120 mmHg未満まで低下させること,およびフィブラート使用は,クレアチニン倍化という著しい腎機能低下を来たすリスクがある.
2018年12月19日(水) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Afternoon exercise is more efficacious than morning exercise at improving blood glucose levels in individuals with type 2 diabetes: a randomised crossover trial.
Author:
Savikj M
DATA:
Diabetologia. 2018 Nov 13. doi: 10.1007/s00125-018-4767-z. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30426166
Discussion:
2型糖尿病患者において、午前中よりも午後に運動をおこなうことで、より大きな血糖改善効果が得られた。
2018年12月10日(月) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Dapagliflozin and Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes.
Author:
Wiviott SD
DATA:
N Engl J Med. 2018 Nov 10. doi: 10.1056/NEJMoa1812389. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415602
Discussion:
DECLARE-TIMI58試験は,SGLT2阻害薬を用いた3番目の心血管アウトカム試験(CVOT)である.主要評価項目である複合心血管イベント(3P-MACE)に対しては非劣勢を示すに留まり,有意な優越性は認められなかった.もう1つの有効性評価項目である心不全入院+心血管死亡,さらに腎イベントは有意に減少した.
2018年12月08日(土) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Tryptophan as a surrogate prognostic marker for diabetic nephropathy.
Author:
Chou CA
DATA:
J Diabetes Investig. 2018 Mar;9(2):366-374. doi: 10.1111/jdi.12707. Epub 2017 Aug 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28646618
Discussion:
血清トリプトファン濃度の低値、特に 44.20 μmol / L 未満は、eGFR の急激な低下と有意に関連し、血清トリプトファン濃度は糖尿病性腎症の進行を予測するマーカーとなる可能性が示唆された。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ