モーニングレクチャー

2019年05月

2019年05月30日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Risk Factors Associated With Atrioventricular Block.
Author:
Kerola T
DATA:
JAMA Netw Open. 2019 May 3;2(5):e194176. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.4176.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31125096
Discussion:

房室(AV)ブロックは、器質的な心疾患以外に、収縮期血圧上昇と空腹時血糖値上昇という測定が容易で改善可能な危険因子強い関連があった。

この2つの因子は、コミュニティベースの人口におけるすべてのAVブロックの50%以上に関わっている。 高血圧の効果的な治療および正常な血糖値の維持は、AVブロックを予防するのに有用な戦略であり得る。
2019年05月29日(水) 担当:益子 遼(初期研修医)
Reference:
Title:
A Mendelian Randomization Study of Circulating Uric Acid and Type 2 Diabetes.
Author:
Sluijs I
DATA:
Diabetes. 2015 Aug;64(8):3028-36. doi: 10.2337/db14-0742. Epub 2015 Apr 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25918230
Discussion:
尿酸は糖尿病発症リスクと関連は認めなかった。
Category:
2型糖尿病
2019年05月28日(火) 担当:堀場 悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Clinical Manifestations of Kidney Disease Among US Adults With Diabetes, 1988-2014.
Author:
Afkarian M
DATA:
JAMA. 2016 Aug 9;316(6):602-10. doi: 10.1001/jama.2016.10924.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27532915
Discussion:
1988 - 2014 年の米国成人糖尿病患者において、DKD の有病率は各年代間で有意な差は認めなかったが、アルブミン尿の有病率は降下し、eGFR 低下の有病率は上昇していた。
Category:
腎症・高血圧
2019年05月27日(月) 担当:石川 邦裕(後期研修医)
Reference:
Title:
The Efficacy of Sodium-Glucose Cotransporter 2 (SGLT2) inhibitors for the treatment of chronic diabetic macular oedema in vitrectomised eyes: a retrospective study.
Author:
Mieno H
DATA:
BMJ Open Ophthalmol. 2018 Jul 23;3(1):e000130. doi: 10.1136/bmjophth-2017-000130. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30123844
Discussion:

SGLT 2 阻害剤は、遷延性の糖尿病黄斑浮腫に対し有効である可能性がある。

Category:
眼合併症
2019年05月23日(木) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: