モーニングレクチャー

2018年10月

2018年10月19日(金) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Glycemic Control in Hospitalized Patients with Diabetes Receiving Corticosteroids Using a Neutral Protamine Hagedorn Insulin Protocol: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Khowaja A
DATA:
Send to Diabetes Ther. 2018 Aug;9(4):1647-1655. doi: 10.1007/s13300-018-0468-3. Epub 2018 Jun 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=29961246
Discussion:
ステロイド使用中の糖尿病患者で、NPHインスリンは血糖コントロールを改善させる。
Category:
無作為比較試験
2018年10月18日(木) 担当:金箱勇太郎(前期研修医)
Reference:
Title:
Identical and Nonidentical Twins: Risk and Factors Involved in Development of Islet Autoimmunity and Type 1 Diabetes.
Author:
Triolo TM
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jul 30. pii: dc180288. doi: 10.2337/dc18-0288. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30061316
Discussion:
  • 今回の研究では自己抗体の発現には年齢、男性性別、および遺伝的要因が有意な因子であった。今回の解析では子宮内環境は有意な因子ではなかった。
  • 3 年間の追跡期間で複数の自己抗体陽性の一卵性双生児、二卵性双生児、単一の自己抗体陽性の一卵性双生児は 1 型糖尿病発症のリスクが高かった。
2018年10月17日(水) 担当:田内恵理子(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
CKD Self-management: Phenotypes and Associations With Clinical Outcomes.
Author:
Schrauben SJ
DATA:
Am J Kidney Dis. 2018 Sep;72(3):360-370. doi: 10.1053/j.ajkd.2018.01.047. Epub 2018 Mar 24.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29580660
Discussion:
CKD 患者の自己管理行動を Phenotype に分類することにより、臨床アウトカムのリスクを層別化できる可能性が示唆された。
2018年10月16日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Association Between Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors and Lower Extremity Amputation Among Patients With Type 2 Diabetes.
Author:
Chang HY
DATA:
JAMA Intern Med. 2018 Sep 1;178(9):1190-1198. doi: 10.1001/jamainternmed.2018.3034.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30105373
Discussion:
SGLT2 阻害薬の使用は、他の経口血糖降下薬( SU 剤・メトホルミン・チアゾリジン )と比較すると下肢切断増加のリスクと関連している可能性がある。今後、追跡期間の延長・サンプルサイズ増加のうえ、さらなる追跡研究が必要である。
2018年10月15日(月) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Efficacy and safety of semaglutide compared with liraglutide and placebo for weight loss in patients with obesity: a randomised, double-blind, placebo and active controlled, dose-ranging, phase 2 trial.
Author:
O'Neil PM
DATA:
Lancet. 2018 Aug 25;392(10148):637-649. doi: 10.1016/S0140-6736(18)31773-2. Epub 2018 Aug 16.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30122305
Discussion:
食事・運動療法下での 52 週に渡るセマグルチド投与の忍容性は良好であり、プラセボと比較してすべてのドーズで臨床的妥当性のある体重減少を示した。
Category:
肥満
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ