モーニングレクチャー

2018年10月

2018年10月17日(水) 担当:田内恵理子(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
CKD Self-management: Phenotypes and Associations With Clinical Outcomes.
Author:
Schrauben SJ
DATA:
Am J Kidney Dis. 2018 Sep;72(3):360-370. doi: 10.1053/j.ajkd.2018.01.047. Epub 2018 Mar 24.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29580660
Discussion:
CKD 患者の自己管理行動を Phenotype に分類することにより、臨床アウトカムのリスクを層別化できる可能性が示唆された。
2018年10月15日(月) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Efficacy and safety of semaglutide compared with liraglutide and placebo for weight loss in patients with obesity: a randomised, double-blind, placebo and active controlled, dose-ranging, phase 2 trial.
Author:
O'Neil PM
DATA:
Lancet. 2018 Aug 25;392(10148):637-649. doi: 10.1016/S0140-6736(18)31773-2. Epub 2018 Aug 16.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30122305
Discussion:
食事・運動療法下での 52 週に渡るセマグルチド投与の忍容性は良好であり、プラセボと比較してすべてのドーズで臨床的妥当性のある体重減少を示した。
Category:
肥満
2018年10月11日(木) 担当:吉田直史(助教)
Reference:
Title:
Effect of canagliflozin on nocturnal home blood pressure in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: The SHIFT-J study.
Author:
Kario K
DATA:
J Clin Hypertens (Greenwich). 2018 Oct;20(10):1527-1535. doi: 10.1111/jch.13367. Epub 2018 Sep 23.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30246286
Discussion:
家庭血圧をコントロールし、循環パラメーターを改善する SGLT2 阻害薬は、心不全における心保護効果に寄与する可能性がある。
2018年10月10日(水) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年10月08日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: