モーニングレクチャー

2018年02月

2018年02月22日(木) 担当:岩﨑直子(准教授)
Reference:
Title:
Night Shift Work, Genetic Risk, and Type 2 Diabetes in the UK Biobank.
Author:
Vetter C
DATA:
Diabetes Care. 2018 Feb 12. pii: dc171933. doi: 10.2337/dc17-1933. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29440150
Discussion:

夜間勤務が2型糖尿病(T2D)と関連する事が示されている。目的は勤務形態とT2Dの遺伝素因のT2D発症への関連を明らかにすること。対象はバイオバンクに登録された27万人の英国在住者。この集団では、夜勤(特に不規則な夜間勤務)がT2Dリスクと関連しており、また、T2Dと遺伝リスク(GRS)はマッチした。夜勤はGRST2D発症効果を修飾しなかった。勤務形態への配慮はT2Dのリスク減少に効果があると考えられるが、遺伝リスクを変化させるには至らなかった。Limitationは食事の内容や時間が用いられていないこと、横断研究であること。


Category:
その他
2018年02月21日(水) 担当:吉田直史(助教)
Reference:
Title:
Effects of the sodium-glucose co-transporter 2 inhibitor dapagliflozin in patients with type 2 diabetes and Stages 3b-4 chronic kidney disease.
Author:
Dekkers CCJ
DATA:
Nephrol Dial Transplant. 2018 Jan 23. doi: 10.1093/ndt/gfx350. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29370424
Discussion:
ダパグリフロジンは CKD3b - 4 期の 2 型糖尿病患者において HbA1c を減少させなかった。しかし、大きな副作用なく、ACR、血圧および体重を減少させた。
2018年02月20日(火) 担当:森友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Islet Interleukin-1β Immunoreactivity Is an Early Feature of Cystic Fibrosis That May Contribute to β-Cell Failure.
Author:
Hull RL
DATA:
Diabetes Care. 2018 Feb 1. pii: dc171387. doi: 10.2337/dc17-1387. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29437698
Discussion:
・CFRD 群の約 90 %、CF-no DM 群の 50 % 以上で IL-1β 陽性を認めた。
・CF-no DM 群の 10 歳 被験者 6 人に限定しても同様の結果であった。
・ IL-1β 関連のバイオマーカ―の開発は CF 患者における糖尿病発症を予防する上で重要な役割を果たす可能性が示唆された。
Category:
その他
2018年02月19日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年02月17日(土) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ