モーニングレクチャー

2018年02月

2018年02月16日(金) 担当:保科早里(助教)
Reference:
Title:
Dulaglutide Treatment Results in Effective Glycemic Control in Latent Autoimmune Diabetes in Adults (LADA): A Post-Hoc Analysis of the AWARD-2, -4, and -5 Trials.
Author:
Pozzilli P
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2018 Jan 27. doi: 10.1111/dom.13237. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29377522
Discussion:
LADA にデュラグルチドを投与した際の血糖コントロール変化を 1 年間調査し、T2DM と比較検討する。インスリン分泌がある程度保持されている LADA であれば、T2DM と同様に少なくとも 1 年間は HbA1c を低下させ、HOMA-β も増加させた。GAD 抗体が 200 IU / ml 以上の高抗体価の場合は、低抗体価群に比べて HbA1c の低下がやや少なかった(有意差なし)。また、シタグリプチンに比べるとデュラグルチド併用群の方が HbA1c は有意に低下した。
Category:
1型糖尿病
2018年02月13日(火) 担当:宮川紗貴子(前期研修医)
Reference:
Title:
Effects of Once-Weekly Exenatide on Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes.
Author:
Holman RR
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1228-1239. doi: 10.1056/NEJMoa1612917. Epub 2017 Sep 14.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28910237
Discussion:
心血管リスクにおける 2 型糖尿病患者へのエキセナチドの投与は、主要有害心血管イベントのリスクを増加させないと推測される。
Category:
2型糖尿病
2018年02月12日(月) 担当:
Reference:
Title:
祝日の為ありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年02月08日(木) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Serum creatinine elevation after renin-angiotensin system blockade and long term cardiorenal risks: cohort study.
Author:
Schmidt M
DATA:
BMJ. 2017 Mar 9;356:j791. doi: 10.1136/bmj.j791.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28279964
Discussion:
イギリスで行われた 12 万人以上の高血圧患者を対象としたコホート研究の結果、RA 系阻害薬開始後の血清クレアチニン上昇が 30 %以内に留まっても、クレアチニンが上昇しない場合に比べ、末期腎不全、心筋梗塞、心不全、さらには死亡に対するリスクが増加となりうることが明らかにされた。
2018年02月07日(水) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: