モーニングレクチャー

2017年01月

2017年01月31日(火) 担当:宮内美貴子(前期研修医)
Reference:
Title:
Lifetime Duration of Depressive Disorders in Patients With Type 2 Diabetes.
Author:
de Groot M
DATA:
Diabetes Care. 2016 Dec;39(12):2174-2181. Epub 2016 Oct 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27729427
Discussion:
T2DM患者では、一般人口に比べうつ病エピソード罹患期間が長い傾向にある。
T2DM患者において適切な診断・治療を行うため、更なる研究が必要。
Category:
2017年01月30日(月) 担当:加藤正和(前期研修医)
Reference:
Title:
Management of Diabetes in Pregnancy.
Author:
American Diabetes Association.
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jan;40(Suppl 1):S114-S119.
Abstract:
http://care.diabetesjournals.org/content/40/Supplement_1/S114.long
Discussion:
米国では妊婦の糖尿病が増加している。肥満と関連してT2DMとGDMは増加している。
ADAとしての提言がいくつか述べている。
奇形などのリスクを減らすため、妊娠可能な女性の妊娠前からの教育、血糖のコントロールが重要である。
特に初期の10週間は大切で、HbA1cで6.5%以下であることが種々のリスクを減少させる。
日本では7.0%以下を目標に妊娠許可を出すが、理想は6.0-6.5%にしておくことが良いとADAでは提言している。低血糖発作が頻発する人では7.0%も良しとする。
米国では日本と異なり、医療費の問題もあり、妊娠中でも血糖降下薬を使用するが、長期間(子孫)での影響はわかっていない。
また、網膜症が進行しないかどうか、妊娠初期、中期、後期、分娩後1年でフォローをすることが必要である。
Category:
2017年01月28日(土) 担当:近藤有一郎(後期研修医)
Reference:
Title:
Long-term Mortality and End-Stage Renal Disease in a Type 1 Diabetes Population Diagnosed at Age 15-29 Years in Norway.
Author:
Gagnum V
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jan;40(1):38-45. doi: 10.2337/dc16-1213. Epub 2016 Oct 21.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27797927
Discussion:
・ESRD累積発症率は20年のフォローアップで1型糖尿病としては4.6%と低かった。
・死亡率は一般人に比べ4.4倍であった。
・すべての死亡の50%以上が急性もしくは慢性の合併症であった。
・死亡のうち、比較的高い比率(全死亡者の15%)でアルコールとの関連が見られた。
Category:
2017年01月27日(金) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Diabetes Device Use in Adults With Type 1 Diabetes: Barriers to Uptake and Potential Intervention Targets.
Author:
Tanenbaum ML
DATA:
Diabetes Care. 2017 Feb;40(2):181-187. doi: 10.2337/dc16-1536. Epub 2016 Nov 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27899489
Discussion:
デバイスを普及させるにはコスト面のみならず身体への装着のしやすさ(手技、大きさ、部位、外見)
若い人(18~25才)での普及が低い。DMのストレス大
HbA1c高い→どうすすめていくかが課題

Category:
2017年01月26日(木) 担当:松井優子(前期研修医)
Reference:
Title:
Impact of Diabetes Mellitus on Hospitalization for Heart Failure, Cardiovascular Events, and Death: Outcomes at 4 Years From the Reduction of Atherothrombosis for Continued Health (REACH) Registry.
Author:
Cavender MA
DATA:
Circulation. 2015 Sep 8;132(10):923-31. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.114.014796. Epub 2015 Jul 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26152709
Discussion:
糖尿病は死亡、虚血疾患、心不全のリスクを増加させる。心不全をベースに合併していると、更にそのリスクは増す。
Category: