モーニングレクチャー

2016年11月

2016年11月30日(水) 担当:神原美沙(後期研修医)
Reference:
Title:
Seasonality of gestational diabetes mellitus: a South Australian population study.
Author:
Verburg PE
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2016 Oct 18;4(1):e000286. eCollection 2016.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27843556
Discussion:
受胎月によって(季節によって)GDMのなりやすさが異なる。
受胎日 冬→GDM多
      夏→GDM少

limitation
 ・BMI不明群 35.6%(除外)
 ・死産の除外

*関与するかもしれない項目:気象状況
                  母体のライフスタイル(運動量)
                    ↑血漿 VitD量
Category:
2016年11月29日(火) 担当:西脇唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Evaluation of computed tomography in patients with atypical angina or chest pain clinically referred for invasive coronary angiography: randomised controlled trial.
Author:
Dewey M
DATA:
BMJ. 2016 Oct 24;355:i5441. doi: 10.1136/bmj.i5441.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27777234
Discussion:
CTCAは非特異的な胸痛、狭心症所見を呈する症例でCAGに先行して行うことで、CAGの検査後確率を5倍に上昇させ、かつ重篤な合併症を上昇させなかった。
CTCAはCAGを考慮する症例におけるgate keeperとして有用である。
Category:
2016年11月28日(月) 担当:福嶋はるみ(講師)
Reference:
Title:
Association between OCT-based microangiography perfusion indices and diabetic retinopathy severity.
Author:
Lin AD
DATA:
Br J Ophthalmol. 2016 Nov 15. pii: bjophthalmol-2016-309514. doi: 10.1136/bjophthalmol-2016-309514. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27852582
Discussion:

OCTアンギオグラフィーで算出される灌流指標(PI)と糖尿病網膜症の重症度には、負の相関が認められた。PIは、糖尿病網膜症の診断や治療の biomarkerとして有用である可能性がある。

Category:
2016年11月26日(土) 担当:保科早里(助教)
Reference:
Title:
Home Use of Day-and-Night Hybrid Closed-Loop Insulin Delivery in Suboptimally Controlled Adolescents With Type 1 Diabetes: A 3-Week, Free-Living, Randomized Crossover Trial.
Author:
Tauschmann M
DATA:
Diabetes Care. 2016 Sep 9. pii: dc161094. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27612500
Discussion:
青年期1型糖尿病患者におけるhybrid closed loop systemの安全性、有効性を日常生活下で評価、SAP療法と比較検討した。
closed loopを21日間使用した検討ではSAP療法に比べ、血糖70-180mg/dl内の割合平均血糖は有意に改善した。また、患者の高い満足度が得られる治療であった。一方で、ボーラス回数が減っており、食事や間食時のボーラス投与に対するアドヒアランス低下が懸念されるため注意を要する。
Category:
2016年11月25日(金) 担当:杉本哲理(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk Factors and Incidence of Macular Edema after Cataract Surgery: A Database Study of 81984 Eyes.
Author:
Chu CJ
DATA:
Ophthalmology. 2016 Feb;123(2):316-23. doi: 10.1016/j.ophtha.2015.10.001. Epub 2015 Dec 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26681390
Discussion:
白内障手術黄斑浮腫の発症率1.17%
発症率の上昇は、高齢者、男性、破のう、硝子体脱出、黄斑上膜、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、糖尿病4.04%、糖尿病網膜症10.34%で見られた。
Category: