モーニングレクチャー

2016年10月

2016年10月19日(水) 担当:小田友里(後期研修医)
Reference:
Title:
Comparison of five systems of classification of diabetic foot ulcers and predictive factors for amputation.
Author:
Jeon BJ
DATA:
Int Wound J. 2016 Oct 10. doi: 10.1111/iwj.12642. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27723246
Discussion:
今まで糖尿病性足潰瘍の切断リスク因子としては、男性・脳梗塞や心筋梗塞の合併・高血圧・PAD・神経障害・腎障害・糖尿病罹病期間などが言われてきたが、一定した見解は得られていなかった。本研究では足潰瘍の既往・高血圧・糖尿病の罹病期間・高血圧の罹病期間・神経障害・Hb・CRP・PADが治癒群と切断群で有意差があった。
5つの糖尿病性足潰瘍の分類方法はいずれも下肢切断と高い正の相関を示していた。ワグナー分類とテキサス大学分類の深達度項目(ワグナー分類と類似)が陽性的中率・陰性的中率・正診率ともに高値であり、AUCも高値であることから、ワグナー分類もしくはテキサス大学分類がシンプルで使用しやすいのではないか。
Category:
2016年10月18日(火) 担当:髙木聡(後期研修医)
Reference:
Title:
Oral AGE restriction ameliorates insulin resistance in obese individuals with the metabolic syndrome: a randomised controlled trial.
Author:
Vlassara H
DATA:
Diabetologia. 2016 Oct;59(10):2181-92. doi: 10.1007/s00125-016-4053-x. Epub 2016 Jul 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27468708
Discussion:
低AGE食はメタボリック症候群のある肥満者のインスリン抵抗性に効果がある。
Category:
2016年10月14日(金) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Insulin Resistance and Glycemic Metabolic Abnormalities With LV Structure and Function in Middle Age: The CARDIA Study.
Author:
Kishi S
DATA:
JACC Cardiovasc Imaging. 2016 Aug 11. pii: S1936-878X(16)30459-4. doi: 10.1016/j.jcmg.2016.02.033. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27544896
Discussion:
若年成人期より糖尿病が存在し、罹患期間が長いこと、またインスリン抵抗性高値であることは、中年期において左室リモデリングをきたし、左室機能を低下させるリスクにになる。さらには、将来の心血管病、心不全の発生率、死亡率が高まると考えられる。
Category:
2016年10月13日(木) 担当:田内恵理子(後期研修医)
Reference:
Title:
Serum adiponectin and protein-energy wasting in predialysis chronic kidney disease.
Author:
Hyun YY
DATA:
Nutrition. 2016 Jul 30. pii: S0899-9007(16)30132-0. doi: 10.1016/j.nut.2016.06.014. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27692989
Discussion:
保存期のCKD患者において血清アディポネクチン濃度とPEWの関連を調べたところ、血清アディポネクチン濃度が高いことは、PEWと関連していた。
PEWの指標の中で、血清アディポネクチン濃度は筋肉量の間接的な測定としての尿中Crと強く関連していた。
Category:
2016年10月12日(水) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
A multicenter, 12-month randomized study comparing dexamethasone intravitreal implant with ranibizumab in patients with diabetic macular edema.
Author:
Callanan DG
DATA:
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2016 Sep 8. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27632215
Discussion:
・DEX implantとranibizumabは、DMEの治療効果があり、BCVAとDMEの解剖学的形態を変化させた。
・DEX群はranibizumab群に比べ、12ヶ月後の平均BCVA変化に差はなかった。
・患者1人あたりDEX implant2.85回とranibizumab注射8.70回では治療効果に差はなかった。
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ