モーニングレクチャー

2016年07月

2016年07月30日(土) 担当:福嶋はるみ(講師)
Reference:
Title:
Evaluating digital diabetic retinopathy screening in people aged 90 years and over.
Author:
Tye A
DATA:
Eye (Lond). 2015 Nov;29(11):1442-5. doi: 10.1038/eye.2015.130. Epub 2015 Jul 17.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26183285
Discussion:

英国の国営医療制度NHS (National Health Service)は糖尿病患者に対して、年に一度の眼底スクリーニングプログラムを義務付けている。しかし今回の検討で、90歳以上の超高齢者において、視力を脅かす重症糖尿病網膜症がスクリーニングで発見された例はなかった。超高齢者には、ルーチンのスクリーニングは不要かもしれない。

 

Category:
2016年07月29日(金) 担当:望月翔太(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Iron Deficiency Anemia on Glycated Hemoglobin and Glycated Albumin Levels in Non-Diabetic Patients:Role of Malondiadehyde.
Author:
DATA:
Life Science Journal 2016.4.25
Abstract:
Discussion:
IDAではHbA1Cは正確な血糖コントロールマーカーとはならず、GAの方がより優れている。IDAのDM診断には注意が必要でMDAの評価が参考になるかもしれない。
Category:
2016年07月28日(木) 担当:中野(前期研修医)
Reference:
Title:
Association Between Diabetes and Hippocampal Atrophy in Elderly Japanese: The Hisayama Study.
Author:
Hirabayashi N
DATA:
Diabetes Care. 2016 Jul 6. pii: dc152800.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27385328
Discussion:
糖尿病の長期間の羅病と2h-PG高値は海馬の萎縮と関係がある。
Category:
2016年07月27日(水) 担当:菊地俊介(後期研修医)
Reference:
Title:
Seasonal Changes in the Prevalence of Gestational Diabetes Mellitus.
Author:
Moses RG
DATA:
Diabetes Care. 2016 Jul;39(7):1218-21. doi: 10.2337/dc16-0451. Epub 2016 May 10.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27208334
Discussion:
GTT 1h.2h値は気温に影響される。気温が高い程、静脈血の血糖値は高く出やすい為、夏場はGDMが過剰診断されやすい。
Category:
2016年07月26日(火) 担当:吉田宣子(後期研修医)
Reference:
Title:
Alcohol and Immediate Risk of Cardiovascular Events: A Systematic Review and Dose-Response Meta-Analysis.
Author:
Mostofsky E
DATA:
Circulation. 2016 Mar 8;133(10):979-87. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.115.019743.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26936862
Discussion:
適度な飲酒は飲酒食後の心筋梗塞発症リスクを減少させるが、多量ではリスクが増大する。
Category: