モーニングレクチャー

2016年02月

2016年02月29日(月) 担当:藤巻(前期研修医)
Reference:
Title:
Sugar-Sweetened Beverage Consumption Is Associated With Change of Visceral Adipose Tissue Over 6 Years of Follow-Up.
Author:
Ma J
DATA:
Circulation. 2016 Jan 26;133(4):370-7. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.115.018704. Epub 2016 Jan 11.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26755505
Discussion:
日常的なSSB摂取量は中高年の成人集団におけるVATの有害な量的室的変化と関連、しかし
ダイエットソーダの摂取量ではこのような関連ない⇒SSB摂取の制限は心血管疾患の予防に有益な可能性。
Category:
2016年02月27日(土) 担当:笠間(前期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Diabetes and Glycemic Control on Ischemic Stroke Risk in AF Patients: ATRIA Study.
Author:
Ashburner JM
DATA:
J Am Coll Cardiol. 2016 Jan 26;67(3):239-47. doi: 10.1016/j.jacc.2015.10.080.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26796386
Discussion:
AFを持つ糖尿病患者において羅病期間が長いことは脳卒中の発症率の上昇に関係しており、一方でHbA1c値の上昇は脳卒中の発症率の上昇に明らかには関係しなかった。
Category:
2016年02月26日(金) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Forefoot ulcer risk is associated with foot type in patients with diabetes and neuropathy.
Author:
Molines-Barroso RJ
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2016 Jan 14. pii: S0168-8227(16)00057-7. doi: 10.1016/j.diabres.2016.01.008.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26810268
Discussion:
神経障害を合併した糖尿病患者において、回内足は前足部の足潰瘍のリスク因子であり、足の形態学的評価は潰瘍のリスク因子を予測する上で行うべきである。
Category:
2016年02月25日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
The HLA-DRB1*15:01-DQA1*01:02-DQB1*06:02 haplotype protects autoantibody-positive relatives from type 1 diabetes throughout the stages of disease progression.
Author:
Pugliese A
DATA:
Diabetes. 2016 Jan 28. pii: db151105.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26822082
Discussion:

HLA-DRB1*15:01-DQA1*01:02-DQB1*06:02 ハプロタイプは、免疫機構に作用し自己抗体を作りにくくし、内因性インスリン分泌を保持することで新規1型糖尿病発症に保護的に働いている。

Category:
2016年02月24日(水) 担当:中島春乃(前期研修医)
Reference:
Title:
Reseach:Educational and Psychological Issues Prevalence of depression in Type 1 diabetes and the problem of over-diagnosis
Author:
L fisher
DATA:
Diabetic medicine
Abstract:
Discussion:
1型DMにおいて抑うつの有病率は実際はそれほど高くない(3.8%~11.4%)
DMでない人々の有病率をほとんど変わらなかった。
PHQ-8は偽陽性率が高く、それは抑うつの重症度は判定できるかが原因や内容を示さないからである。
1型DMの人の"慢性で大変な病気である"というストレスや他の生活におけるストレスに介入すれば、必ずしも精神科介入は必要ないかもしれない。
Category: