モーニングレクチャー

2015年12月

2015年12月29日(火) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Long-term changes in sleep duration, energy balance and risk of type 2 diabetes.
Author:
Cespedes EM
DATA:
Diabetologia. 2016 Jan;59(1):101-9. doi: 10.1007/s00125-015-3775-5. Epub 2015 Nov 2.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26522276
Discussion:
慢性的な短い睡眠と大幅な睡眠時間の増加はいずれも糖尿病発症リスクを増加させた。2時間以上睡眠が増加することは体重増加と関係していたが、対象が中高年女性であり、何らかの慢性疾患などを反映しているかもしれない。
Category:
2015年12月28日(月) 担当:杉本(前期研修医)
Reference:
Title:
Hydrolyzed infant formula and early β-cell autoimmunity: a randomized clinical trial.
Author:
Knip M
DATA:
JAMA. 2014 Jun 11;311(22):2279-87. doi: 10.1001/jama.2014.5610.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24915259
Discussion:
1型糖尿病リスクが高い小児に加水分解ミルクを与えても糖尿病関連抗体の出現率を低減は出来なかった。
Category:
2015年12月25日(金) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Pediatric Outcome after Maternal Cancer Diagnosed during Pregnancy.
Author:
Amant F
DATA:
N Engl J Med. 2015 Nov 5;373(19):1824-34. doi: 10.1056/NEJMoa1508913. Epub 2015 Sep 28.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26415085
Discussion:
母親の癌に治療の有無を問わず胎内でばくろしても乳児期における認知発達、心臓発達、全身発達の障害はみられなかった。
Category:
2015年12月22日(火) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Self-harm Emergencies After Bariatric Surgery: A Population-Based Cohort Study.
Author:
Bhatti JA
DATA:
JAMA Surg. 2015 Oct 7:1-7. doi: 10.1001/jamasurg.2015.3414.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26444444
Discussion:
減量手術を施行した後、自傷する率が上昇する。
(自傷により緊急事態となる可能性が高くなる)
そのため施行後も適切なフォロー体勢を__する必要がある。
Category:
2015年12月18日(金) 担当:翁恵実(前期研修医)
Reference:
Title:
Relation of Smoking With Total Mortality and Cardiovascular Events Among Patients With Diabetes Mellitus: A Meta-Analysis and Systematic Review.
Author:
Pan A
DATA:
Circulation. 2015 Nov 10;132(19):1795-804. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.115.017926. Epub 2015 Aug 26.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26311724
Discussion:
喫煙は非喫煙者に比べ、総死亡率、心血管リスクを上昇させる。過去喫煙は非喫煙者に比べて総死亡率やCVDのリスクは高かったが、現在喫煙者に比べるとはるかにそのリスクは低く、糖尿病患者における禁煙の有効性が示された。
Category: