モーニングレクチャー

2015年10月

2015年10月31日(土) 担当:岡征児(後期研修医)
Reference:
Title:
Systematic review and meta-analysis of vancomycin-induced nephrotoxicity associated with dosing schedules that maintain troughs between 15 and 20 milligrams per liter.
Author:
van Hal SJ
DATA:
Antimicrob Agents Chemother. 2013 Feb;57(2):734-44. doi: 10.1128/AAC.01568-12. Epub 2012 Nov 19.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23165462
Discussion:
バンコマイシントラフ値≧15は腎機能障害の独立した危険因子であり、最初の4日以内にVCMトラフ値≧15となった例や他の腎障害物質投与、長期投与、ICU入所例では慎重な腎機能のモニタリングが必要となる。
Category:
2015年10月30日(金) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Proton pump inhibitor and histamine 2 receptor antagonist use and vitamin B12 deficiency.
Author:
Lam JR
DATA:
JAMA. 2013 Dec 11;310(22):2435-42. doi: 10.1001/jama.2013.280490.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24327038
Discussion:
酸分泌抑制薬の2年以上の服用はビタミンB12欠乏症と関連がある。
Category:
2015年10月29日(木) 担当:松島(前期研修医)
Reference:
Title:
Oral symptoms and signs in elderly patients with type 2 diabetes mellitus. A focus on diabetic neuropathy.
Author:
Collin HL
DATA:
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2000 Sep;90(3):299-305.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10982950
Discussion:
糖尿病性末梢神経障害、副交感神経障害は歯の脱落、顎関節機能不全に関与している。
Category:
2015年10月28日(水) 担当:林理穂(後期研修医)
Reference:
Title:
Comparison of aqueous concentrations of angiogenic and inflammatory cytokines based on optical coherence tomography patterns of diabetic macular edema.
Author:
Kim M, Kim Y, Lee SJ
DATA:
Indian J Ophthalmol. 2015 Apr;63(4):312-7. doi: 10.4103/0301-4738.158069.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26044469
Discussion:
糖尿病黄斑浮腫の形態によって治療効果が異なる。SRDとCMEではIL-8、IL-6等の炎症性サイトカインが上昇しているため、これらを抑制するトリアムシノロンテに嚢下注射又は硝子体注射が効果的である。抗VEGF硝子体注射と使い分けや併用することにより、治療効果が得られる可能性がある。 
Category:
2015年10月27日(火) 担当:山下真平(後期研修医)
Reference:
Title:
A panel of novel biomarkers representing different disease pathways improves prediction of renal function decline in type 2 diabetes.
Author:
Pena MJ
DATA:
PLoS One. 2015 May 14;10(5):e0120995. doi: 10.1371/journal.pone.0120995. eCollection 2015.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25973922
Discussion:
糖尿病性腎症の認知のリスクマーカーに炎症、線維化、血管新生、内皮機能を含む腎疾患進行の異なる経路を代表するバイオマーカーを加えた新しいバイオマーカーパネルは2型糖尿病患者のeGFR低下の予測を向上させた。
Category: