モーニングレクチャー

2015年09月

2015年09月30日(水) 担当:土屋海士郎(前期研修医)
Reference:
Title:
Twice- rather than once-daily basal insulin is associated with better glycaemic control in Type 1 diabetes mellitus 12 months after skills-based structured education in insulin self-management.
Author:
Hopkinson HE
DATA:
Diabet Med. 2015 Aug;32(8):1071-6. doi: 10.1111/dme.12806. Epub 2015 May 28.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25982032
Discussion:
・DAFNEプログラムはA1cと低血糖頻度を改善する。
・持効型製剤であっても2回打ちが適していることを示唆。
Category:
2015年09月30日(水) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Change in Sleep Duration and Type 2 Diabetes: The Whitehall II Study.
Author:
Ferrie JE
DATA:
Diabetes Care. 2015 Aug;38(8):1467-72. doi: 10.2337/dc15-0186. Epub 2015 Jun 11.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26068863
Discussion:
継続的な短時間睡眠や睡眠時間の増加は糖尿病発症のリスクを高めることが示唆される。
Category:
2015年09月29日(火) 担当:山下真平(後期研修医)
Reference:
Title:
Empagliflozin, Cardiovascular Outcomes, and Mortality in Type 2 Diabetes.
Author:
Zinman B
DATA:
N Engl J Med. 2015 Sep 17.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26378978
Discussion:
糖尿病標準治療にエンパゲリフロジンを上乗せすることで心血管イベントの既往のある2型糖尿病患者の心血管イベント、全死亡のリスクが有意に低下した。
ただし、エンパゲリフロジン10mg投与群vsプラセボ群、エンパゲリフロジン25mg投与群vsプラセボ群では有意差は認めず、今後のさらなる研究が期待される。
Category:
2015年09月28日(月) 担当:内池(前期研修医)
Reference:
Title:
Prevalence of and Trends in Diabetes Among Adults in the United States, 1988-2012.
Author:
Menke A
DATA:
JAMA. 2015 Sep 8;314(10):1021-9. doi: 10.1001/jama.2015.10029.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26348752
Discussion:
2011-2012の米国全国健康調査による糖尿病の有病率は12.4%で1988-97の9.8と比較し増加、未診断例は減少傾向である。
未診断例はアジア人に多い(アジア人の糖尿病有病率のうち50%以上を占める)
有病率は2007-2008年以降増加傾向はなし、肥満患者の割合が一定になったデータと一致する。
Category:
2015年09月26日(土) 担当:市原由美江(後期研修医)
Reference:
Title:
Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of NPH Insulin in Type 1 Diabetes Mellitus: The Importance of Appropriate Resuspension Before Subcutaneous Injection.
Author:
Lucidi P
DATA:
Diabetes Care. 2015 Sep 10. pii: dc150801.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26358287
Discussion:
懸濁したNPHと比べて懸濁しなかった場合、ペンのpositionによって薬物動能・薬効が異なる。
Category: