モーニングレクチャー

2015年01月

2015年01月31日(土) 担当:東 (前期研修医)
Reference:
Title:
Childhood adiposity, adult adiposity, and cardiovascular risk factors.
Author:
Juonala M
DATA:
N Engl J Med. 2011 Nov 17;365(20):1876-85. doi: 10.1056/NEJMoa1010112.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22087679
Discussion:
過体重または肥満の小児が成人後も肥満であった場合に2型DM、高血圧、脂質異常症、頸動脈アテローム硬化のリスクが上昇した。
肥満の小児が成人するまでに肥満でなくなった場合、これらのリスクは肥満になったことがない人と同程度であった。
Category:
2015年01月30日(金) 担当:加藤ゆか(後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetes impairs adipose tissue-derived stem cell function and efficiency in promoting wound healing.
Author:
Cianfarani F
DATA:
Wound Repair Regen. 2013 Jul-Aug;21(4):545-53. doi: 10.1111/wrr.12051. Epub 2013 Apr 29.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23627689
Discussion:
糖尿病の状態はASCの治療能力において全般的にその機能を低下させることが示唆された。
Category:
2015年01月29日(木) 担当:鈴木裕太(後期研修医)
Reference:
Title:
Treating DME:Laser,Anti-VEGF or Steroids?
Author:
Kent, Christopher
DATA:
REVIEW of Ophthalmology.2013/8/5.p22-29
Abstract:
http://www.reviewofophthalmology.com/content/i/2513/c/42247/
Discussion:
DMEは糖尿病網膜症のどの時期にでも生じ、QOLと直結していることから治療法の確立は重要な課題となっている。
Category:
2015年01月28日(水) 担当:菊地俊介(後期研修医)
Reference:
Title:
Are sulfonylurea and insulin therapies associated with a larger risk of cancer than metformin therapy? A retrospective database analysis.
Author:
Kowall B
DATA:
Diabetes Care. 2015 Jan;38(1):59-65. doi: 10.2337/dc14-0977. Epub 2014 Oct 21.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25336750
Discussion:
メトホルミン治療は、元来発癌抑制作用があると言われていたが、時間的バイアスを取り除いてデータ解析を行うと、SU剤、インスリン治療群、その他の経口血糖降下薬治療群と比しても、明らかな発癌抑制効果は認められなかった。
Category:
2015年01月27日(火) 担当:豊永愛子(後期研修医)
Reference:
Title:
n-3 Fatty Acids Attenuate the Risk of Diabetes Associated With Elevated Serum Nonesterified Fatty Acids: The Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis.
Author:
Steffen BT
DATA:
Diabetes Care. 2015 Jan 8. pii: dc141919. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25573885
Discussion:
NEFAsは2型DM発症予測に有効である可能性があり、さらに、n-3FAsはNEFAsと関連した疾患や代謝異常で予防効果があることが示唆された。
Category: