モーニングレクチャー

2014年12月

2014年12月29日(月) 担当:滝口(前期研修医)
Reference:
Title:
Coronary Revascularization in Diabetic Patients: A Systematic Review and Bayesian Network Meta-analysis.
Author:
Tu B, Rich B, Labos C, Brophy JM.
DATA:
Ann Intern Med. 2014 Nov 18;161(10):724-32. doi: 10.7326/M14-0808.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25402514
Discussion:
糖尿病患者には長期予後が良好であれば、なおさらCABGの方が好ましいだろう。しかしながら脳卒中のリスクも上昇するため治療法の選択の際には臨床判断が求められる。
Category:
2014年12月27日(土) 担当:堀(前期研修医)
Reference:
Title:
Glycemic control and excess mortality in type 1 diabetes.
Author:
Lind M
DATA:
N Engl J Med. 2014 Nov 20;371(21):1972-82. doi: 10.1056/NEJMoa1408214.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25409370
Discussion:
糖化ヘモグロビン値が6.9%未満の1型糖尿病患者は対照群と比べて全死因死亡と心血管系疾患による死亡のリスクは2倍であった。
Category:
2014年12月26日(金) 担当:栗田守敏(後期研修医)
Reference:
Title:
Initial choice of oral glucose-lowering medication for diabetes mellitus: a patient-centered comparative effectiveness study.
Author:
Berkowitz SA
DATA:
JAMA Intern Med. 2014 Dec 1;174(12):1955-62. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.5294.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25347323
Discussion:
・メトホルミンを第一選択としているのは57.8%にとどまった。
・メトホルミン群では治療追加のリスクを減らし、有害事象の増加は認めなかった。
・メトホルミンを第一選択にすることで、QOL上昇医療費の削減につながると考えられる。

Category:
2014年12月25日(木) 担当:浅井(前期研修医)
Reference:
Title:
Fruit and vegetable consumption and mortality from all causes, cardiovascular disease, and cancer: systematic review and dose-response meta-analysis of prospective cohort studies.
Author:
Wang X
DATA:
BMJ. 2014 Jul 29;349:g4490. doi: 10.1136/bmj.g4490.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25073782
Discussion:
果物や野菜の高い消費は全死亡特に心血管死亡のリスクを下げる。
Category:
2014年12月19日(金) 担当:豊永愛子(後期研修医)
Reference:
Title:
Association between severe hypoglycemia, adverse macrovascular events, and inflammation in the edinburgh type 2 diabetes study.
Author:
Bedenis R
DATA:
Diabetes Care. 2014 Dec;37(12):3301-8. doi: 10.2337/dc14-0908. Epub 2014 Sep 19.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25239782
Discussion:
重症低血糖の既往のある2型糖尿病患者では、大血管イベントの発症率がより高かった。この関係に炎症が関与するかは明らかでなかった。
Category: