モーニングレクチャー

2014年11月

2014年11月28日(金) 担当:春日崇臣(後期研修医)
Reference:
Title:
Twelve or 30 months of dual antiplatelet therapy after drug-eluting stents.
Author:
Mauri L
DATA:
N Engl J Med. 2014 Dec 4;371(23):2155-66. doi: 10.1056/NEJMoa1409312. Epub 2014 Nov 16.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25399658
Discussion:
DAPT療法30ヶ月継続で12ヶ月と比べて、ステント血栓症の異積発症率、心血管/脳血管イベントの異積発症率ともに単独群(5.9%)に比べて4.3%と有意に低かった。
特に心筋梗塞についてはアスピリン単独群の4.1%に比べてDAPT継続群では2.1%と低く、リスク低減効果が大きいことが示された。
Category:
2014年11月27日(木) 担当:一瀬 (卒後2年)
Reference:
Title:
Cultures of diabetic foot ulcers without clinical signs of infection do not predict outcomes.
Author:
Gardner SE
DATA:
Diabetes Care. 2014 Oct;37(10):2693-701
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25011945
Discussion:
感染徴候の認めない神経障害性糖尿病足潰瘍の生物的汚染は治療の予後に関連性が認められない。
従って安易な抗菌薬の使用は控えるべきである。
Category:
2014年11月26日(水) 担当:山下真平(後期研修医)
Reference:
Title:
Renal Function Is Associated With Peak Exercise Capacity in Adolescents With Type 1 Diabetes
Author:
Bjornstad P
DATA:
Diabetes Care. 2014 Nov 20. pii: DC_141742.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25414156
Discussion:
青年期の1型糖尿病患者は運動能力が低下しており、運動能力低下と腎機能との間に強い関連がある。
Category:
2014年11月22日(土) 担当:望月 (卒後2年)
Reference:
Title:
Sulfonylurea Use and Incident Cardiovascular Disease Among Patients With Type2 Diabeates:Prospective Cohort Study Among Women
Author:
Li Y
DATA:
Diabetes Care November 2014 37:3106-3113
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25150157
Discussion:
長期間のSU薬使用はCHOの高リスクである。
メトホルミンとSU薬の2剤服用はメトホルミン単剤。SU薬単剤と比較してCHDリスクを増大させる。
Category:
2014年11月21日(金) 担当:加藤ゆか(後期研修医)
Reference:
Title:
Topical Administration of Allogeneic Mesenchymal Stem Cells Seeded in a Collagen Scaffold Augments Wound Healing and Increases Anigiogenesis in The Diabetic Rabbit Ulcer
Author:
O'Loughlin A
DATA:
A O Loughlinetal,Diabetes,2013,62:2588-2594
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23423568
Discussion:

同種異系の非糖尿病動物から摂取した骨髄由来肝細胞(BM-MSCs)について治療評価した。

創部において、創部閉鎖、新生肉芽組織形成、血管形成、炎症について包括的な評価を行った。凍結後(液体窒素)の非糖尿病性MSCsが創傷治癒に使 用可能であり、生体材料(コラーゲンscaffold)と共に用いることで、量応答性に糖尿病動物モデルで血管新生と皮膚閉鎖促進を促すと考えられた。

Category: