モーニングレクチャー
脂質異常症
2019年04月02日(火) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Seasonal Variations in the Achievement of Guideline Targets for HbA1c, Blood Pressure, and Cholesterol Among Patients With Type 2 Diabetes: A Nationwide Population-Based Study (ABC Study JDDM49).
Author:
Sakamoto M
DATA:
Diabetes Care. 2019 Feb 10. pii: dc181953. doi: 1.2337/dc18-1953. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30739885
Discussion:
2 型糖尿病患者において、HbA1c 、血圧、脂質のコントロールの達成率は季節によって変動があり冬に最も低く、治療マネジメントで考慮すべきである。
2019年03月30日(土) 担当:東 晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Statin Therapy With Prevention of Vision-Threatening Diabetic Retinopathy.
Author:
Kang EY
DATA:
JAMA Ophthalmol. 2019 Jan 10. doi: 10.1001/jamaophthalmol.2018.6399. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30629109
Discussion:
スタチン治療により、脂質異常症を合併した2型糖尿病患者において、網膜症の進行を抑えることが出来る。
2019年03月09日(土) 担当:岡 征児(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy and safety of statin therapy in older people: a meta-analysis of individual participant data from 28 randomised controlled trials.
Author:
Cholesterol Treatment Trialists' Collaboration.
DATA:
Lancet. 2019 Feb 2;393(10170):407-415. doi: 10.1016/S0140-6736(18)31942-1.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30712900
Discussion:
スタチン療法は年齢に関係なく主要血管イベントを減少させる。75 歳超の患者の1 次予防については直接的な効果は明確ではなかったが、血管閉塞リスクの高い患者においては使用が考慮される。
Category:
脂質異常症
2019年02月07日(木) 担当:菅野宙子(中央検査部・助教)
Reference:
Title:
Postprandial Hyperlipidemia and Remnant Lipoproteins.
Author:
Masuda D
DATA:
J Atheroscler Thromb. 2017 Feb 1;24(2):95-109. doi: 10.5551/jat.RV16003. Epub 2016 Nov 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27829582
Discussion:

レムナントリポ蛋白、特に腸管由来のカイロミクロンレムナントは、脂質・糖代謝異常と動脈硬化性心血管障害に関連している。apoB-48 から作成された特異的モノクローナル抗体は、催動脈硬化作用の評価および心血管イベントの予測因子として有用であり、治療介入に応用できる可能性がある。

Category:
脂質異常症
2018年12月20日(木) 担当:花井豪(講師)
Reference:
Title:
Long-Term Effects of Intensive Glycemic and Blood Pressure Control and Fenofibrate Use on Kidney Outcomes.
Author:
Mottl AK
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2018 Nov 7;13(11):1693-1702. doi: 10.2215/CJN.06200518. Epub 2018 Oct 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30361335
Discussion:
腎症がない・あるいは比較的軽度の腎症に留まっている2型糖尿病患者を対象とた,ACCORD and ACCORDION trialにおいて,HbA1c 6.0%未満という極めて厳格な血糖コントロールは顕性アルブミン尿への進展抑制に対しbenefitを有する.一方,収縮期血圧を120 mmHg未満まで低下させること,およびフィブラート使用は,クレアチニン倍化という著しい腎機能低下を来たすリスクがある.
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ