モーニングレクチャー
脂質異常症
2017年12月25日(月) 担当:村田大典(前期研修医)
Reference:
Title:
Statin use and risk of developing diabetes: results from the Diabetes Prevention Program.
Author:
Crandall JP
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2017 Oct 10;5(1):e000438. doi: 10.1136/bmjdrc-2017-000438. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29081977
Discussion:
・個々の患者について、糖尿病リスクが中程度に上昇することは、一方でスタチン治療によって、心筋梗塞、脳卒中および心臓血管死が非常に有意に減少することとバランスをとれることが必要である。

・CVD 予防のためのスタチンを処方されている糖尿病高リスク患者は、より慎重に血糖を管理し、健康的な生活習慣の行動を強化する必要がある。
2017年12月04日(月) 担当:長谷川夕希子(助教)
Reference:
Title:
Hypercapnia Accelerates Adipogenesis: A Novel Role of High CO2 in Exacerbating Obesity.
Author:
Kikuchi R
DATA:
Am J Respir Cell Mol Biol. 2017 Nov;57(5):570-580. doi: 10.1165/rcmb.2016-0278OC.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28613919
Discussion:
高濃度二酸化炭素は、ヒト脂肪前駆細胞において pH や酸素濃度、間欠的・持続的暴露に関わらず、sAC 刺激 → cAMP → PKA、EPAC 活性化 → CREB、C/EBPβ、PPARɤ 活性化という経路を介して
 adipogenesis を促進し、低濃度二酸化炭素は adipogenesis を抑制した。
Category:
脂質異常症
2017年11月22日(水) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Effects of Anacetrapib in Patients with Atherosclerotic Vascular Disease.
Author:
Bowman L,
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1217-1227. doi: 10.1056/NEJMoa1706444. Epub 2017 Aug 28.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28847206
Discussion:
心血管病既往があり、スタチン使用下で十分な LDLC 管理がついている患者において、CETP 阻害薬である anacet rapib はプラセボと比較し、主要冠疾患の発生を有意に抑制した。
2017年11月21日(火) 担当:菅野宙子(臨床検査科・助教)
Reference:
Title:
Fasting Is Not Routinely Required for Determination of a Lipid Profile: Clinical and Laboratory Implications Including Flagging at Desirable Concentration Cutpoints-A Joint Consensus Statement from the European Atherosclerosis Society and European Federat
Author:
Nordestgaard BG
DATA:
Clin Chem. 2016 Jul;62(7):930-46. doi: 10.1373/clinchem.2016.258897. Epub 2016 May 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27235445
Discussion:

絶食時・非絶食時の脂質プロファイルの臨床的意義について評価した。米国・加国・丁国での一般人口での検査結果を用いて検討。絶食時と非絶食時の各脂質プロファイルの平均値の差は臨床的な有意差はなく、ほぼ同じような経時的変化を示し、心血管疾患を予測できる。 脂質プロファイルの評価に、日常的に非絶食時検体を用いてもよい。ただし 2 型糖尿病、家族性高脂血症などでは空腹での採血が必要である。検査室は、異常値についての警告を示さねばならない。非絶食時および絶食時の測定値は補完的であり、相互に排他的ではない。

 

Category:
脂質異常症
2017年09月09日(土) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Continued Statin Prescriptions After Adverse Reactions and Patient Outcomes: A Cohort Study.
Author:
Zhang H
DATA:
Ann Intern Med. 2017 Aug 15;167(4):221-227. doi: 10.7326/M16-0838. Epub 2017 Jul 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28738423
Discussion:
有害事象の出現後もスタチンを継続することで死亡率、心血管イベントの発症率の低下につながった。
しかし、実際にスタチンを継続すべきかどうかは個別にリスク・ベネフィットを考慮の上で決定すべきである。