モーニングレクチャー
脂質異常症
2018年12月20日(木) 担当:花井豪(講師)
Reference:
Title:
Long-Term Effects of Intensive Glycemic and Blood Pressure Control and Fenofibrate Use on Kidney Outcomes.
Author:
Mottl AK
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2018 Nov 7;13(11):1693-1702. doi: 10.2215/CJN.06200518. Epub 2018 Oct 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30361335
Discussion:
腎症がない・あるいは比較的軽度の腎症に留まっている2型糖尿病患者を対象とた,ACCORD and ACCORDION trialにおいて,HbA1c 6.0%未満という極めて厳格な血糖コントロールは顕性アルブミン尿への進展抑制に対しbenefitを有する.一方,収縮期血圧を120 mmHg未満まで低下させること,およびフィブラート使用は,クレアチニン倍化という著しい腎機能低下を来たすリスクがある.
2018年10月27日(土) 担当:長谷川夕希子(助教)
Reference:
Title:
Effect of LDL cholesterol, statins and presence of mutations on the prevalence of type 2 diabetes in heterozygous familial hypercholesterolemia.
Author:
Climent E
DATA:
Sci Rep. 2017 Jul 17;7(1):5596. doi: 10.1038/s41598-017-06101-6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28717233
Discussion:

スペイン動脈硬化学会に登録された HeFH 患者におけるT2DM有病率は 5.9 %で、年齢性別調整後のスペインの一般集団の T2DM 有病率 9.4 %と比較して低かった。

HeFH 患者における T2DM 有病に、LDLRApoBPCSK9 の遺伝子異常、未治療時 LDL-C 値は相関しなかったが、スタチン治療期間が長いほど T2DM 有病率が増加した。

Category:
脂質異常症
2018年09月27日(木) 担当:水野貴文 (脳神経内科・後期研修医)
Reference:
Title:
Statins for primary prevention of cardiovascular events and mortality in old and very old adults with and without type 2 diabetes: retrospective cohort study.
Author:
Ramos R
DATA:
BMJ. 2018 Sep 5;362:k3359. doi: 10.1136/bmj.k3359.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30185425
Discussion:
スタチンは 85 歳以上の 2 型糖尿病患者の高齢者におけるアテローム性 CVD 発症率と全死亡率低下の一次予防に寄与しない。
Category:
脂質異常症
2018年09月21日(金) 担当:長谷川夕希子(助教)
Reference:
Title:
Triglyceride-Rich Lipoprotein Cholesterol and Risk of Cardiovascular Events Among Patients Receiving Statin Therapy in the Treating to New Targets (TNT) Trial.
Author:
Vallejo-Vaz AJ
DATA:
Circulation. 2018 Apr 4. pii: CIRCULATIONAHA.117.032318. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.032318. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29618599
Discussion:

TRL-C (Triglyceride rich lipoprotein-cholesterol)は CV イベントのリスク因子である。スタチン強化による TRL-C 低下療法は、CV イベント発症リスクを低下させる。これらから、TRL-CCV イベントのリスク因子であるだけでなく発症を抑制するための治療ターゲットとなりうる。

Category:
脂質異常症
2018年09月20日(木) 担当:近藤有一郎(後期研修医)
Reference:
Title:
Saturated Fat Is More Metabolically Harmful for the Human Liver Than Unsaturated Fat or Simple Sugars.
Author:
Luukkonen PK
DATA:
Diabetes Care. 2018 Aug;41(8):1732-1739. doi: 10.2337/dc18-0071. Epub 2018 May 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29844096
Discussion:
飽和脂肪食は IHTG を増加させ、有害と考えられた。
Category:
脂質異常症