モーニングレクチャー
脂質異常症
2018年08月08日(水) 担当:加藤ゆか(助教)
Reference:
Title:
Perivascular Adipose Tissue-Derived PDGF-D Contributes to Aortic Aneurysm Formation During Obesity.
Author:
Zhang ZB
DATA:
Diabetes. 2018 Aug;67(8):1549-1560. doi: 10.2337/db18-0098. Epub 2018 May 24.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29794241
Discussion:
  • マウスでの実験で、肥満において、perivascular adipose tissue PVAT)由来のPDGF-Dが大動脈瘤形成に関わっており、脂肪細胞由来PDGF-Dが過発現することによって血管外膜の線維化や炎症が促進し、肥満において大動脈瘤形成促進を引き起こしているという分子学的機序がわかった。
  • アンジオテンシンによって腹部大動脈瘤が引き起こされるという点は、高脂肪食由来の肥満マウスと遺伝子的な肥満マウスでは同様の結果であった。
  • PDGF-Dは、血管外膜においてTGF-βの電気信号を介して線維化や炎症を調整おり、PDGF-Dの働きを抑制すると、線維化や炎症も抑制されることがわかった。また、結果としてPDGF-Dの抑制が、マウスの大動脈瘤形成を減少させ、大動脈瘤破裂による死亡も減少させた。
  • これらの結果から、肥満でのPDGF-D機能の抑制は肥満由来の大動脈形成やメタボリック症候群を防ぐ介入となる可能性がある。
2018年07月19日(木) 担当:坂井政之(前期研修医)
Reference:
Title:
High-Dose Versus Low-Dose Pitavastatin in Japanese Patients With Stable Coronary Artery Disease (REAL-CAD): A Randomized Superiority Trial.
Author:
Taguchi I
DATA:
Circulation. 2018 May 8;137(19):1997-2009. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.032615.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29735587
Discussion:
安定冠動脈疾患を有する日本人患者において、高用量ピタバスタチン( 4 mg / 日 )は、低用量ピタバスタチン( 1 mg / 日 )に比べて、心血管イベントを有意に減少させた。
Category:
脂質異常症
2018年04月24日(火) 担当:堀場 悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Cholesterol variability and the risk of mortality, myocardial infarction, and stroke: a nationwide population-based study.
Author:
Kim MK
DATA:
Eur Heart J. 2017 Dec 21;38(48):3560-3566. doi: 10.1093/eurheartj/ehx585.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29069458
Discussion:
コレステロールの変動性は、一般人口においても死亡、心血管・脳血管疾患のリスクファクターとなりうる。
Category:
脂質異常症
2018年04月03日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Low-Density Lipoprotein Cholesterol Lowering With Evolocumab and Outcomes in Patients With Peripheral Artery Disease: Insights From the FOURIER Trial (Further Cardiovascular Outcomes Research With PCSK9 Inhibition in Subjects With Elevated Risk).
Author:
Bonaca MP
DATA:
Circulation. 2018 Jan 23;137(4):338-350. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.032235. Epub 2017 Nov 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29133605
Discussion:
スタチン治療と PCSK 9 阻害薬エブロクマブを併用し、LDL-C を厳格にコントロールすることで、PAD 患者においても心血管イベントを抑制する可能性がある。

2018年03月09日(金) 担当:吉田直史(助教)
Reference:
Title:
Extreme high high-density lipoprotein cholesterol is paradoxically associated with high mortality in men and women: two prospective cohort studies.
Author:
Madsen CM
DATA:
Eur Heart J. 2017 Aug 21;38(32):2478-2486. doi: 10.1093/eurheartj/ehx163.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28419274
Discussion:
HDL-C と全死亡との関連は U カーブであった。男女問わず、極めて高い HDL-C の患者は全死亡が高かった。これは男性および心血管死で最も顕著であった。
Category:
脂質異常症