モーニングレクチャー
無作為比較試験
2019年07月13日(土) 担当:鈴木 智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Role of Vitamin E for Nonalcoholic Steatohepatitis in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized Controlled Trial
Author:
Fernando Bril
DATA:
Diabetes Care 2019 May; dc190167.doi.org/10.2337/dc19-0167
Abstract:
https://care.diabetesjournals.org/content/early/2019/05/10/dc19-0167
Discussion:
2 型糖尿病患者における NSAH に対するビタミン E 単独での使用は、NASH の有意な改善とは関連がなかった。
2019年07月05日(金) 担当:高松優斗(後期研修医)
Reference:
Title:
Lower rates of hypoglycaemia in older individuals with type 2 diabetes using insulin degludec versus insulin glargine U100: Results from SWITCH 2.
Author:
Heller SR
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2019 Jul;21(7):1634-1641. doi: 10.1111/dom.13708. Epub 2019 Apr 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30891886
Discussion:
デグルデクによる治療は、2型糖尿病の高齢者においてグラルギンU100による治療よりも低血糖のリスクが低かった。
2019年07月01日(月) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
The effects of renin-angiotensin system inhibitors on mortality, cardiovascular events, and renal events in hypertensive patients with diabetes: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.
Author:
Kunimura A
DATA:
Hypertens Res. 2019 May;42(5):669-680. doi: 10.1038/s41440-019-0234-6. Epub 2019 Apr 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30948835
Discussion:

糖尿病患者に対するRA系阻害薬とその他の降圧薬を比較した16件の報告からなるメタ解析の結果,RA系阻害薬と他の降圧薬間の全死亡,心血管死亡,心血管病発症,さらには腎機能低下に関して,有意な差が認められなかった.

 この結果を踏まえて今回改訂された「高血圧治療ガイドライン2019」では,微量アルブミンまたは蛋白尿がない糖尿病患者ではARBACE阻害薬,Ca拮抗薬および(少量のサイアザイド)利尿薬のいずれか,これらがある場合にはこれまで通り,RA系阻害薬を優先して使用することと変更された.

2019年06月24日(月) 担当:鈴木 美弥(初期研修医)
Reference:
Title:
Low-carbohydrate diet for the treatment of gestational diabetes mellitus: a randomized controlled trial.
Author:
Moreno-Castilla C
DATA:
Diabetes Care. 2013 Aug;36(8):2233-8. doi: 10.2337/dc12-2714. Epub 2013 Apr 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23564917
Discussion:
妊娠糖尿病治療における低炭水化物食群がコントロール群に比べてインスリンの導入率に差がなかった。
2019年06月20日(木) 担当:伊藤 健治(初期研修医)
Reference:
Title:
Canagliflozin and Renal Outcomes in Type 2 Diabetes and Nephropathy.
Author:
Perkovic V
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jun 13;380(24):2295-2306. doi: 10.1056/NEJMoa1811744. Epub 2019 Apr 14.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30990260
Discussion:
2型糖尿病 腎症のある患者において、中央値2.62年の追跡期間、canaglifozinを投与された群はplacebo群と比較して腎不全と心血管イベントのリスクが低かった。