モーニングレクチャー
無作為比較試験
2017年12月25日(月) 担当:村田大典(前期研修医)
Reference:
Title:
Statin use and risk of developing diabetes: results from the Diabetes Prevention Program.
Author:
Crandall JP
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2017 Oct 10;5(1):e000438. doi: 10.1136/bmjdrc-2017-000438. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29081977
Discussion:
・個々の患者について、糖尿病リスクが中程度に上昇することは、一方でスタチン治療によって、心筋梗塞、脳卒中および心臓血管死が非常に有意に減少することとバランスをとれることが必要である。

・CVD 予防のためのスタチンを処方されている糖尿病高リスク患者は、より慎重に血糖を管理し、健康的な生活習慣の行動を強化する必要がある。
2017年12月06日(水) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy and Safety of Degludec versus Glargine in Type 2 Diabetes.
Author:
Marso SP
DATA:
N Engl J Med. 2017 Aug 24;377(8):723-732. doi: 10.1056/NEJMoa1615692. Epub 2017 Jun 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28605603
Discussion:
心血管リスクが高く、基礎インスリン投与を受けている 2 型糖尿病の心血管アウトカムの観察では、デグルデク群がグラルギン群に対する非劣性を確認し、より低い重度・夜間低血糖率において優位性を確認した。
2017年11月22日(水) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Effects of Anacetrapib in Patients with Atherosclerotic Vascular Disease.
Author:
Bowman L,
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1217-1227. doi: 10.1056/NEJMoa1706444. Epub 2017 Aug 28.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28847206
Discussion:
心血管病既往があり、スタチン使用下で十分な LDLC 管理がついている患者において、CETP 阻害薬である anacet rapib はプラセボと比較し、主要冠疾患の発生を有意に抑制した。
2017年10月30日(月) 担当:佐々木優(前期研修医)
Reference:
Title:
Type 1 diabetic patients with peripheral neuropathy have pan-enteric prolongation of gastrointestinal transit times and an altered caecal pH profile.
Author:
Farmer AD
DATA:
Diabetologia. 2017 Apr;60(4):709-718. doi: 10.1007/s00125-016-4199-6. Epub 2017 Jan 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28105520
Discussion:
DSPN 群で、胃通過時間・小腸通過時間・結腸通過時間・全腸通過時間の延長が認められた。さらに、回盲部における pH 酸性化が見られ、結腸通過時間延長と関連していた。
2017年10月12日(木) 担当:松本有以(前期研修医)
Reference:
Title:
Continuous glucose monitoring in pregnant women with type 1 diabetes (CONCEPTT): a multicentre international randomised controlled trial.
Author:
Feig DS
DATA:
Lancet. 2017 Sep 15. pii: S0140-6736(17)32400-5. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32400-5. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28923465
Discussion:
・妊娠中の 1 型糖尿病患者に対する CGM の使用は、母親の高血糖への曝露の減少に寄与し、新生児予後を改善させる。

・CGM は強化インスリン療法を行っている 1 型糖尿病妊婦に対して提供されるべきである。