モーニングレクチャー
無作為比較試験
2017年09月01日(金) 担当:長谷川夕希子(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of continuous positive airway pressure on blood pressure and metabolic profile in women with sleep apnoea.
Author:
Campos-Rodriguez F
DATA:
Eur Respir J. 2017 Aug 10;50(2). pii: 1700257. doi: 10.1183/13993003.00257-2017. Print 2017 Aug.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28798089
Discussion:
中等度~高度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群を有する女性に、CPAP 療法を 12 週間使用すると、保存的に加療した群と比較して拡張期血圧が有意に低下した。
収縮期血圧、血糖、脂質は変化しなった。
2017年08月26日(土) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk of Severe Hypoglycemia in Type 1 Diabetes Over 30 Years of Follow-up in the DCCT/EDIC Study.
Author:
Gubitosi-Klug RA
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1010-1016. doi: 10.2337/dc16-2723. Epub 2017 May 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28550194
Discussion:
DCCT期間中、強化療法群では3倍の重症低血糖( Sever hypoglycemia;SH )を増加させた。その後の EDIC により 20 ~ 30 年間経過を follow up したところ、SH は低下もしくは横ばいであった。SH の主要なリスクとしては、HbA1c 値の低下及び、SH の既往のある患者群であった。
2017年08月24日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Cardiovascular and metabolic effects of metformin in patients with type 1 diabetes (REMOVAL): a double-blind, randomised, placebo-controlled trial.
Author:
Petrie JR
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Aug;5(8):597-609. doi: 10.1016/S2213-8587(17)30194-8. Epub 2017 Jun 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28615149
Discussion:

メトホルミンは40歳以上の動脈硬化性因子の多い1型糖尿病患者における3年間の投与において、HbA1c 、体重、LDLCを低下させ、またeGFRを保持させる作用があることが判明した。頸動脈内膜中膜肥厚も有意に低下させることから、心血管合併症の予防が期待される。

2017年08月15日(火) 担当:内田明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Repurposing metformin for the prevention of cancer and cancer recurrence.
Author:
Heckman-Stoddard BM
DATA:
Diabetologia. 2017 Aug 3. doi: 10.1007/s00125-017-4372-6. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28776080
Discussion:
メトホルミンには長い歴史と多くの臨床経験があり癌予防として非常に魅力的。
癌に対する複数の作用機序があり、生物学的な妥当性がある。
2017年08月14日(月) 担当:坂田優子(前期研修医)
Reference:
Title:
Dulce Digital: An mHealth SMS-Based Intervention Improves Glycemic Control in Hispanics With Type 2 Diabetes.
Author:
Fortmann AL
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jun 9. pii: dc170230. doi: 10.2337/dc17-0230. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28600309
Discussion:
2型糖尿病のリスクの高いヒスパニック系の患者のサンプルでは、シンプルで低コストのテキストメッセージングプログラムを使用することが非常に容認され、UC と比較して血糖コントロールが大幅に改善された。