モーニングレクチャー
無作為比較試験
2019年08月14日(水) 担当:滝田 美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy and Safety of Fast-Acting Insulin Aspart Compared With Insulin Aspart, Both in Combination With Insulin Degludec, in Children and Adolescents With Type 1 Diabetes: The onset 7 Trial.
Author:
Bode BW
DATA:
Diabetes Care. 2019 Jul;42(7):1255-1262. doi: 10.2337/dc19-0009. Epub 2019 May 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31076415
Discussion:
Fast-acting Aspart は小児および青年期の 1型糖尿病患者でデグルデクとの併用下において、安全であり、食前投与することで食後血糖を改善する上で効果的である。


2019年07月25日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Using Real-World Data to Predict Findings of an Ongoing Phase IV Cardiovascular Outcome Trial: Cardiovascular Safety of Linagliptin Versus Glimepiride.
Author:
Patorno E
DATA:
Diabetes Care. 2019 Jun 25. pii: dc190069. doi: 10.2337/dc19-0069. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31239281
Discussion:

心血管病発症をアウトカムとしたreal-world dataを用いた非ランダム化比較試験(コホート研究)において,グリメピリドに対するリナグリプチンの優越性は認めなかった.現在,論文化に至っていないが,同アウトカムに対するリナグリプチンとグリメピリドを比較した大規模ランダム化比較試験CAROLINA Trial(79th Scientific Sessions American Diabetes Associationで結果発表およびプレスリリース http://www.diabetes.org/newsroom/press-releases/2019/linagliptin-and-glimepiride.html)においても結果は同様であった.これらの結果は,「以前より懸念されていたスルホニル尿素薬の心血管病発症に対する影響」について再考する必要があることを示唆している.

2019年07月13日(土) 担当:鈴木 智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Role of Vitamin E for Nonalcoholic Steatohepatitis in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized Controlled Trial
Author:
Fernando Bril
DATA:
Diabetes Care 2019 May; dc190167.doi.org/10.2337/dc19-0167
Abstract:
https://care.diabetesjournals.org/content/early/2019/05/10/dc19-0167
Discussion:
2 型糖尿病患者における NSAH に対するビタミン E 単独での使用は、NASH の有意な改善とは関連がなかった。
2019年07月10日(水) 担当:滝田美夏子(大学院生・後期研修医)
Reference:
Title:
An Anti-CD3 Antibody, Teplizumab, in Relatives at Risk for Type 1 Diabetes.
Author:
Herold KC
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jun 9. doi: 10.1056/NEJMoa1902226. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31180194
Discussion:
テプリヅマブを 2 週間投与した群では 1 型糖尿病の発症を遅らせた。テプリヅマブの効果は最初の都市で最も大きかった。(全体の発症は最初の年に全体の 41 % が発症しており、テプリヅマブ群では最初の 1 年の発症を抑えられた。)OGTT で C ペプチドが低下していた参加者はテプリヅマブが効果的であった。これは自己抗体が陽性になった時点でテプリヅマブを投与するよりもある程度活動的な免疫反応が起きてから投与した方が効果があるのではないかということを示唆した。 HLADR3- 、HLADR4+、ZnT8- の患者ではテプリヅマブの反応が良好であった。ZnT8 抗体以外の自己抗体に関してはテプリヅマブ投与に対する反応の違いは認めなかった。
2019年07月05日(金) 担当:高松優斗(後期研修医)
Reference:
Title:
Lower rates of hypoglycaemia in older individuals with type 2 diabetes using insulin degludec versus insulin glargine U100: Results from SWITCH 2.
Author:
Heller SR
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2019 Jul;21(7):1634-1641. doi: 10.1111/dom.13708. Epub 2019 Apr 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30891886
Discussion:
デグルデクによる治療は、2型糖尿病の高齢者においてグラルギンU100による治療よりも低血糖のリスクが低かった。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ