モーニングレクチャー
無作為比較試験
2018年05月11日(金) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Tentative nil per os leads to poor outcomes in older adults with aspiration pneumonia.
Author:
Maeda K
DATA:
Clin Nutr. 2016 Oct;35(5):1147-52. doi: 10.1016/j.clnu.2015.09.011. Epub 2015 Oct 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26481947
Discussion:
誤嚥性肺炎の患者を禁食にすると、治療期間の延長、予後の悪化、嚥下機能の低下を招く可能性が高くなる。
2018年05月10日(木) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Association Between Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors, Glucagon-like Peptide 1 Agonists, and Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitors With All-Cause Mortality in Patients With Type 2 Diabetes: A Systematic Review and Meta-analysis.
Author:
Zheng SL
DATA:
JAMA. 2018 Apr 17;319(15):1580-1591. doi: 10.1001/jama.2018.3024.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29677303
Discussion:

2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬,GLP-1受容体作動薬およびDPP-4阻害薬の臨床的効果をネットワークメタ回帰分析という手法を用いて比較検討した結果, SGLT2阻害薬およびGLP-1受容体作動薬は, DPP-4阻害薬およびプラセボ(または非投与)に比べて全死亡,心血管死亡率および心不全発症数が有意に低いという結果であった.

2018年04月07日(土) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Comparison of Ipragliflozin and Pioglitazone Effects on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized, 24-Week, Open-Label, Active-Controlled Trial.
Author:
Ito D
DATA:
Diabetes Care. 2017 Oct;40(10):1364-1372. doi: 10.2337/dc17-0518. Epub 2017 Jul 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28751548
Discussion:
イプラグリフロジンはNAFLD合併T2DMにおいて、 ピオグリタゾンと同等の効果があり、さらにVFA減少効果が見られた。
2018年03月28日(水) 担当:程璐(前期研修医)
Reference:
Title:
Variables associated with HbA1c and weight reductions when adding liraglutide to multiple daily insulin injections in persons with type 2 diabetes (MDI Liraglutide trial 3).
Author:
Dahlqvist S
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2018 Feb 24;6(1):e000464. doi: 10.1136/bmjdrc-2017-000464. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29527308
Discussion:
リラグルチドを投与した MDI で治療中の 2 型糖尿病の患者では、HbA1c 値が低い方が体重減少が大きかった。HbA1c の減少と体重の減少との間に相関はなく、すなわち、異なる患者群が HbA1c および体重減少に応答する。したがって、リラグルチドの HbA1c と体重に対する効果は、臨床で MDI 患者で個別に評価する必要がある。

この研究の結果は、特定の患者がより大きな HbA1c の減少および、より大きな体重減少に応答することを示している。高血糖の低下は、HbA1c レベルの低下よりも合併症のリスクを低下させることが知られているため、HbA1c 値がより低いものは体重が減少し、HbA1c 値が高いものはグルコースの低下効果により、多くの利益をもたらすであろう。

リラグルチド群の多くの重要な予測因子がプラゼボ群で同様の効果を示したため、対照群の使用が重要と思われる。

2018年03月02日(金) 担当:井上桃(前期研修医)
Reference:
Title:
Continuous Glucose Monitoring Versus Usual Care in Patients With Type 2 Diabetes Receiving Multiple Daily Insulin Injections: A Randomized Trial.
Author:
Beck RW
DATA:
Ann Intern Med. 2017 Sep 19;167(6):365-374. doi: 10.7326/M16-2855. Epub 2017 Aug 22.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28828487
Discussion:
・T 1 DM 同様にインスリン療法を行っている T 2 DM の成人に CGM は有益である

・CGM の使用は患者の満足度、高血糖や HbA1c 値、適正血糖内の時間に関連がある