モーニングレクチャー
無作為比較試験
2018年10月19日(金) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Glycemic Control in Hospitalized Patients with Diabetes Receiving Corticosteroids Using a Neutral Protamine Hagedorn Insulin Protocol: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Khowaja A
DATA:
Send to Diabetes Ther. 2018 Aug;9(4):1647-1655. doi: 10.1007/s13300-018-0468-3. Epub 2018 Jun 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=29961246
Discussion:
ステロイド使用中の糖尿病患者で、NPHインスリンは血糖コントロールを改善させる。
Category:
無作為比較試験
2018年10月13日(土) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Early Vasopressin vs Norepinephrine on Kidney Failure in Patients With Septic Shock: The VANISH Randomized Clinical Trial.
Author:
Gordon AC
DATA:
JAMA. 2016 Aug 2;316(5):509-18. doi: 10.1001/jama.2016.10485.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27483065
Discussion:
敗血症性ショックの症例での Vasopressin の早期投与は NAD と比較し、AKI 発症に関して有効ではなかった。
しかし、現時点での Vasopressinが敗血症性ショック症例で、First Ine での有効性は示唆されていないものの、これまでの様々な study や敗血症での病態からの NAD の second line としての使用は有効である可能性が高い。
2018年10月04日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Verapamil and beta cell function in adults with recent-onset type 1 diabetes.
Author:
Ovalle F
DATA:
Nat Med. 2018 Aug;24(8):1108-1112. doi: 10.1038/s41591-018-0089-4. Epub 2018 Jul 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29988125
Discussion:
1 日 1 回のベラパミル経口投与は、発症 3 ヶ月以内の 1 型糖尿病患者において、安全にベータ細胞機能の喪失および疾患の進行を少なくとも 1 年間予防し、インスリン必要量および低血糖を減らした。
2018年10月03日(水) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Breaking sitting with light activities vs structured exercise: a randomised crossover study demonstrating benefits for glycaemic control and insulin sensitivity in type 2 diabetes.
Author:
Duvivier BM
DATA:
Diabetologia. 2017 Mar;60(3):490-498. doi: 10.1007/s00125-016-4161-7. Epub 2016 Nov 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27904925
Discussion:
強度の高い運動よりもむしろ「座っている時間を短くする」ことが、血糖改善にはより重要である可能性が考えられた。
2018年09月13日(木) 担当:花井豪(講師)
Reference:
Title:
Febuxostat Therapy for Patients With Stage 3 CKD and Asymptomatic Hyperuricemia: A Randomized Trial.
Author:
Kimura K
DATA:
Am J Kidney Dis. 2018 Aug 31. pii: S0272-6386(18)30834-5. doi: 10.1053/j.ajkd.2018.06.028. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30177485
Discussion:

  • 高尿酸血症を有するCKD3 (30≤eGFR<60) の患者において,フェブキソスタットのGFR低下抑制作用は認めなかった
  • しかしサブ解析の結果からは,尿蛋白陰性やGFR低下が比較的軽度である,
    つまり,腎障害の程度が軽度な患者では,フェブキソスタットの腎保護効果はあるかもしれない