モーニングレクチャー
無作為比較試験
2019年05月16日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Febuxostat for Cerebral and CaRdiorenovascular Events PrEvEntion StuDy.
Author:
Kojima S
DATA:
Eur Heart J. 2019 Mar 7. pii: ehz119. doi: 10.1093/eurheartj/ehz119. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30844048
Discussion:
フェブキソスタットが腎保護効果を有する可能性が示唆された.今後,腎アウトカムを主要エンドポイントとした大規模 RCT が必要である.
2019年04月03日(水) 担当:浅川 友美(後期研修医)
Reference:
Title:
A reduction in sedentary behaviour in obese women during pregnancy reduces neonatal adiposity: the DALI randomised controlled trial.
Author:
van Poppel MNM
DATA:
Diabetologia. 2019 Mar 6. doi: 10.1007/s00125-019-4842-0. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30840112
Discussion:

妊婦に対する運動療法の介入は、児の肥満リスクを減少させる可能性がある。

2019年03月27日(水) 担当:三浦順之助(准教授)
Reference:
Title:
Treatment of type 1 diabetes with teplizumab: clinical and immunological follow-up after 7 years from diagnosis.
Author:
Perdigoto AL
DATA:
Diabetologia. 2019 Apr;62(4):655-664. doi: 10.1007/s00125-018-4786-9. Epub 2018 Dec 19.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30569273
Discussion:
以前行われたAbATEAutoimmunity-Blocking Antibody for Tolerance trial)の7年後のフォローアップ解析を行った。7年後では、コントロール群、non-responder群、responder群間でインスリン使用量、HbA1c、重症低血糖の頻度に有意差はなくなっていた。しかし、 CD8+central memory T  cellexhausted CD8+T cellanergy CD8+T cellanergy CD4+T cellが増加しており、これらのT細胞のサブセットの違いが内因性インスリン分泌能の残存に関与している可能性が示唆された。
2019年03月11日(月) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Number Needed to Treat: Conveying the Likelihood of a Therapeutic Effect.
Author:
Saver JL
DATA:
JAMA. 2019 Feb 7. doi: 10.1001/jama.2018.21971. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30730545
Discussion:

治療方針を決める目的でこれまでの臨床試験を参考にする際,相対危険度,オッズ比,さらにはハザード比などのパラメータは相対的な比較指標であり,P値は統計学的有意性の指標であって臨床効果の有意性指標とは異なる.絶対的リスク減少率の逆数である number needed to treat NNT)は,治療によってもたらされる利益の大きさを表現するための重要な手段といえる.

2019年02月27日(水) 担当:田内 恵理子(後期研修医)
Reference:
Title:
The Effect of Increasing Dialysate Magnesium on Serum Calcification Propensity in Subjects with End Stage Kidney Disease: A Randomized, Controlled Clinical Trial.
Author:
Bressendorff I
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2018 Sep 7;13(9):1373-1380. doi: 10.2215/CJN.13921217. Epub 2018 Aug 21.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30131425
Discussion:
維持血液透析患者において,透析液中のMg濃度を 1.0 mEq/Lから2.0 mEq/Lに上昇させると, 石灰化傾向が減少する.
Category:
無作為比較試験