モーニングレクチャー
2型糖尿病
2019年07月11日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Intensive Glucose Control in Patients with Type 2 Diabees - 15-Year Follow-up.
Author:
Reaven PD
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jun 6;380(23):2215-2224. doi: 10.1056/NEJMoa1806802.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31167051
Discussion:
VADT で中央値5.6年間 厳格治療群に割り当てられた2型糖尿病の参加者は、その後の経過観察でHbA1c に差があった期間にのみ標準治療群より心血管イベントのリスクが低かったが、15年のフォローアップでは厳格な血糖コントロールによるレガシー効果または死亡率改善のエビデンスは認められなかった。
2019年07月09日(火) 担当:菅野宙子(中央検査部・助教)
Reference:
Title:
Real-World Data in Support of Short Sleep Duration with Poor Glycemic Control, in People with Type 2 Diabetes Mellitus.
Author:
Martorina W
DATA:
J Diabetes Res. 2019 May 21;2019:6297162. doi: 10.1155/2019/6297162. eCollection 2019.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31249843
Discussion:
2型糖尿病外来患者140名の睡眠時間と血糖コントロールの関連について、既知の交絡因子について検討した横断研究。
HbA1c レベルが高いほど< 6時間の短時間睡眠型と、睡眠の質、高頻度の夜間尿、朝方の睡眠が>8時間以上の長時間睡眠型と、相関が強かった。

Category:
2型糖尿病その他
2019年07月06日(土) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Time preference, outcome expectancy, and self-management in patients with type 2 diabetes.
Author:
Karl FM
DATA:
Patient Prefer Adherence. 2018 Sep 26;12:1937-1945. doi: 10.2147/PPA.S175045. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30288034
Discussion:
時間選好と結果予期は、自己管理行動において、相互に関連する因子である。
Category:
2型糖尿病
2019年07月05日(金) 担当:高松優斗(後期研修医)
Reference:
Title:
Lower rates of hypoglycaemia in older individuals with type 2 diabetes using insulin degludec versus insulin glargine U100: Results from SWITCH 2.
Author:
Heller SR
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2019 Jul;21(7):1634-1641. doi: 10.1111/dom.13708. Epub 2019 Apr 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30891886
Discussion:
デグルデクによる治療は、2型糖尿病の高齢者においてグラルギンU100による治療よりも低血糖のリスクが低かった。
2019年06月28日(金) 担当:副島 直人(初期研修医)
Reference:
Title:
Associations Between Migraine and Type 2 Diabetes in Women: Findings From the E3N Cohort Study.
Author:
Fagherazzi G
DATA:
JAMA Neurol. 2018 Dec 17. doi: 10.1001/jamaneurol.2018.3960. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30556831
Discussion:
  • 血糖値は2型糖尿病の発生時点まで時間と共に、上昇するので、片頭痛の有病率は減少する可能性がある。
  • 年齢に関係なく肥満など糖尿病発症のリスクのある患者の片頭痛の頻度の減少は新たな血糖値の上昇や、2型糖尿病の徴候となりうる。
Category:
2型糖尿病
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ