モーニングレクチャー
1型糖尿病
2017年12月19日(火) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Improving the Clinical Value and Utility of CGM Systems: Issues and Recommendations: A Joint Statement of the European Association for the Study of Diabetes and the American Diabetes Association Diabetes Technology Working Group.
Author:
Petrie JR
DATA:
Diabetes Care. 2017 Dec;40(12):1614-1621. doi: 10.2337/dci17-0043. Epub 2017 Oct 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29070577
Discussion:
・CGM システムの性能をより体系的、構造的に評価する
・様々な患者グループについて、CGM のデータの信頼性の構築
・CGM の測定されたグルコース値の標準化
・市場承認後の規制当局への安全性の報告の徹底
・各専門機関でのコミュニケーション
Category:
1型糖尿病
2017年12月15日(金) 担当:入村泉(助教)
Reference:
Title:
Low Incidence of End-Stage Renal Disease in Childhood-Onset Type 1 Diabetes Followed for Up to 42 Years.
Author:
Gagnum V
DATA:
Diabetes Care. 2017 Oct 12. pii: dc170906. doi: 10.2337/dc17-0906. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29025877
Discussion:
・小児期に 1 型糖尿病と診断された患者において、末期腎不全発症率は極めて低かった
・末期腎不全発症率は、男性と比較し女性が、また、若年者のほうが低かった
2017年12月13日(水) 担当:岡征児(後期研修医)
Reference:
Title:
Short-term effects of a low carbohydrate diet on glycaemic variables and cardiovascular risk markers in patients with type 1 diabetes: A randomized open-label crossover trial.
Author:
Ranjan A
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2017 Oct;19(10):1479-1484. doi: 10.1111/dom.12953. Epub 2017 Jul 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28345762
Discussion:
1 型糖尿病患者に対して 1 週間の LCD を行うことにより、HCD と比べ、心血管リスクマーカーに影響を与えることなく、正常血糖の時間を増加させ、低血糖や血糖変動を減少させることが出来た。 
Category:
1型糖尿病
2017年11月28日(火) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Associations between birthweight, gestational age at birth and subsequent type 1 diabetes in children under 12: a retrospective cohort study in England, 1998-2012.
Author:
Goldacre RR
DATA:
Diabetologia. 2017 Nov 11. doi: 10.1007/s00125-017-4493-y. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29128935
Discussion:
England の約 400 万人の大規模出生コホートにおいて、早産・後期早産と在胎週数からみた高出生時体重は 1 型糖尿病発症と有意に関連していた。
2017年11月17日(金) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Biomarkers of inflammation and endothelial dysfunction as predictors of pulse pressure and incident hypertension in type 1 diabetes: a 20 year life-course study in an inception cohort.
Author:
Ferreira I
DATA:
Diabetologia. 2017 Nov 3. doi: 10.1007/s00125-017-4470-5. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29101422
Discussion:
CRP、sICAM-1、sVCAM-1 の上昇は血圧よりも発症後早く上昇する。
sICAM-1、sVCAM-1、sE-selectin は発症後より経時的に変化する。sICAM-1、sVCAM-1 は発症後高いと脈圧が上昇する予測因子となる。特に sVAM-1 に関しては高血圧の有病率、発症率においても予測因子となりうる。CRP に関しては以前の研究で高血圧、脈圧上昇に関与するとの報告があるが、本研究は相関は認めなかった。( BMI が大きな交絡因子の可能性がある。) バイオマーカ―の相関関係は年齢や性別、喫煙歴、その他 BMI や HbA1c などの因子としては独立している。