モーニングレクチャー
1型糖尿病
2019年05月17日(金) 担当:浅川 友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Breastfeeding at night is rarely followed by hypoglycaemia in women with type 1 diabetes using carbohydrate counting and flexible insulin therapy.
Author:
Ringholm L
DATA:
Diabetologia. 2019 Mar;62(3):387-398. doi: 10.1007/s00125-018-4794-9. Epub 2019 Jan 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30607466
Discussion:

型糖尿病患者において、夜間の授乳と低血糖の関連性は明らかでなかった。

Category:
1型糖尿病妊娠その他
2019年05月14日(火) 担当:望月翔太(後期研修医)
Reference:
Title:
Hypoglycemia unawareness in type 1 diabetes suppresses brain responses to hypoglycemia.
Author:
Hwang JJ
DATA:
J Clin Invest. 2018 Apr 2;128(4):1485-1495. doi: 10.1172/JCI97696. Epub 2018 Mar 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29381484
Discussion:
  • 低血糖における反応として低血糖自覚1型糖尿病は、非糖尿病で認める脳領域(線条体)変化を示さないが、角回領域の脳活動増加を示し、低血糖に対する適切な反応を代償メカニズムであり得る.

  • 無自覚低血糖では、脳反応の消失により、低血糖に対する適切な行動が欠如する.

  • 本研究は低血糖頻度の減少が局所脳反応変化を回復できるかどうかを決定するための将来の介入研究の重要性を示している.

Category:
1型糖尿病
2019年05月09日(木) 担当:柳澤慶香(准教授)
Reference:
Title:
Continuous glucose monitoring in pregnant women with type 1 diabetes: an observational cohort study of 186 pregnancies.
Author:
Kristensen K
DATA:
Diabetologia. 2019 Mar 23. doi: 10.1007/s00125-019-4850-0. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30904938
Discussion:
CGM の平均血糖値、SD が高いこと、目標血糖値になっている時間が短いことは、LGA 児、新生児合併症のリスク増加と関連を認めた。妊娠中にCGM を使用しても、日々の血糖コントロールは適切ではなく、以前としてLGA の頻度は高いままである。
Category:
1型糖尿病妊娠
2019年05月08日(水) 担当:沈 卓(助教)
Reference:
Title:
Gluten Intake and Risk of Islet Autoimmunity and Progression to Type 1 Diabetes in Children at Increased Risk of the Disease: The Diabetes Autoimmunity Study in the Young (DAISY).
Author:
Lund-Blix NA
DATA:
Diabetes Care. 2019 May;42(5):789-796. doi: 10.2337/dc18-2315. Epub 2019 Feb 22.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30796108
Discussion:
  • 1 型糖尿病のリスクが高い小児では、1 ~2 歳および追跡調査中のグルテン摂取量は、膵島自己免疫の発症または 1 型糖尿病への進行を予測するものではなかった。
  • グルテンの早期導入は膵島自己免疫の発症から 1 型糖尿病への進行の危険因子である。
Category:
1型糖尿病
2019年04月27日(土) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Distinct Inflammatory Changes of the Pancreas of Slowly Progressive Insulin-dependent (Type 1) Diabetes.
Author:
Aida K
DATA:
Pancreas. 2018 Oct;47(9):1101-1109. doi: 10.1097/MPA.0000000000001144.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30192315
Discussion:
SPIDDM 全例でMHC class I のHyperexpression を認めたが、一方非糖尿病患者では MHC class I の Hyperexpression や Psudoatrophic islet は認めなかった。急性発症 1 型糖尿病や劇症 1 型糖尿病でみられる MDA5 、RIG-I 、TLR4 、IFN-ɤ 、IL-18 の発現は認めなかったことから自然免疫系のカスケードは SPIDDM には関与していないと考えられた。急性発症 1 型糖尿病や劇症 1 型糖尿病でみられる VP1 (エンテロウイルスカプシド蛋白)は認めなかったことから SPIDDM においてウイルス感染は関与しないと考えられた。急性発症 1 型糖尿病や劇症 1 型糖尿病でみられる Pseudo atrophic islet はSPIDDM においても認められたことから Pseudo atrophic islet は βcell 破壊の共通の気候であると考えられた。SPIDDM の病理学的特徴として、PanlN 、Insulitis 、MHC Class の Hyperexpression 、  Pseudoatrophic islet  が挙げられた。
Category:
1型糖尿病