モーニングレクチャー
2015年09月28日(月) 担当:内池(前期研修医)
Reference:
Title:
Prevalence of and Trends in Diabetes Among Adults in the United States, 1988-2012.
Author:
Menke A
DATA:
JAMA. 2015 Sep 8;314(10):1021-9. doi: 10.1001/jama.2015.10029.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26348752
Discussion:
2011-2012の米国全国健康調査による糖尿病の有病率は12.4%で1988-97の9.8と比較し増加、未診断例は減少傾向である。
未診断例はアジア人に多い(アジア人の糖尿病有病率のうち50%以上を占める)
有病率は2007-2008年以降増加傾向はなし、肥満患者の割合が一定になったデータと一致する。
Category:
2015年09月26日(土) 担当:市原由美江(後期研修医)
Reference:
Title:
Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of NPH Insulin in Type 1 Diabetes Mellitus: The Importance of Appropriate Resuspension Before Subcutaneous Injection.
Author:
Lucidi P
DATA:
Diabetes Care. 2015 Sep 10. pii: dc150801.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26358287
Discussion:
懸濁したNPHと比べて懸濁しなかった場合、ペンのpositionによって薬物動能・薬効が異なる。
Category:
2015年09月18日(金) 担当:田中伸枝(助教)
Reference:
Title:
In-Flight Medical Emergencies during Commercial Travel.
Author:
Nable JV
DATA:
N Engl J Med. 2015 Sep 3;373(10):939-45. doi: 10.1056/NEJMra1409213.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26332548
Discussion:

医師が飛行機に乗る時は,急変時に対応する可能性があることを認識しておきなさい.機内に積まれた医療資材だけで治療できるようにしておきなさい.

Category:
2015年09月17日(木) 担当:佐伯忠賜朗(助教)
Reference:
Title:
OPTICAL COHERENCE TOMOGRAPHY ANGIOGRAPHY FEATURES OF DIABETIC RETINOPATHY.
Author:
Hwang TS
DATA:
Retina. 2015 Aug 25.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26308529
Discussion:
非常に有望 [いずれ標準化]
Category:
2015年09月16日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Predictors of lower-extremity amputation in patients with an infected diabetic foot ulcer.
Author:
Pickwell K
DATA:
Diabetes Care. 2015 May;38(5):852-7. doi: 10.2337/dc14-1598. Epub 2015 Feb 9.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25665817
Discussion:
深い潰瘍、浸出液、悪臭、創部周囲および前脛骨の浮腫、発熱、CRP上昇が感染した糖尿病足潰瘍の患者における下肢切断の独立した予測因子であることがわかった。
また、IWGDFシステムよりも予測価値の高い切断に対する新しいリスクスコアを考案した。これについてはさらなるstudyにより検証される必要がある。
Category: