モーニングレクチャー
2015年06月19日(金) 担当:加藤ゆか(後期研修医)
Reference:
Title:
Longer HSD11B2 CA-repeat in impaired glucose tolerance and type 2 diabetes.
Author:
Mune T
DATA:
Endocr J. 2013;60(5):671-8. Epub 2013 Jan 26.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23357976
Discussion:
HSD11B2遺伝子型頻度は糖尿病リスクに関連していることが示唆された。
この多型と推定される中間表現型や糖代謝の臨床パラメーターとの機能的な関連については今後多くの2型糖尿病患者から解明される必要がある。
Category:
2015年06月18日(木) 担当:馬場園哲也(准教授)
Reference:
Title:
Primary prevention with lipid lowering drugs and long term risk of vascular events in older people: population based cohort study.
Author:
Alpérovitch A
DATA:
BMJ. 2015 May 19;350:h2335. doi: 10.1136/bmj.h2335.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25989805
Discussion:

抗脂血薬を服用している高齢者では,脳卒中の発症リスクが30%減少したが,冠動脈疾患は減少しなかった.

Category:
2015年06月18日(木) 担当:馬場園哲也(准教授)
Reference:
Title:
Safety and benefit of discontinuing statin therapy in the setting of advanced, life-limiting illness: a randomized clinical trial.
Author:
Kutner JS
DATA:
JAMA Intern Med. 2015 May 1;175(5):691-700. doi: 10.1001/jamainternmed.2015.0289.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25798575
Discussion:

余命予測が1年未満と考えられる患者においてスタチンの処方を中止しても,継続した場合と生命予後は変わらなかった.

Category:
2015年06月18日(木) 担当:馬場園哲也(准教授)
Reference:
Title:
Reducing inappropriate polypharmacy: the process of deprescribing.
Author:
Scott IA
DATA:
JAMA Intern Med. 2015 May 1;175(5):827-34. doi: 10.1001/jamainternmed.2015.0324.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25798731
Discussion:

最近問題となっている他剤併用(polypharmacy)を取り上げた総説で,薬剤数を減らすためのアルゴリズムが提 案されている.

Category:
2015年06月17日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
A dietary intervention for chronic diabetic neuropathy pain: a randomized controlled pilot study.
Author:
Bunner AE
DATA:
Nutr Diabetes. 2015 May 26;5:e158. doi: 10.1038/nutd.2015.8.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26011582
Discussion:
糖尿病性有痛性神経症の治療において植物、食品(weekley support classesを含む)の介入の潜在性価値が示唆された。この研究からは、体重減少が最も影響を及ぼしたと考えられると思う。
Category: