モーニングレクチャー
フットケア
2018年07月10日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Incidence of diabetic foot ulcer in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: The Fukuoka diabetes registry.
Author:
Iwase M
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2018 Mar;137:183-189. doi: 10.1016/j.diabres.2018.01.020. Epub 2018 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29382584
Discussion:
日本人 2 型糖尿病患者における DFU の年間発生率は約 0.3 % 、下肢切断術の年間発生率は約 0.05 % だった。DFU は全死亡の独立した危険因子で、死亡リスクを約 1.8 倍高めることが示された。
Category:
フットケア
2018年04月03日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Low-Density Lipoprotein Cholesterol Lowering With Evolocumab and Outcomes in Patients With Peripheral Artery Disease: Insights From the FOURIER Trial (Further Cardiovascular Outcomes Research With PCSK9 Inhibition in Subjects With Elevated Risk).
Author:
Bonaca MP
DATA:
Circulation. 2018 Jan 23;137(4):338-350. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.032235. Epub 2017 Nov 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29133605
Discussion:
スタチン治療と PCSK 9 阻害薬エブロクマブを併用し、LDL-C を厳格にコントロールすることで、PAD 患者においても心血管イベントを抑制する可能性がある。

2018年01月24日(水) 担当:加藤ゆか(助教)
Reference:
Title:
DPP-4 Inhibitors Improve Diabetic Wound Healing via Direct and Indirect Promotion of Epithelial-Mesenchymal Transition and Reduction of Scarring.
Author:
Long M
DATA:
Diabetes. 2017 Dec 18. pii: db170934. doi: 10.2337/db17-0934. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29254987
Discussion:

DPP - 4 阻害薬は、糖尿病性足潰瘍に多面的な効果を発揮し、有用である可能性が示唆された。機序としては、DPP- 4 阻害薬は、糖尿病マウスで、ケラチノサイトの細胞移動や上皮・間葉転換( EMT )を促進して創傷治療に効果を示した。また、コラーゲンの産生や堆積を減弱させ、瘢痕形成を減弱させる可能性が示唆された。

DPP- 4 阻害薬は、これまで、癌の転移促進や心血管疾患のリスク増強の報告があるため、投与に際しては、癌や心不全に関してはとくに注意する必要はあるが、今後、幅広い効果を利用した使用が期待される。

Category:
フットケア
2018年01月15日(月) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Severity of Neuropathy Is Associated With Long-term Spinal Cord Stimulation Outcome in Painful Diabetic Peripheral Neuropathy: Five-Year Follow-up of a Prospective Two-Center Clinical Trial.
Author:
van Beek M
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan;41(1):32-38. doi: 10.2337/dc17-0983. Epub 2017 Nov 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29109298
Discussion:
・脊髄刺激療法( SCS )は、5 年間の観察期間においてベースラインと比較して有痛性糖尿病性ニューロパチー( PDPN )に対するの疼痛を軽減させた。
・治療成功率は脊髄刺激療法( SCS )開始 1 年後が 86 %、5 年後が 55 %であった。
・神経障害の重症度( MDNS )が治療不成功と有意に関連を認めた。
2017年10月28日(土) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Toe-brachial index as a predictor of cardiovascular disease and all-cause mortality in people with type 2 diabetes and microalbuminuria.
Author:
Zobel EH
DATA:
Diabetologia. 2017 Oct;60(10):1883-1891. doi: 10.1007/s00125-017-4344-x. Epub 2017 Jul 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28681124
Discussion:
TBI / ABI の低値は、微量アルブミン尿を有する 2 型糖尿病患者における CVD 発症および全死亡の独立した予測因子となることが示唆された。