モーニングレクチャー
フットケア
2018年12月11日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
The Impact of Liraglutide on Diabetes-Related Foot Ulceration and Associated Complications in Patients With Type 2 Diabetes at High Risk for Cardiovascular Events: Results From the LEADER Trial.
Author:
Dhatariya K
DATA:
Diabetes Care. 2018 Oct;41(10):2229-2235. doi: 10.2337/dc18-1094. Epub 2018 Aug 2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30072400
Discussion:
心血管イベントの発生リスクが高い 2 型糖尿病患者におけるリナグルチドの使用は、糖尿病性足潰瘍の発生リスクを増加させず、下肢切断リスクを低下させる可能性がある。
2018年10月16日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Association Between Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors and Lower Extremity Amputation Among Patients With Type 2 Diabetes.
Author:
Chang HY
DATA:
JAMA Intern Med. 2018 Sep 1;178(9):1190-1198. doi: 10.1001/jamainternmed.2018.3034.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30105373
Discussion:
SGLT2 阻害薬の使用は、他の経口血糖降下薬( SU 剤・メトホルミン・チアゾリジン )と比較すると下肢切断増加のリスクと関連している可能性がある。今後、追跡期間の延長・サンプルサイズ増加のうえ、さらなる追跡研究が必要である。
2018年09月01日(土) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Comparison of diagnostic methods for onychomycosis, and proposal of a diagnostic algorithm.
Author:
Jung MY
DATA:
Clin Exp Dermatol. 2015 Jul;40(5):479-84. doi: 10.1111/ced.12593. Epub 2015 Feb 16.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25683452
Discussion:
  • 爪白癬の診断において PAS 染色は KOH や真菌培養より鋭敏である。
  • しかし、それぞれの診断方法には利点と欠点がありその点をふまえ診断を進めていく必要がある。
  • これらを考慮して筆者らは KOH 染色をまず行い、陰性であればもう一度 KOH 染色、それでも陰性であれば PAS 染色、培養等を行ていくことを提案している。
Category:
フットケア
2018年07月10日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Incidence of diabetic foot ulcer in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: The Fukuoka diabetes registry.
Author:
Iwase M
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2018 Mar;137:183-189. doi: 10.1016/j.diabres.2018.01.020. Epub 2018 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29382584
Discussion:
日本人 2 型糖尿病患者における DFU の年間発生率は約 0.3 % 、下肢切断術の年間発生率は約 0.05 % だった。DFU は全死亡の独立した危険因子で、死亡リスクを約 1.8 倍高めることが示された。
Category:
フットケア
2018年04月03日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Low-Density Lipoprotein Cholesterol Lowering With Evolocumab and Outcomes in Patients With Peripheral Artery Disease: Insights From the FOURIER Trial (Further Cardiovascular Outcomes Research With PCSK9 Inhibition in Subjects With Elevated Risk).
Author:
Bonaca MP
DATA:
Circulation. 2018 Jan 23;137(4):338-350. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.032235. Epub 2017 Nov 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29133605
Discussion:
スタチン治療と PCSK 9 阻害薬エブロクマブを併用し、LDL-C を厳格にコントロールすることで、PAD 患者においても心血管イベントを抑制する可能性がある。