モーニングレクチャー
大血管障害
2017年11月14日(火) 担当:松尾純治(後期研修医)
Reference:
Title:
The Association of Severe Hypoglycemia With Incident Cardiovascular Events and Mortality in Adults With Type 2 Diabetes.
Author:
Lee AK
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov 10. pii: dc171669. doi: 10.2337/dc17-1669. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29127240
Discussion:
重症低血糖は心血管イベント、死亡との関連がある。
2017年11月04日(土) 担当:片峰亜季(後期研修医)
Reference:
Title:
Longitudinal Change in Fasting Blood Glucose and Myocardial Infarction Risk in a Population Without Diabetes.
Author:
Jin C
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov;40(11):1565-1572. doi: 10.2337/dc17-0610. Epub 2017 Sep 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28887409
Discussion:
・約 4 年間の追跡で Elevated - stable 群は他のどの群よりも心筋梗塞の発症のリスクが高く、これは平均の BMI 、血圧、脂質プロファイルやその他の心血管疾患のリスク因子で補正しても同様の結果となった。

・原因としては、前糖尿病の段階でのインスリン抵抗性がアテローム形成を促進し心血管疾患のリスクを上昇させたことや IFG (空腹時高血糖)が動脈硬化や血管内皮障害のような心筋梗塞を引き起こす病理学的変化と関連がある可能性が考えられた。

・また、FBG が経年的に低下すると心筋梗塞の発症のリスクも低下したが、FBG 5.7 mmol / L (≒ 102 mg / dl )以上では FBG が上昇するに従い、心筋梗塞のリスクは直線的に上昇した。

2017年10月28日(土) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Toe-brachial index as a predictor of cardiovascular disease and all-cause mortality in people with type 2 diabetes and microalbuminuria.
Author:
Zobel EH
DATA:
Diabetologia. 2017 Oct;60(10):1883-1891. doi: 10.1007/s00125-017-4344-x. Epub 2017 Jul 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28681124
Discussion:
TBI / ABI の低値は、微量アルブミン尿を有する 2 型糖尿病患者における CVD 発症および全死亡の独立した予測因子となることが示唆された。
2017年09月09日(土) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Continued Statin Prescriptions After Adverse Reactions and Patient Outcomes: A Cohort Study.
Author:
Zhang H
DATA:
Ann Intern Med. 2017 Aug 15;167(4):221-227. doi: 10.7326/M16-0838. Epub 2017 Jul 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28738423
Discussion:
有害事象の出現後もスタチンを継続することで死亡率、心血管イベントの発症率の低下につながった。
しかし、実際にスタチンを継続すべきかどうかは個別にリスク・ベネフィットを考慮の上で決定すべきである。
2017年08月25日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Changes in Diet Quality with Total and Cause-Specific Mortality.
Author:
Sotos-Prieto M
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 13;377(2):143-153. doi: 10.1056/NEJMoa1613502.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28700845
Discussion:
食生活の改善で、死亡リスクは低下することが出来る。