モーニングレクチャー
大血管障害
2019年03月15日(金) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Benefits of Acarbose vs Sulfonylureas in Patients With Type 2 Diabetes Treated With Metformin.
Author:
Hsu PF
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2018 Oct 1;103(10):3611-3619. doi: 10.1210/jc.2018-00040.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30113697
Discussion:
アジア人において、メトホルミンの追加療法としてのアカルボースが、スルホニル尿素と比較して虚血性脳卒中およびアテローム性動脈硬化症のイベント、低血糖の発生率を減少させた。
2019年03月06日(水) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of estimated sleep duration and naps with mortality and cardiovascular events: a study of 116 632 people from 21 countries
Author:
Wang C
DATA:
Eur Heart J. 2018 Dec 5. doi: 10.1093/eurheartj/ehy695. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30517670
Discussion:

総睡眠時間と、全死因死亡、CVDリスクはJ型の関連を認めた。総睡眠時間68時間が最もリスクが少なかった。

Category:
大血管障害
2019年03月02日(土) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
SGLT2 Inhibitor, Canagliflozin, Attenuates Myocardial Infarction in the Diabetic and Nondiabetic Heart.
Author:
Lim VG
DATA:
JACC Basic Transl Sci. 2019 Jan 30;4(1):15-26. doi: 10.1016/j.jacbts.2018.10.002. eCollection 2019 Feb.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30847415
Discussion:
DM or Non DM Rat において、Canagliflozin の長期経口投与は、心保護作用を有することが実証された。ただ直接の投与ではその有効性が得られなかった。
今後、SGLT2 阻害薬の作用機序をさらに掘り下げていくとともに、将来、Coronary risk の高い非 DM 患者においても、循環器領域において、ACE inhibitor , ARB β blocker に次ぐ新たな Key Drug として用いられることが期待される。


2019年02月28日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
①Marine n-3 Fatty Acids and Prevention of Cardiovascular Disease and Cancer. ②Cardiovascular Risk Reduction with Icosapent Ethyl for Hypertriglyceridemia.
Author:
①Manson JE ②Bhatt DL
DATA:
①N Engl J Med. 2019 Jan 3;380(1):23-32. doi: 10.1056/NEJMoa1811403. Epub 2018 Nov10. ②N Engl J Med. 2019 Jan 3;380(1):11-22. doi: 10.1056/NEJMoa1812792. Epub 2018 Nov 10. 
Abstract:
①https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415637  ②https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415628
Discussion:
① n.3 脂肪酸はプラセボと比較して、主要な心血管イベントまたは癌の発生率の低下はもたらさなかった。

② スタチンの使用で中性脂肪高値の患者において、12(4g) のイコサペントエチルを服用した患者はプラセボに比して、心血管死を含む虚血性イベントのリスクが有意に低かった。


2つのまとめ、n-3脂肪酸の心血管イベントへのネガティブとポジティブな結果が出ているが、一次予防と二次予防の違い、EPA投与量の問題が関連しているのではないかと考える。
Category:
大血管障害
2019年02月08日(金) 担当:内田 明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Empagliflozin on top of metformin treatment improves arterial function in patients with type 1 diabetes mellitus.
Author:
Lunder M
DATA:
Cardiovasc Diabetol. 2018 Dec 3;17(1):153. doi: 10.1186/s12933-018-0797-6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30509271
Discussion:
メトホルミン治療に加えてエンパグリフロジン投与により 1 型糖尿病患者において動脈硬化を有意に改善した。