モーニングレクチャー
大血管障害
2019年08月21日(水) 担当:藤川 広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Asymptomatic coronary artery disease in a Norwegian cohort with type 2 diabetes: a prospective angiographic study with intravascular ultrasound evaluation.
Author:
Arora S
DATA:
Cardiovasc Diabetol. 2019 Mar 9;18(1):26. doi: 10.1186/s12933-019-0832-2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30851727
Discussion:
① 2 型糖尿病患者における無症候性冠動脈疾患の有病率について血管内超音波で評価した過去にない study であり、有病率は 8 割以上と高率であった。
② HbA1c 6.5 % 以下を目標とした治療強化により、冠動脈病変の改善は得られなかった。 
2019年07月30日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Impact of severe diabetic kidney disease on the clinical outcome of autologous cell therapy in people with diabetes and critical limb ischaemia.
Author:
Dubský M
DATA:
Diabet Med. 2019 May 11. doi: 10.1111/dme.13985. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31077439
Discussion:
骨髄幹細胞による血管新生療法は、糖尿病性腎症を合併した重症下肢虚血患者における下肢の血流(経皮酸素分圧)を改善し、保存的治療群と比較して無切断期間を延長させたが、生存率に関しては変わらなかった。
2019年07月25日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Using Real-World Data to Predict Findings of an Ongoing Phase IV Cardiovascular Outcome Trial: Cardiovascular Safety of Linagliptin Versus Glimepiride.
Author:
Patorno E
DATA:
Diabetes Care. 2019 Jun 25. pii: dc190069. doi: 10.2337/dc19-0069. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31239281
Discussion:

心血管病発症をアウトカムとしたreal-world dataを用いた非ランダム化比較試験(コホート研究)において,グリメピリドに対するリナグリプチンの優越性は認めなかった.現在,論文化に至っていないが,同アウトカムに対するリナグリプチンとグリメピリドを比較した大規模ランダム化比較試験CAROLINA Trial(79th Scientific Sessions American Diabetes Associationで結果発表およびプレスリリース http://www.diabetes.org/newsroom/press-releases/2019/linagliptin-and-glimepiride.html)においても結果は同様であった.これらの結果は,「以前より懸念されていたスルホニル尿素薬の心血管病発症に対する影響」について再考する必要があることを示唆している.

2019年07月12日(金) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Effects of Treatment With the Ketone Body 3-Hydroxybutyrate in Chronic Heart Failure Patients.
Author:
Nielsen R
DATA:
Circulation. 2019 Apr 30;139(18):2129-2141. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.118.036459.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30884964
Discussion:
3-OHB は、心保護及び血行動態改善に寄与することが示唆された。その効果は用量依存症である。当研究では3-OHB 投与による有害性は認めなかった。
2019年07月11日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Intensive Glucose Control in Patients with Type 2 Diabees - 15-Year Follow-up.
Author:
Reaven PD
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jun 6;380(23):2215-2224. doi: 10.1056/NEJMoa1806802.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31167051
Discussion:
VADT で中央値5.6年間 厳格治療群に割り当てられた2型糖尿病の参加者は、その後の経過観察でHbA1c に差があった期間にのみ標準治療群より心血管イベントのリスクが低かったが、15年のフォローアップでは厳格な血糖コントロールによるレガシー効果または死亡率改善のエビデンスは認められなかった。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ