モーニングレクチャー
大血管障害
2018年01月10日(水) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk Assessment in Patients With Diabetes With the TIMI Risk Score for Atherothrombotic Disease.
Author:
Bergmark BA
DATA:
Diabetes Care. 2017 Dec 1. pii: dc171736. doi: 10.2337/dc17-1736. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29196298
Discussion:
心血管イベントの既往またはリスクのある 2 型糖尿病患者において、「 2 次予防のための TIMI risk score ( TRS 2°P ) 」は心血管イベント予測のスコアリング法として有用である。
2017年12月02日(土) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Oxygen Therapy in Suspected Acute Myocardial Infarction.
Author:
Hofmann R
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1240-1249. doi: 10.1056/NEJMoa1706222. Epub 2017 Aug 28.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28844200
Discussion:
低酸素血症のない、急性心筋梗塞が疑われる患者に対し、ルーチンで酸素投与を行っても、予後は変わらない。
Category:
大血管障害
2017年11月17日(金) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Biomarkers of inflammation and endothelial dysfunction as predictors of pulse pressure and incident hypertension in type 1 diabetes: a 20 year life-course study in an inception cohort.
Author:
Ferreira I
DATA:
Diabetologia. 2017 Nov 3. doi: 10.1007/s00125-017-4470-5. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29101422
Discussion:
CRP、sICAM-1、sVCAM-1 の上昇は血圧よりも発症後早く上昇する。
sICAM-1、sVCAM-1、sE-selectin は発症後より経時的に変化する。sICAM-1、sVCAM-1 は発症後高いと脈圧が上昇する予測因子となる。特に sVAM-1 に関しては高血圧の有病率、発症率においても予測因子となりうる。CRP に関しては以前の研究で高血圧、脈圧上昇に関与するとの報告があるが、本研究は相関は認めなかった。( BMI が大きな交絡因子の可能性がある。) バイオマーカ―の相関関係は年齢や性別、喫煙歴、その他 BMI や HbA1c などの因子としては独立している。
2017年11月14日(火) 担当:松尾純治(後期研修医)
Reference:
Title:
The Association of Severe Hypoglycemia With Incident Cardiovascular Events and Mortality in Adults With Type 2 Diabetes.
Author:
Lee AK
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov 10. pii: dc171669. doi: 10.2337/dc17-1669. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29127240
Discussion:
重症低血糖は心血管イベント、死亡との関連がある。
2017年11月04日(土) 担当:片峰亜季(後期研修医)
Reference:
Title:
Longitudinal Change in Fasting Blood Glucose and Myocardial Infarction Risk in a Population Without Diabetes.
Author:
Jin C
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov;40(11):1565-1572. doi: 10.2337/dc17-0610. Epub 2017 Sep 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28887409
Discussion:
・約 4 年間の追跡で Elevated - stable 群は他のどの群よりも心筋梗塞の発症のリスクが高く、これは平均の BMI 、血圧、脂質プロファイルやその他の心血管疾患のリスク因子で補正しても同様の結果となった。

・原因としては、前糖尿病の段階でのインスリン抵抗性がアテローム形成を促進し心血管疾患のリスクを上昇させたことや IFG (空腹時高血糖)が動脈硬化や血管内皮障害のような心筋梗塞を引き起こす病理学的変化と関連がある可能性が考えられた。

・また、FBG が経年的に低下すると心筋梗塞の発症のリスクも低下したが、FBG 5.7 mmol / L (≒ 102 mg / dl )以上では FBG が上昇するに従い、心筋梗塞のリスクは直線的に上昇した。