モーニングレクチャー
大血管障害
2017年09月09日(土) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Continued Statin Prescriptions After Adverse Reactions and Patient Outcomes: A Cohort Study.
Author:
Zhang H
DATA:
Ann Intern Med. 2017 Aug 15;167(4):221-227. doi: 10.7326/M16-0838. Epub 2017 Jul 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28738423
Discussion:
有害事象の出現後もスタチンを継続することで死亡率、心血管イベントの発症率の低下につながった。
しかし、実際にスタチンを継続すべきかどうかは個別にリスク・ベネフィットを考慮の上で決定すべきである。
2017年08月25日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Changes in Diet Quality with Total and Cause-Specific Mortality.
Author:
Sotos-Prieto M
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 13;377(2):143-153. doi: 10.1056/NEJMoa1613502.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28700845
Discussion:
食生活の改善で、死亡リスクは低下することが出来る。
2017年07月27日(木) 担当:宇治原典子(准教授)
Reference:
Title:
Association of Glycemic Status During Progression of Chronic Kidney Disease With Early Dialysis Mortality in Patients With Diabetes.
Author:
Rhee CM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1050-1057. doi: 10.2337/dc17-0110. Epub 2017 Jun 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28592525
Discussion:

CKDと糖尿病を合併する患者では、透析導入前1年間のHbA1c高値および随時血糖高値が透析導入後1年間の総死亡、心血管死のリスクを増大させた。

HbA1c8%以上、随時血糖200以上でハザード比が有意に高値であった。


2017年06月24日(土) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular and metabolic effects of metformin in patients with type 1 diabetes (REMOVAL): a double-blind, randomised, placebo-controlled trial.
Author:
Petrie JR
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Jun 9. pii: S2213-8587(17)30194-8. doi: 10.1016/S2213-8587(17)30194-8. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28615149
Discussion:
メトホルミン内服薬1型糖尿病患者において meanCIMT は有意差を認めなかったが maxCIMT は上昇スピードが遅かった。
HbA1c、インスリン使用量においても有意に低下を認めた。
2017年05月13日(土) 担当:内田明宏
Reference:
Title:
Prognosis of Patients With Familial Hypercholesterolemia After Acute Coronary Syndromes.
Author:
Nanchen D
DATA:
Circulation. 2016 Sep 6;134(10):698-709. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.116.023007. Epub 2016 Jul 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27462068
Discussion:
ACSで入院したFHの有病率は3~10倍高い
冠動脈イベント再発リスクは高用量スタチン使用にかかわらず
非FH群と比べて2倍以上
FHの臨床診断とイベント再発は心血管リスクや重症度とも独立していた