モーニングレクチャー
大血管障害
2019年05月16日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Febuxostat for Cerebral and CaRdiorenovascular Events PrEvEntion StuDy.
Author:
Kojima S
DATA:
Eur Heart J. 2019 Mar 7. pii: ehz119. doi: 10.1093/eurheartj/ehz119. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30844048
Discussion:
フェブキソスタットが腎保護効果を有する可能性が示唆された.今後,腎アウトカムを主要エンドポイントとした大規模 RCT が必要である.
2019年04月19日(金) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Association of Diabetes and Glycated Hemoglobin With the Risk of Intracerebral Hemorrhage: A Population-Based Cohort Study.
Author:
Saliba W
DATA:
Diabetes Care. 2019 Apr;42(4):682-688. doi: 10.2337/dc18-2472. Epub 2019 Feb 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30728223
Discussion:
糖尿病は脳梗塞に対する明らかなリスク因子であるが,脳卒中に対する影響はこれまで不明であった.著者らはイスラエルの全国データベースを用いたコホート研究を行い,糖尿病は脳出血に対してもリスクになることを明らかにした(ハザード比1.36).またHbA1cと脳出血発症の関連はJカーブとなること(低いHbA1c値でもリスクとなること)を示した.
2019年03月15日(金) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Benefits of Acarbose vs Sulfonylureas in Patients With Type 2 Diabetes Treated With Metformin.
Author:
Hsu PF
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2018 Oct 1;103(10):3611-3619. doi: 10.1210/jc.2018-00040.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30113697
Discussion:
アジア人において、メトホルミンの追加療法としてのアカルボースが、スルホニル尿素と比較して虚血性脳卒中およびアテローム性動脈硬化症のイベント、低血糖の発生率を減少させた。
2019年03月06日(水) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of estimated sleep duration and naps with mortality and cardiovascular events: a study of 116 632 people from 21 countries
Author:
Wang C
DATA:
Eur Heart J. 2018 Dec 5. doi: 10.1093/eurheartj/ehy695. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30517670
Discussion:

総睡眠時間と、全死因死亡、CVDリスクはJ型の関連を認めた。総睡眠時間68時間が最もリスクが少なかった。

Category:
大血管障害
2019年03月02日(土) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
SGLT2 Inhibitor, Canagliflozin, Attenuates Myocardial Infarction in the Diabetic and Nondiabetic Heart.
Author:
Lim VG
DATA:
JACC Basic Transl Sci. 2019 Jan 30;4(1):15-26. doi: 10.1016/j.jacbts.2018.10.002. eCollection 2019 Feb.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30847415
Discussion:
DM or Non DM Rat において、Canagliflozin の長期経口投与は、心保護作用を有することが実証された。ただ直接の投与ではその有効性が得られなかった。
今後、SGLT2 阻害薬の作用機序をさらに掘り下げていくとともに、将来、Coronary risk の高い非 DM 患者においても、循環器領域において、ACE inhibitor , ARB β blocker に次ぐ新たな Key Drug として用いられることが期待される。