モーニングレクチャー
大血管障害
2017年06月24日(土) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular and metabolic effects of metformin in patients with type 1 diabetes (REMOVAL): a double-blind, randomised, placebo-controlled trial.
Author:
Petrie JR
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Jun 9. pii: S2213-8587(17)30194-8. doi: 10.1016/S2213-8587(17)30194-8. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28615149
Discussion:
メトホルミン内服薬1型糖尿病患者において meanCIMT は有意差を認めなかったが maxCIMT は上昇スピードが遅かった。
HbA1c、インスリン使用量においても有意に低下を認めた。
2017年05月13日(土) 担当:内田明宏
Reference:
Title:
Prognosis of Patients With Familial Hypercholesterolemia After Acute Coronary Syndromes.
Author:
Nanchen D
DATA:
Circulation. 2016 Sep 6;134(10):698-709. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.116.023007. Epub 2016 Jul 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27462068
Discussion:
ACSで入院したFHの有病率は3~10倍高い
冠動脈イベント再発リスクは高用量スタチン使用にかかわらず
非FH群と比べて2倍以上
FHの臨床診断とイベント再発は心血管リスクや重症度とも独立していた

2017年04月28日(金) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Subclinical left ventricular diastolic dysfunction and incident type 2 diabetes risk: the Korean Genome and Epidemiology Study.
Author:
Park J
DATA:
Cardiovasc Diabetol. 2017 Mar 14;16(1):36. doi: 10.1186/s12933-017-0519-5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28292297
Discussion:
(無症候性の)左室拡張能障害は2型糖尿病への進展に対する予測因子となりうる。
2017年04月11日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Incidence and Prognostic Significance of Depressive Symptoms in Peripheral Artery Disease.
Author:
McDermott MM
DATA:
J Am Heart Assoc. 2016 Mar 18;5(3):e002959. doi: 10.1161/JAHA.115.002959.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26994131
Discussion:
PAD患者における抑うつ症状の出現率は高く、抑うつ症状はPAD患者の全死亡、心血管死と有意な関連を認めた。
2017年02月25日(土) 担当:吉田宣子(後期研修医)
Reference:
Title:
The Cardiovascular Risk of White-Coat Hypertension.
Author:
Franklin SS
DATA:
J Am Coll Cardiol. 2016 Nov 8;68(19):2033-2043. doi: 10.1016/j.jacc.2016.08.035.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27810041
Discussion:
CVDリスク因子を複数有する高齢者では白衣高血圧は正常血圧と比べ、新規CVD発症に対し有意なリスク増加を認めた。