モーニングレクチャー
運動療法
2018年12月19日(水) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Afternoon exercise is more efficacious than morning exercise at improving blood glucose levels in individuals with type 2 diabetes: a randomised crossover trial.
Author:
Savikj M
DATA:
Diabetologia. 2018 Nov 13. doi: 10.1007/s00125-018-4767-z. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30426166
Discussion:
2型糖尿病患者において、午前中よりも午後に運動をおこなうことで、より大きな血糖改善効果が得られた。
2018年12月07日(金) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Aerobic and Resistance Exercise on Glycemic Control in Adults With Type 1 Diabetes.
Author:
Reddy R
DATA:
Can J Diabetes. 2018 Aug 30. pii: S1499-2671(18)30176-X. doi: 10.1016/j.jcjd.2018.08.193. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30414785
Discussion:
1 型糖尿病患者における運動として、レジスタンス運動 は食事摂取量やインスリン量を調整後も血糖降下作用があり血糖改善する。有酸素運動 は消費エネルギーを増やし、食事摂取エネルギー量がふえても運動後の血糖がコントロールしやすい(範囲血糖内で推移)。
2018年10月03日(水) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
Breaking sitting with light activities vs structured exercise: a randomised crossover study demonstrating benefits for glycaemic control and insulin sensitivity in type 2 diabetes.
Author:
Duvivier BM
DATA:
Diabetologia. 2017 Mar;60(3):490-498. doi: 10.1007/s00125-016-4161-7. Epub 2016 Nov 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27904925
Discussion:
強度の高い運動よりもむしろ「座っている時間を短くする」ことが、血糖改善にはより重要である可能性が考えられた。
2018年06月23日(土) 担当:長谷川夕希子(助教)
Reference:
Title:
Effects of Increasing Exercise Intensity and Dose on Multiple Measures of HDL (High-Density Lipoprotein) Function.
Author:
Sarzynski MA
DATA:
Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2018 Apr;38(4):943-952. doi: 10.1161/ATVBAHA.117.310307. Epub 2018 Feb 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29437573
Discussion:
  • 6 ヶ月間の定期的な運動療法によって、最大運動量・強度の群は efflux の改善を認めたが、HAE の改善は認めなかった。
  • HDL 機能を改善することは、CVD 予防に有効である可能性がある。どのような集団にどのような運動療法を行うと efflux や HAE の改善を認めるのか、さらなる検討が必要である。
Category:
運動療法
2018年01月19日(金) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Physical Activity Reduces Risk of Premature Mortality in Patients With Type 1 Diabetes With and Without Kidney Disease.
Author:
Tikkanen-Dolenc H
DATA:
Diabetes Care. 2017 Dec;40(12):1727-1732. doi: 10.2337/dc17-0615. Epub 2017 Oct 16.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29038314
Discussion:
1 型糖尿病患者において余暇時間の運動 ( Leisure-time physical activity )の量、頻度、時間、強度は喫煙率やそのほかのリスクファクターで補正をしても、全死亡率と相関しており、低いほど死亡率が高いという結果であった。また CKD の患者においても補正を加えても、余暇時間の運動の頻度、量は全死亡率を相関しており、CKD の患者においても運動によって死亡率が下がることが示唆された。