モーニングレクチャー
肥満
2020年03月04日(水) 担当:片峰 亜季(後期研修医)
Reference:
Title:
Predicting 10-Year Risk of End-Organ Complications of Type 2 Diabetes With and Without Metabolic Surgery: A Machine Learning Approach.
Author:
Aminian A
DATA:
Diabetes Care. 2020 Feb 6. pii: dc192057. doi: 10.2337/dc19-2057. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32029638
Discussion:
IDCリスクスコアは肥満手術を施行した場合と施行しない場合の将来の心血管イベントの発生と死亡率を予測する。
Category:
肥満
2020年02月05日(水) 担当:大屋 純子(助教)
Reference:
Title:
Association of Metabolic Surgery With Major Adverse Cardiovascular Outcomes in Patients With Type 2 Diabetes and Obesity.
Author:
Aminian A
DATA:
JAMA. 2019 Sep 2. doi: 10.1001/jama.2019.14231. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31475297
Discussion:
肥満 2 型糖尿病患者に対するメタボリック手術は、通常治療群と比較して主要血管イベントの発生リスク低下と有意に関連していた。
2019年12月25日(水) 担当:植田 祐己(初期研修医)
Reference:
Title:
Racial/Ethnic Disparities in the Prevalence of Diabetes and Prediabetes by BMI: Patient Outcomes Research To Advance Learning (PORTAL) Multisite Cohort of Adults in the U.S.
Author:
Zhu Y
DATA:
Diabetes Care. 2019 Dec;42(12):2211-2219. doi: 10.2337/dc19-0532. Epub 2019 Sep 19.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31537541
Discussion:
白人以外の人種/民族は白人より低い BMI で糖尿病 / 境界型糖尿病である割合が高く、肥満以外のリスク要因の存在が示唆された。
臨床医は、糖尿病 / 境界型糖尿病のリスクにおける BMI カットオフが人種 / 民族により異なることを認識する必要がある。
2019年12月13日(金) 担当:廣田 尚紀(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of a Workplace Sales Ban on Sugar-Sweetened Beverages With Employee Consumption of Sugar-Sweetened Beverages and Health.
Author:
Epel ES
DATA:
JAMA Intern Med. 2019 Oct 28:1-8. doi: 10.1001/jamainternmed.2019.4434. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31657840
Discussion:
職場での販売禁止が従業員のSSB摂取量の減少とウエスト周囲の有意な減少と関連していたことを示唆された。
さらに高リスクの人々を短時間の動機付け介入でターゲットにすることで、より大きな効果が期待できる結果となった。
➡職場での加糖飲料の販売を制限する、BMIが高い者などに絞って介入を行うことで、低コストで大きな効果が期待できる。

Category:
肥満
2019年10月17日(木) 担当:大屋 純子(助教)
Reference:
Title:
The effects of exercise session timing on weight loss and components of energy balance: midwest exercise trial 2.
Author:
Willis EA
DATA:
Int J Obes (Lond). 2019 Jul 9. doi: 10.1038/s41366-019-0409-x. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31289334
Discussion:
  • 朝の運動は、夕方の運動と比較してより減量しやすい可能性がある。
  • 夕方の運動は食事摂取量を増加させ、運動以外の身体活動量を減少させる傾向があり、運動のタイミングによりエネルギーバランスが変化する可能性がある。
Category:
肥満運動療法
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ