モーニングレクチャー
肥満
2017年07月04日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of diet-induced weight loss on lipoprotein(a) levels in obese individuals with and without type 2 diabetes.
Author:
Berk KA
DATA:
Diabetologia. 2017 Jun;60(6):989-997. doi: 10.1007/s00125-017-4246-y. Epub 2017 Apr 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28386638
Discussion:
食事による体重減少は2型糖尿病の有無に関わらずリポタンパク質(a)は有意に上昇したが、肥満手術を受けた患者では有意に増加しなかった。
これは、食事による体重減少が心機能を低下させる可能性がある。
今後はリポタンパク質(a)低下剤を内服し、肥満患者の CVD が改善するか追跡調査が必要である。
2017年05月27日(土) 担当:東春名(後期研修医)
Reference:
Title:
Bariatric Surgery versus Intensive Medical Therapy for Diabetes - 5-Year Outcomes.
Author:
Schauer PR
DATA:
N Engl J Med. 2017 Feb 16;376(7):641-651. doi: 10.1056/NEJMoa1600869.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28199805
Discussion:
5年間の成績から、2型DMでBMIが27~43の患者では内科治療単独よりも、肥満手術を併用することで、高血糖の改善や内服薬・インスリン使用量を減量させることができる。
Category:
肥満
2017年05月26日(金) 担当:片峰亜季(後期研修医)
Reference:
Title:
Role of Adipose Tissue Insulin Resistance in the Natural History of Type 2 Diabetes: Results From the San Antonio Metabolism Study.
Author:
Gastaldelli A
DATA:
Diabetes. 2017 Apr;66(4):815-822. doi: 10.2337/db16-1167. Epub 2017 Jan 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28052966
Discussion:
NGT から IGT 、T2DM へ進行する中で、β細胞の機能障害の進行やインスリン抵抗性が増大しているだけでなく、Adipo-iR (インスリン抗脂肪分解作用への抵抗性)が増大しており、FFA 濃度が上昇していた。
上記はNGT においても肥満であれば、その傾向を認めた。
Category:
2型糖尿病肥満
2017年04月20日(木) 担当:宇治原典子(准教授)
Reference:
Title:
Low muscle mass and risk of type 2 diabetes in middle-aged and older adults: findings from the KoGES.
Author:
Son JW
DATA:
Diabetologia. 2017 May;60(5):865-872. doi: 10.1007/s00125-016-4196-9. Epub 2017 Jan 19.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28102434
Discussion:
MMIはいわゆる肥満とは関係なくT2DMの発症リスクとなる。
Category:
2型糖尿病肥満
2017年04月08日(土) 担当:長谷川夕希子(後期研修医)
Reference:
Title:
Mechanisms for the anti-obesity actions of bofutsushosan in high-fat diet-fed obese mice.
Author:
Kobayashi S
DATA:
Chin Med. 2017 Mar 27;12:8. doi: 10.1186/s13020-017-0129-x. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28360931
Discussion:
高脂肪食による肥満モデルマウスにおいて、防風通聖散は、褐色脂肪のレプチン、アディポネクチン、
UCP1 の mRNA 発現量を増加させ、インスリン抵抗性を改善させる。それにより血中レプチン濃度を増加させ、内臓脂肪の量・体積減少、血中中性脂肪濃度を低下させる。
Category:
肥満