モーニングレクチャー
肥満
2018年04月09日(月) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Change in Overweight from Childhood to Early Adulthood and Risk of Type 2 Diabetes.
Author:
Bjerregaard LG
DATA:
N Engl J Med. 2018 Apr 5;378(14):1302-1312. doi: 10.1056/NEJMoa1713231.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29617589
Discussion:

7 歳での小児過体重は、それが思春期またはそれ以降の年齢まで続いた場合にのみ、成人2 型糖尿病のリスク増加と関連していた。

Category:
2型糖尿病肥満
2018年03月13日(火) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Bariatric Surgery Using Laparoscopic Banding, Roux-en-Y Gastric Bypass, or Laparoscopic Sleeve Gastrectomy vs Usual Care Obesity Management With All-Cause Mortality.
Author:
Reges O
DATA:
JAMA. 2018 Jan 16;319(3):279-290. doi: 10.1001/jama.2017.20513.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29340677
Discussion:
・3 種類の肥満手術を受けた患者は手術を受けなかった患者に比較して、全死亡率が有意に低かった(追跡期間中央値 4 年)。
・さらに BMI の低下、糖尿病の寛解等の転帰が非手術患者に比べ良い。
Category:
肥満
2018年03月10日(土) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Prospective evaluation of insulin and incretin dynamics in obese adults with and without diabetes for 2 years after Roux-en-Y gastric bypass.
Author:
Purnell JQ
DATA:
Diabetologia. 2018 Feb 10. doi: 10.1007/s00125-018-4553-y. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29428999
Discussion:
・非糖尿病肥満患者は Roux-en-Y 胃バイパス術によりインスリン代謝は健常人と同程度まで改善し、糖負荷に対する過剰反応は改善していたが、糖尿病肥満患者ではインスリン代謝や β 細胞機能は改善するものの健常人のレベルには達しなかった。
Category:
2型糖尿病肥満
2018年01月29日(月) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Primary care-led weight management for remission of type 2 diabetes (DiRECT): an open-label, cluster-randomised trial.
Author:
Lean ME
DATA:
Lancet. 2017 Dec 4. pii: S0140-6736(17)33102-1. doi: 10.1016/S0140-6736(17)33102-1. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29221645
Discussion:
2 型糖尿病の寛解のためのプライマリケア主導体重管理を an open-label,cluster-randomised trial で行った。強化療法群は平均 10kg 体重減量し、12 か月で参加者のほぼ半数が糖尿病治療薬なしに非糖尿病状態への寛解を達成した。2 型糖尿病の寛解はプライマリケアの実践的な目標である。 
Category:
2型糖尿病肥満その他
2018年01月25日(木) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Lifestyle Intervention and Medical Management With vs Without Roux-en-Y Gastric Bypass and Control of Hemoglobin A1c, LDL Cholesterol, and Systolic Blood Pressure at 5 Years in the Diabetes Surgery Study.
Author:
Ikramuddin S
DATA:
JAMA. 2018 Jan 16;319(3):266-278. doi: 10.1001/jama.2017.20813.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29340678
Discussion:
・肥満合併 2 型糖尿病患者を対象に行った本研究において、生活習慣の介入+医療管理と比較して、胃バイパス術を追加した群では、追跡 5 年で複合エンドポイントの達成率は有意に高いことを維持していた。
・しかしその効果の大きさは 5 年間で減少してきていたため、その耐久性を評価するためには、さらなるフォローアップが必要である。
Category:
2型糖尿病肥満その他