モーニングレクチャー
肥満
2017年09月06日(水) 担当:片峰亜季(後期研修医)
Reference:
Title:
Skeletal Muscle Microvascular-Linked Improvements in Glycemic Control From Resistance Training in Individuals With Type 2 Diabetes.
Author:
Russell RD
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1256-1263. doi: 10.2337/dc16-2750. Epub 2017 Jul 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28687542
Discussion:
レジスタンス運動における糖代謝の改善には、骨格筋の微小血管の血流が影響していることが示唆された。
2017年08月30日(水) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Five-Year-Results of Laparoscopic Sleeve Gastrectomy with Duodenojejunal Bypass for Weight Loss and Type 2 Diabetes Mellitus.
Author:
Seki Y
DATA:
Obes Surg. 2017 Mar;27(3):795-801. doi: 10.1007/s11695-016-2372-0.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27644433
Discussion:
日本人 2型糖尿病肥満患者を対象とした、腹腔鏡下スリーブ胃切除十二指腸バイパス術は中期的( 5 年)に優れた体重減少と血糖改善効果を示し、その効果は腹腔鏡下 Roux-en-Y 胃バイパス術と同等考えられた。
Category:
肥満
2017年07月29日(土) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Multimorbidity and polypharmacy in diabetic patients with NAFLD: Implications for disease severity and management.
Author:
Patel PJ
DATA:
Medicine (Baltimore). 2017 Jun;96(26):e6761. doi: 10.1097/MD.0000000000006761.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28658094
Discussion:
NAFLD を合併する2型糖尿病患者では、重症度に関連するのは BMI 、ウエスト、閉塞性睡眠時無呼吸症候群である。
今後、起因する疾患の優先順位を評価し、内服薬の整理を検討する必要あり。
2017年07月20日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Health Effects of Overweight and Obesity in 195 Countries over 25 Years.
Author:
GBD 2015 Obesity Collaborators
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 6;377(1):13-27. doi: 10.1056/NEJMoa1614362. Epub 2017 Jun 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28604169
Discussion:
BMIの有病率は、過去30年間に増加し、関連する疾患負担も速いペースで増加している。しかし、高BMI関連疾患負担の傾向および大きさは、国によって大きく異なる。この結果は、高BMIの有病率および疾病負担を軽減するための多要素介入の実施の必要性を強調している。
2017年07月04日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of diet-induced weight loss on lipoprotein(a) levels in obese individuals with and without type 2 diabetes.
Author:
Berk KA
DATA:
Diabetologia. 2017 Jun;60(6):989-997. doi: 10.1007/s00125-017-4246-y. Epub 2017 Apr 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28386638
Discussion:
食事による体重減少は2型糖尿病の有無に関わらずリポタンパク質(a)は有意に上昇したが、肥満手術を受けた患者では有意に増加しなかった。
これは、食事による体重減少が心機能を低下させる可能性がある。
今後はリポタンパク質(a)低下剤を内服し、肥満患者の CVD が改善するか追跡調査が必要である。